ウイルス性上気道炎ってどんな病気??ウイルス性上気道炎の症状とは??
saicoro Produce by saicoro Site update contents

ウイルス性上気道炎の症状と治療

ウイルス性上気道炎って何?

ウイルス性上気道炎とは、鼻腔・咽頭・喉頭・扁桃など上気道の急性炎症をきたしてくる疾患群の総称で、一般的には「かぜ」と言っていますが、ウイルス性上気道炎の中には鼻炎、扁桃炎、咽頭炎、喉頭炎、咽喉頭炎などが含まれます。従って、基本的には同じ疾患群です。インフルエンザや副鼻腔炎もかぜに総括されてしまうこともあります。例えば、内科、小児科、耳鼻科など診てもらった医療機関でそれぞれ違う病名として説明されているかもしれませんが基本的には同じ症候群と考えて下さい。ただし、治療方法や治療にかかる期間は違うことがあります。

ウイルス性上気道炎の症状

ウイルス性上気道炎の症状は、鼻汁、鼻閉、クシャミ、咽頭痛(咽頭乾燥感・嗄声・嚥下痛)、咳、痰、頭痛、発熱、全身倦怠感や筋肉痛・関節痛、時に消化器症状(吐気・嘔吐・下痢・腹痛など)を伴うこともあります。この中でインフルエンザは特に症状が急性に強く現れます。上気道から下気道(気管・気管支・肺)にまで拡がると湿性の咳、色調の濃い痰、喘鳴などを伴うようになるなります。そうなると気管支炎や肺炎として対応していかなければなりません。「風邪をこじらせて肺炎になった」と耳にすることがあるので早いうちに対応が必要です。ウイルス性上気道炎は、通常は1週間以内に症状が改善することが多いのですが、咳喘息やアレルギー性鼻炎、A型肝炎などの初期症状はウイルス性上気道炎とよく似ていますのでかかりつけ医で診察を受けるようにして下さい。

ウイルス性上気道炎の原因

ウイルス性上気道炎の原因は稀に塞冷やアレルギーなどの非感染性因子によることもありますがウイルス性上気道炎の大部分は呼吸器ウイルス感染症で、ライノウイルス、RSウイルス、インフルエンザウイルス、パラインフルエンザウイルス、コロナウイルス、アデノウイルス、エコーウイルス、コクサッキーウイルスなどがあります.消化器症状をきたしてくるものは小型球形ウイルス(SRSV)や小児でのロタウイルスがあります。成人ではライノウイルス、小児ではRSウイルス、パラインフルエンザウイルス、コロナウイルスが比較的多くみられます。冬から春先にかけてインフルエンザウイルス(症状が急激で強い)、ライノウイルス(鼻炎症状が目立つ)、RSウイルス(鼻炎症状が多い)、パラインフルエンザウイルスが多くみられ、夏はアデノウイルス、エンテロウイルス、コクサッキーウイルス、エコーウイルスが多くみられます(夏かぜ)。

感染ウイルスの種類によって侵される呼吸器の部位にある程度の特徴はありますが、臨床症状からの感染ウイルスの特定は困難でウイルスを特定するには咽頭や鼻汁などからウイルスを分離、遺伝子診断(PCR法)あるいは血中抗体価測定などの免疫血清学的診断法を行う必要があります。しかし、通常の日常診療においてはインフルエンザやアデノウイルスなど特定のものを除いてウイルス同定の必要性は少ないので詳細はかかりつけ医に相談してみて下さい。


一方、細菌性の扁桃炎・咽喉頭炎ではA群溶血性連鎖球菌感染症(溶連菌感染)が重要で、これも白血球数や凝集反応による迅速検査で診断できます(当クリニックでも実施可)。その他の細菌感染は黄色ブドウ球菌やインフルエンザ菌(インフルエンザウイルスとは別)がありますが臨床症状や血液検査などで診断して治療には抗生物質を使います。

ウイルス性上気道炎の治療

ウイルス性上気道炎になったときは、通常は室内の保温・保湿、安静、水分補給・栄養価の高い食事などが原則で、過労を避け十分に睡眠をとるように心掛けましょう。特に高齢者や糖尿病・心臓病などの基礎疾患のある場合にウイルス性上気道炎にかかったときは努めて安静をとることが重要です。また、現在みられる臨床症状に応じてウイルス性状気道炎の対症療法を行います。ウイルス性上気道炎は、大部分1週間以内に改善します。高齢者や基礎疾患のある場合の重症化や、加えて小児・免疫不全症疾患を有する方々の発症は細菌感染を併発することがあるので抗生剤の投与を行います。1週間以上経ってもなかなか症状が改善しないなど症状が強く二次性細菌感染が疑われた場合は白血球数、CRP(炎症反応)、GOT・GPT等の血液検査、胸部X線検査なども行います。

治療中経過をみて症状が改善しないときは合併症や他疾患も疑われるので上記の検査を行います。このような場合はかかりつけ医を受診するようにしましょう

ウイルス性上気道炎はうがいと手洗いが予防の重要な基本となります。


Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.