〜時計と時報に関するお役立ち情報をまとめたページです〜
saicoro Produce by saicoro Site update contents

時計と時報

時計とは?時報とは?まずは時報の役目とその歴史について

時報(じほう)とは、正確な時刻を知らせるための合図のことです。
時刻を知ることは、今日の日常の文明社会においては、欠かすことのできないものになっています。
また、時刻は全ての物事を決定する上で正確なものが要求され、現在では1ピコ秒(10のマイナス12乗!) ものオーダでの正確さが要求されています。
例えば、全ての放送局は、JJY(標準時報局)から時刻情報を取得して、正確な時を刻むようにしています。
この時報局は、24時間休み無く時刻情報を送りつづけることで、その役目を果たしているのです。             時報の起源については諸説ありますが、一般的にわが国においては、天智天皇が「漏刻(ろうこく)」と呼ばれる水時計を使用し、正確な時刻を知らせたのがその端緒とされています。
また、時刻を知らせる方法としては、寺院や教会などの梵鐘や鐘が使用されました。とりわけ、中世ヨーロッパの都市においては、時計塔を設け、機械時計により自動的に鐘を鳴らすことで時報とするものが現れました。           また、江戸時代の江戸のまちでは寺院ではなく、町人が鐘を使用して時刻を知らせていました。やがて明治時代にはこれに代わり大砲の空砲射撃(ドン)により時刻を知らせるようになりました。正午のことを「昼ドン」というのはここから来ているのです。時報にはいろいろな歴史的な背景があるのですね。

わが国の時報の現状

現在では、テレビ・ラジオなどが発達したことにより、これを利用して時報を行うことが多くなっています。これらの場合、正報音で正時のみを知らせる(一発「ポーン」の形)ものもあれば、予報音も使って数秒前から知らせる(「プッ、プッ、ポーン」の形)ものもあります。 予報音が特徴的なものとしては、ニッポン放送・秋田放送の「ピッポッ、ピッポッ、ピッポッ」(鳩時計をイメージしたもの)や、TBSラジオ・文化放送のメロディが重なるもの、ラジオ日本・STVラジオの鐘の音があります。
NHKの標準的な時報では、予報音は正時の3秒前から、440Hzのトーンパルス100msと無音900msを1セットとして3回繰り返しています。 正報音では、880Hzトーンパルスを減衰させながら2000ms鳴らしています。

ただし、テレビの時報は、地上波デジタルや放送回線のデジタル化の影響でなくなりつつあります。NHKは2004年3月末まではテレビでの時報音が流れていましたが、現在はNHK教育テレビ(正午 アナログ放送のみ、ただし春夏の高校野球中継が正午にかかる期間は休止。デジタル放送は「デジタルETV ひきつづきデジタル教育テレビをごらんください」と書かれた静止画に差し替え。)とAM・FMおよび短波の国際放送のラジオ放送のみに流れています。かつてはBSデジタル放送、BSアナログ放送、2003年12月からは4ヶ月間は地上デジタル放送でも独自の時報を流していました。放送大学では、スカイパーフェクTV!との同期放送を開始するまでは、正時と番組の切れ目とが重なるときと6:00・24:00に時報を流していました(ラジオでも同様)。民放テレビの場合、元々在京キー局を除いて時報を流す局は少なかったのですが、在京キー局でも時報を流さなくなったケースが多くなりました。これは特にゴールデンタイムの番組編成で、「跨ぎ」と呼ばれる、毎時54分からのスタートを行なう手法が採られる様になったためです。ラジオでも、J-WAVEなど後発のFM局では時報を流さない局も多いのが現状です。

ラジオの時報では、正時の送出前にスポンサーをつけている放送局もあります。「(スポンサー名)が○時をお知らせします、(プッ、プッ、)ポーン」という形のものです。スポンサーとしてはスジャータが有名ですが、スジャータの場合は「プッ」の部分にジングルが流れます。岐阜放送では時報の前は時報スポンサークレジットのみ流れ、時報の後に時報スポンサーCMが流れます。Kiss-FM KOBEはJFNに加入する前には、本来時報を流す時間帯に英語の時刻告知を伴うMUSIC CLOCKという特定の音楽を流していました。日本の民放テレビの最初のCMとされるものは精工舎(現在のセイコー)の時報案内です(が、フィルムが左右裏返しになっているというミスがあり3秒ほどで中止になってしまいました)。

NTT(東日本・西日本)では、117番(有料)にて24時間、現在の時刻をリアルタイムで提供しています。NTT中継回線(テレビ)のテストパターンの音声にも同じものが流れていて、かつては北海道の民放各局の札幌地区以外の地域では放送休止時間帯に(実質的に無料で117番を掛けていなくても)聴くことができたが現在は民放各局が北海道内全域で終夜放送が行われるようになったため、不定期での放送休止時など、ごく限られた日でしか放送されなくなりました。 また、1999年より、福島県田村市・川内村境にある「大鷹鳥谷山標準電波送信所」および佐賀県佐賀市・福岡県前原市境の「羽金山標準電波送信所」より独立行政法人情報通信研究機構が電波による時報である「標準電波」を発しています。

時計の歴史

おそらく有史以前より人類には (もしかすると他の動物も) 朝-昼-夕程度の時間の概念はあり、それは太陽の位置によって知ることができました。太陽の位置は、固定された適当な物の影を使って知ることができるため、この原理を使って紀元前2000年頃には、日時計が発明されました。
しかし、日時計は晴天の日中しか利用することができない欠点があります。そのため、太陽に頼らず、別の物理現象を使って時間の流れを測定する時計が考えられました。例えば、特定の大きさで作った蝋燭や線香、火縄が燃える距離を使うとか (燃焼時計)、水や砂が小さな穴から落ちる体積を使うとかいったもので (水時計、砂時計)、紀元前1400年〜紀元前700年頃の間に、エジプト、イタリア、中国などで考案されました。

14世紀に入ると、駆動軸の動きを制限する脱進機が発明され、これを使った機械時計が開発されました。この時計は定期的に重錘を引き上げ、それが下がる速度を棒テンプと脱進機で調節するものでした。また、1500年頃、ピータ・ヘンラインがゼンマイを発明し、時計は携帯できるようになりました。
1583年ガリレオ・ガリレイは、振り子の周期が振幅によらず一定であることを発見し、振り子時計を思いつきました。 1654年ロバート・フックはひげゼンマイの研究を行い、それが振り子と同じく一定周期で振動することを発見し、1675年ホイヘンスはこの原理を利用した懐中時計を開発しました。

その後、機械式時計は精度や携帯性を求めて様々な改良が施されました。ゼンマイ動力のかかる駆動部の歯車はなるべく均一な力がかかるように歯車の歯数を互いに割り切れないようにする工夫もなされました。
現代の時計はクォーツ時計が主流です。クォーツ時計は廉価で小型化が可能で、その誤差は一ヶ月に15秒ほどと実用上十分な精度があるために、一般的に使われています。
一方原子時計は2000万年に1秒くらいのくるいという高精度を持つものの、現時点では廉価化・小型化が難しいため、
適当な頻度で原子時計の時報を電波で受信し、クォーツ時計の時刻を自動修正する『電波時計』も最近は多く利用されています。時計にも、これまた多くの歴史と背景があるのですね。

お役立ち時報サイト

■時報サイト

世界の時報
日本最大!!世界1,700都市以上の現在時を掲載。

日本の標準時
日本の標準時と自分のパソコンの時間を比較できます。

世界時計
日本航空が提供している世界時計とカレンダーです。

Copyright (C) 2006 saicoro. All Right Reserved.