宅地建物取引主任者(宅建)の試験と受験その資格を得るために!お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

宅地建物取引主任者(宅建)の試験と受験

その資格を得るために!

イメージ

宅地建物取引主任者(宅建)とは

宅地建物取引主任者(宅建)を簡単にまとめると、土地や建物の売買などの取引を行うための資格です。宅地建物取引主任者(宅建)という名前だけ見ても、その事は簡単にわかります。もう少し細かく説明すると、宅地建物取引主任者(宅建)は、顧客に対して取引前に重要な説明をする役割を持つ資格です。不動産の取引規模は、とても大きなものです。その重要な取引の中で誤りがないようにつとめるのが、宅地建物取引主任者(宅建)の持つ役割です。不動産業界において、宅地建物取引主任者(宅建)の存在は必ず必要なものです。不動産業界で働きたいと考えているのなら、持っておくと大きなプラスポイントになる資格です。

宅地建物取引主任者(宅建)試験について

宅地建物取引主任者(宅建)試験の受験資格は何も決められていません。宅地建物取引主任者(宅建)の資格をとりたいと思った人全員にチャンスがあります。
試験は年1回、10月の第3日曜日に行われて合格発表はその45日後です。チャンスは誰にでもありますが、1年に1回の試験なので無駄な時間は過ごさないようにする必要があります。宅地建物取引主任者(宅建)の試験会場は、受験者が居住している都道府県ごとに決められた場所があるので、試験前に必ず確認しておきましょう。宅地建物取引主任者(宅建)の試験はマークシート方式となっており、試験時間は2時間です。登録講習実施機関が行う登録講習を受講していれば、特定科目が免除になります。ちなみに宅地建物取引主任者(宅建)の合否判定は、電話でも確認することができます。合格発表後すぐにでも結果が知りたいという人は覚えておくとよいでしょう。

宅地建物取引主任者(宅建)の勉強方法

宅地建物取引主任者(宅建)の勉強は、集中して頑張れば数ヶ月程度でも合格することができます。ただしこれはあくまでも目安なので、時間があればあるだけ勉強するようにして下さい。宅地建物取引主任者(宅建)の専門学校では、9ヶ月ほど勉強するという所が多くあるので、独学で勉強する方はしっかりと勉強する必要があります。
独学では心配だけど専門学校に通う余裕が無いという人は、宅地建物取引主任者(宅建)の通信教育を受けるという選択肢もあります。
宅地建物取引主任者(宅建)試験は覚えることがたくさんあります。参考書を見ると最初は驚いてしまう人も多いはずです。しかし、宅地建物取引主任者(宅建)の勉強内容はどこかで繋がっている所がたくさんあるので、1つの事を覚えると他の事もすいすい頭に入ってきます。まずは全体を把握する事から始めるのが良いですね。

宅地建物取引主任者(宅建)試験の難易度

宅地建物取引主任者(宅建)の難易度は、合格率の数字を見る限り難しいように見えます。平均で15〜17%くらいとなっていますので、資格試験全体から見ると難しいと感じられます。
しかし実際に宅地建物取引主任者(宅建)の試験問題を見てみると、そんなに難しくは感じられません。これは宅地建物取引主任者(宅建)試験の合格点が、その時の状況に合わせて変動する相対評価をとっているからです。
これだけの点数をとれば確実という目安はありますが、宅地建物取引主任者(宅建)試験の場合、そこで安心することなく勉強する必要があります。宅地建物取引主任者(宅建)試験自体は難しくありませんが、試験問題の難易度と合格するための難易度は別なものと考えて下さい。

宅地建物取引主任者(宅建)合格のために

宅地建物取引主任者(宅建)に合格するために必要なのは、他の資格試験と同じものです。できるだけ余裕を持って、しっかりと勉強をすることだけです。
合格者数が最初から決められているということから、宅地建物取引主任者(宅建)試験に対する自信が持てないという人もいます。ですがそんなことを考えていたら、合格できるものもできません。
宅地建物取引主任者(宅建)は国家資格の中で見れば、そんなに難易度が高いものではないので、強気で受けるのが一番です。もちろん勉強もせずに、根拠のない強気で受けても合格はできませんが。これから宅地建物取引主任者(宅建)を目指すというのなら、試験までどれくらいの期間があるのかを確認し、確実に宅地建物取引主任者(宅建)試験に合格できるように計画を立てて下さい。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.