糖尿病ってどんな病気? 子どもも糖尿病になるってほんと?
saicoro Produce by saicoro Site update contents

糖尿病の症状・治療法 子どもの糖尿病

糖尿病ってどんな病気なの?

糖尿病だと診断されるのは、慢性的に高血糖状態にあるかどうかを、血糖検査で確認することで糖尿病かどうか診断されます。血糖値は食前食後、ストレスの有無などによって絶えず変化します。このため一回の検査では糖尿病かどうかはっきりと診断できませんので、確定診断には別の日にもう一度検査を受けなくてはなりません。
「糖尿病型」と判定される検査結果
(1) 随時血糖値が 200mg/dL 以上
(2) 空腹時血糖値が 126mg/dL 以上
(3) 75g ブドウ糖負荷試験で2時間値が 200mg/dL 以上(75g のブドウ糖を飲み、時間を追いながら血糖値を調べる検査です。血糖値の変動から、糖尿病型なのか、正常型なのか、あるいは糖尿病型と正常型のの境界型なのか示されます。境界型の人は、糖尿病を発病する可能性が高いので、定期的に検査を受けましょう。また、糖尿病の人は動脈硬化を起こしやすいのですが、境界型の人や正常型でも1時間値が 180mg/dL 以上だと、やはり動脈硬化の危険性が高いので注意すべきです)
最初の糖尿病の検査で右の三つのいずれかに該当すれば、その時点の血糖レベルは「糖尿病型」と判定されます。2回目の検査でもやはり「糖尿病型」と確認された場合、糖尿病と確定診断されます。ただし、糖尿病の特徴的な症状(のどの渇きや多飲・多尿、体重減少など)があるときや網膜症が起きているときは、1回の検査で「糖尿病型」と判定されれば、2回目の検査を受けなくても糖尿病と診断されます。

糖尿病の症状とは?

糖尿病の症状は気付きにくく、多少血糖値が高いくらいでは全く糖尿病の症状のない人がほとんどです。しかし、その程度の高血糖でも合併症は着実に発症・進行していきます。「症状がないから大丈夫」なのではなく、症状があれば血糖値はかなり高くなっているということです。 高血糖がひどくなると初めて、のどが渇く、お小水が多い、トイレが近くなる、体がかゆい、できものができやすい、傷が治りにくい、足がつる、だるい、疲れやすい、物覚えが悪い、集中しない、眠い、お腹がすく、食べてもやせる、といった症状が現れてきます。さらに、血糖値がきわめて高い状態では、昏睡に陥ることがあります。

子どもも糖尿病になるの?

糖尿病は、大人の病気と思われがちですが、子どもにも起こります。そればかりか、インスリンをつくる能力が極度に低下、あるいはなくなってしまう型(1型糖尿病)の糖尿病は、子どもに多く発病します。大人に多くみられる糖尿病は、インスリンの分泌のしかたが悪くなったり、あるいはインスリンの効き方が悪くなるタイプ(2型糖尿病)ですが、最近は、この型の糖尿病が中学生や高校生にも多く発見されています。普通、小児糖尿病という場合には、乳幼児にもみられ、10歳から15歳の間に発病年齢のピークがある1型糖尿病のことをさしています。
以前は、小児糖尿病は遺伝性の病気であると考えられていました。しかし現在では、患者さんの両親などに糖尿病が多くみられるのは、2型糖尿病であり、1型糖尿病で家族に糖尿病のみられるのは、むしろ少ないことがわかっています。
ひとつの体をふたつに分けた場合と考えられる一卵性双生児で、2人とも糖尿病になるのは、40〜50%です。これは、遺伝を無視できないにしても、遺伝以外の条件が大きく糖尿病の発病に影響することを示しています。
現在、自己免疫を起こしやすい体質などが遺伝すると考えられています。このような体質をもった子どもが、ウイルスに感染し、あるいは化学物質の影響を受けると、すい臓でインスリンをつくるβ細胞を攻撃する免疫細胞がつくられます。この免疫細胞が、β細胞を破壊して、インスリンをつくれなくしてしまいます。破壊が始まっても、最初は無症状で、時々尿糖が出るだけです。しかし、大多数のβ細胞が壊れると、インスリンが絶対的に不足し、糖尿病の症状が出てきます。β細胞の破壊が始まり、症状が出るまでには、数か月の場合もあれば数年間の場合もあり、この間は無症状であることも多いです。1型糖尿病の大部分はこのような自己免疫によるものですが、なかには自己免疫の関わりが明らかでない場合もあります。

糖尿病の治療法は?

糖尿病の治療は、合併症の発症・進行を予防するために高血糖を直すこと、つまり血糖コントロールがすべての基本となります。血糖コントロールでは、食事療法、運動療法、薬物療法の三つが柱となります。
◆食事療法
糖尿病ならば、食事療法は絶対に必要です。食事で余分なエネルギーをとってしまうと、それを処理するのは大変だからです。適切なエネルギー摂取量に抑えれば、血糖コントロールをより楽に行えます。食事が乱れていると、ほかの治療法の効果はあまり反映されません。その意味でも、食事療法は糖尿病治療の基本となる治療法です。2型糖尿病の場合、厳格に食事療法を守るのであれば、7割以上の患者さんがそれだけで血糖コントロールが可能です。具体的には病院で栄養士に指導を受けたり、講習会に参加するなど、栄養バランスのとれた食事の仕方を覚えるようにします。「糖尿病食事療法のための食品交換表」を利用するのが普通の方法です。最近では、糖尿病食のレトルト食品、カロリー計算された食事・食材の宅配、栄養計算が簡単にできるコンピューターソフトなどが出ています。
◆運動療法
運動で体内に余分に溜まったエネルギーを消費すると血糖値は下がります。また、インスリンの細胞レベルでの働きが高まり、血糖コントロールがしやすくなります。さらに、血行がよくなる、ストレスが解消される、皮下脂肪が減る、骨格筋が増える、生活の活動度が高まるなど、同時に多くの効果を得られます。
運動は、日常できるものならどんな運動でもかまいませんが、できるだけ全身を動かすものが勧められます。それまであまり運動をしていなかった方は、次第に強い運動に移るようにしてください。週末に集中して運動するといった方法よりも、できれば毎日行できる運動を選びましょう。歩くことが最も勧められます。
◆薬物療法
食事療法と運動療法だけでは血糖コントロールがうまくできない時、薬物療法を追加します。経口血糖降下薬(飲み薬)を用いる内服療法と、インスリンを注射で補充するインスリン療法があります。
経口血糖降下薬は膵臓からのインスリン分泌を増やしたり、細胞のインスリン感受性を高めて血糖値を下げます。インスリン療法は直接体外から補充したインスリンが、血糖降下を助けます。どちらの薬物療法をいつから始めるかは、患者さんそれぞれの糖尿病のタイプや病状、合併症の進行具合など、さなざまな要因を考慮して決められます。 

肥満と糖尿病

現代の日本人は、過食や運動不足で肥満になりがちです。肥満になると、耐糖能(血糖を処理する能力)障害などの、軽い糖尿病状態になる人が増えますが、初期のうちに肥満を解消すれば、また糖尿病にならずに正常に戻ることができます。しかし、肥満を放置し続けると、糖尿病になる場合が多いです。このような、明らかに肥満が原因で発症する糖尿病を、「肥満糖尿病」といい、肥満糖尿病の患者数は日本の2型糖尿病の6割以上を占めています。

Copyright (C) 2006 saicoro. All Right Reserved.