テニスは楽しいですが、肘が痛くなると仕事まで影響します。どうして治療するかを紹介します。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

テニス肘(ひじ)の治療

テニス肘(ひじ)?

身体の中で、日常よく使われているのが上肢(肩から手にかけて)です。その中でも、特によく使われているのが手から肘にかけての部分ですが、使い方次第では、痛みの出やすい部分でもあります。肘の周囲に痛みが出てきたものを「テニス肘」と呼んでいますが、この痛みを起こしますと、家事や仕事がやりにくくなってしまいます。

テニス肘の原因

多くのテニス肘の症状が起こるのは、プレーヤーが肘を完全に伸ばしたままバックハンドでボールを打ったり、頻回な前腕部の回旋運動を行ったりしたときです。テニス選手に多く起こってくる肘周囲の痛みを「テニス肘」と呼んでいますが、テニス選手だけでなく、手をよく使う仕事をしている人にも起こしてきます。特に肘を伸ばしたままで、極度に勢いの強い手の回外(手のひらを身体の前方に向ける動作)を繰り返すこと、または、その状態を保つことは、症状を引き起こす原因となることがあります。前腕が回内状態(手のひらを身体の後方に向ける動作)にあるときに強く肘を曲げると同じことが起こってきます。また、心に抑圧されたストレスが原因となって、痛みを起こしてくる場合もあります。

テニス肘の症状

テニス肘では、肘外側(上腕骨外側上顆部)に痛みが生じ、ラケットが握れなくなるだけでなく、タオルしぼりなど日常生活動作にも障害をきたします。同時に、上腕骨外顆部に圧痛を認め、痛みは、しばしば前腕にまで広がります。
腫脹はなく、関節可動域(関節の動き)も正常で、X線上でも著変はありません。
男女差はないといわれていますが、中年の女性に多くみられます。
手関節をよく使用する職種にも好発します。
まれではありますが、回内屈筋群付着部の肘内側に疼痛をきたす”フォアハンド・テニス肘”もみられることがあります。このときは、強い把握動作、手関節掌屈、前腕回内動作にて痛みを訴えます。

テニス肘の予防方法と治療について

まず、テニス肘かな? と思ったら初期症状の段階で早めに休むことが大事です。プレイ中に肘に違和感を覚えたら、ストレッチやマッサージで筋肉をほぐします。おさけを飲みながらのプレイや、雨の中のプレイは避けましょう。プレイ前のウォームアップ、プレイ後のストレッチ、マッサージ、クールダウンは入念に行います。ただ、冷やしすぎに注意してください、熱がなくなったら冷やすのをやめましょう。肘が熱いままのとき、入浴は厳禁です。まず冷やして、常温になったら入浴するようにします。テニスをするときには、ちゃんとしたフォームでプレイしましょう、ストロ−クの際は手首をあまり使わずに出来るだけ手首を固定したフォームを身につけましょう。サーブの時はインパクトの瞬間に肘を伸ばさないこと、若干肘を曲げてやります。

・テニス肘対策1:上腕二頭筋(いわゆる力瘤)を鍛える

・テニス肘対策2:手首を鍛える

・テニス肘対策3:インナーマッスルを鍛える
 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.