幼児教材選び方について これ見りゃばっちり!!
saicoro Produce by saicoro Site update contents

幼児教材選び方

幼児教材選び方 どんな子にしたいか考える

幼児期は、脳、体、感情、個性、親子関係の形成など、全ての発達段階において最も重要な時期であり、子供が興味を示すもの、子供の発達に有意義であると親が判断するものを可能な限り与え、体験させてやりながら、子供の無限の可能性への礎を形成する時期です。その最も重要な時期に「良い環境」を作り「良い刺激」を与え、発達を援助するのが親の役目であると考えます。「良い環境」「良い刺激」作りにおいては、親子間・家庭内での「良い心の環境」、親からの「あたたかい刺激(語りかけ、ふれあい、愛情)」が最優先されるべきであると考えます。「e−子育て!」は幼児教育を広義でとらえ、子供との日々の会話、遊び、ふれあいなど、子育てそのものが幼児教育であり、何か特別な教育を施すことを意味するものではないと考えます。幼児教材は子育て(=幼児教育)の一環として使用する手段の一つであり、それ自体が幼児教育であるとは考えません。心が発達し、自立心が芽生えれば、子供の知識欲は止まるところを知らず、自ずと知能は発達します。

幼児教材選び方 幼児教材のサンプルを取ろう

「資料請求」というものは、サンプルをもらえるものと、もらえないものとに分かれます。
それは映像教材を提供しているか、否かということもありますが、実際のところ、資料請求で商品サンプルを提供してくれる販売元のほうが、自社の製品に自信をもっているといえます。
逆に言えば、サンプルを提供しておらず紙の資料のみを送付する販売元は、あまり良心的とは言えません。(映像教材がメインのものに関しては、必ず必要です。)
消費者の立場からすれば、実際に子供に使ってみないで、購入を決断することは非常に勇気がいることです。高額であれば、なおさらです。
特に幼児英語教材は、好き嫌いの好みが分かれるところが大きいので、必ずサンプルを取り寄せ、実際に子供の反応をみてから購入を考えてみてください。

幼児教材選び方 よい教材の見分け方は?

教材は使い方によって効果が全く異なるため、教材に優劣を付けるのは非常に困難です。
1.子供にとって良い教材とは・・・その教材を使っている間、楽しく満たされた時間を過ごすことができるかどうかです(幼児教材は心を育てる道具です)。また、違う面からみれば、個々教材の良し悪しよりも、様々な種類の教材をバランスよく与えることが大切です(指先を使うもの、色彩感覚を養うもの、脳を刺激するものなど教材により効果が異なります)。そういった意味では、よい教材を見分ける=個々教材の目的(効果)を考え、バランスよく選ぶこと、でしょうか。
2.親にとって良い教材とは・・・親の考える幼児教育の目的、幼児教育に対する考え方に合致していることが重要です。

幼児教材選び方 オンライン教材のメリットは?

オンライン知育教材とは、会員制で提供されるオンライン学習システムで、知育ゲームやパズルのオンラインでの提供、プリント教材のダウンロード等が主なサービス内容です。オンライン教材のメリットは、パソコンソフトの購入や、通信講座に比べ安価であること、コンテンツが定期的に更新され飽きが来ないこと、ゲーム感覚で遊びながら学べることなどが挙げられます。※インターネット接続環境が必要となる教材があります。対応ブラウザ等も各サイトでご確認下さい。

Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.