虫刺され(虫さされ)、幼児や子供が虫刺され(虫さされ)の時の処置
saicoro Produce by saicoro Site update contents

幼児の虫刺され(虫さされ)

虫刺されもきちんと処置

「ちょっと蚊に刺されたくらい」と思っていても、幼児や子供は その虫刺され(虫さされ)た所がかゆくて?きむしってしまいがちなのです。「とびひ」等の二次感染を引き起こすこともまれにあるので、虫刺され(虫さされ)の正しい処置をしてあげましょう。特に、赤ちゃんの肌はデリケートです。虫に刺されると症状が強く出てしまいます。かきむしってしまわないよう、子供の爪はいつも短く切ってください。よく手を洗い、清潔にすることもとても大切です。

虫刺され(虫さされ)、こんな時は直ぐ病院へ

虫刺され(虫さされ)の後、深刻なアレルギー症状を起こすことが稀にあります。 虫刺され(虫さされ)の後、発熱、嘔吐、呼吸困難や、意識の薄れ、ショック症状が見られたり、赤いブツブツや大きなはれが広がってしまったら、すぐに病院へ連れていきましょう。虫刺され(虫さされ)でかきむしってしまったときも、受診しておくと安心です。

虫刺され(虫さされ)の処置

蚊・ブヨ・ダニ・アブ・アリのなどに刺されたら

蚊やブヨ、ダニに刺されてしまったら、石けんでよく洗って、市販の虫刺されやかゆみ止めの薬をつけます。虫刺され(虫さされ)で赤くはれても、すぐにおさまるようなら大丈夫。
アブやアリに刺されたときには、ステロイド軟膏をぬると効果的です。虫刺され(虫さされ)の患部を冷やすと、少しかゆみや痛みなどが和らぎます。

虫刺され(虫さされ)  ハチに刺されたら

虫刺され(虫さされ)でハチに刺されると、赤くはれて強く痛みます。ハチの針をピンセットなどで取り除き、虫刺され(虫さされ)の傷口を口で吸い取ったり、指でつまんだりして毒液を出してください。虫刺され(虫さされ)の傷口は石けんでよく洗ってから、ステロイド軟膏をぬります。虫刺され(虫さされ)の幹部を冷たいタオルなどで冷やすとよいでしょう。虫刺され(虫さされ)で傷みやはれが強く、ショック症状があるときは、すぐに病院へ。

虫刺され(虫さされ)  毛虫や毒蛾にかぶれたら

毛虫や毒蛾のりん粉に触れると、強いかゆみとともに、皮膚が赤くはれます。流水で毒毛を洗い流してから、ステロイド軟膏をつけます。

虫刺され(虫さされ)を予防する環境を作りましょう

虫刺され(虫さされ)を防ぐため、家では換気はきちんと網戸を閉めて行いましょう。洗濯物を取り込むときも虫がついていないか注意します。幼児の場合、草むらなどの虫の多い所に行くときは、虫刺され(虫さされ)を避けるために長そで・長ズボンを着せるのも予防法のひとつです。

Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.