〜小学校教員(先生)とは?小学校の教員になるには?小学校教員に関するお役立ち情報〜
saicoro Produce by saicoro Site update contents

小学校教員(小学校の先生)

小学校教員(小学校の先生)とは?小学校の教員になるには?まずは小学校教員について

小学校教員(先生)は、国公立や私立の小学校に勤務して、6才から11才までの児童(小学校に在学する子ども)に、集団生活を通して、義務教育である基礎学力の教育と社会生活のルールを身につけさせる指導にあたります。
 小学校教員(先生)は、クラスを担任して、国の定めた学習指導要領に従って、年間計画を立てて、全ての科目を教えます。算数や国語などだけでなく、実技を伴う音楽や体育まで、全科目をすべて一人で行うのが基本です。
 児童一人ひとりの能力や個性を見極め、クラス全員が理解できるように授業を進めます。
 また、生活面の指導もします。集団で生活していく上でのルールや、人間関係のあり方などを、児童と対話を重ねながら、身につけさせます。
 さらに、学年の教員が集まって指導計画をたてる学年会や、全職員が学校運営について話し合う職員会議などに参加することも仕事です。
 小学校教員(先生)には、学校の運営を担当する教頭や校長、保健室で健康面の指導を行う養護教員、障害をもった児童の教育を行う特殊学級担任教員、体育・音楽・図工などの授業を専門に受け持つ専科教員などもいます。

小学校の教員(小学校教諭)になるには?

小学校教員(先生)になるには、大学・短大・大学院の教育学部や教員養成課程などで、必要な単位を取り、免許状を取得することが必要です。
 公立小学校の場合は、免許状を取得後、地方自治体の採用試験に合格すれば、名簿に登録され、欠員状況に応じて採用されます。(募集の状況はそれぞれにちがいます)私立小学校の場合は、学校独自に採用試験を行っています。(募集の状況はそれぞれにちがいます)

→(詳しい解説):公立小学校の教諭(先生)になるためには、各都道府県または政令指定都市の教育委員会が実施する教員採用試験に合格しなければなりません。教員採用試験は、おおむね7月〜9月にかけて実施され、筆記試験(基礎学力・教育法に関する知識)・水泳などの体育実技・ピアノ演奏などの音楽実技・論文(教育論や、教師論を問われる)・面接(個人の場合もあるし、グループの場合もありますが、その受験者の意見を聞くのが目的ではなく、職場での協調性を問うのが目的)からなっています。

教員(先生)採用試験には年齢制限が設けられていることが多く、早い都道府県では30歳、概ね35歳〜40歳以下とされています。ただし現在、宮城県、仙台市、山形県、静岡県、長野県、富山県では年齢制限を撤廃しており、50歳代の者でも教員採用試験に挑戦できます。(募集の状況はそれぞれにちがいます)
なお、教員(先生)採用試験に合格しても、公立小学校教諭としての正式な採用を意味しない場合もあります。また、正式に採用されても採用後1年間は教育公務員特例法に基づき、校長等がその適正を見極めることとなります。

小学校教員資格認定試験について

【制度の趣旨】 〜広く一般社会人から〜
 広く一般社会人から学校教育へ招致するにふさわしい人材を求めるため、職業生活や自己研修などにより教員として必要な資質・能力を身につけ、教員資格認定試験に合格した者には、教諭の資格が与えられる道が開かれています。
 小学校教員資格認定試験は,受験者の学力等が大学又は短期大学などの小学校教員養成のコースを卒業して小学校教諭の二種免許状を取得した者と同等の水準に達しているかどうかを判定するものであり、この認定試験に合格した者は、都道府県教育委員会に申請すると、小学校教諭の二種免許状が授与されます。
より簡単に説明すると、大学等で教員養成コース(教職課程等)を履修していなくても、この試験に合格しさえすれば、教員免許が手に入る制度なのです。
【受験資格】 〜あなたも受験できる〜
認定試験の受験資格を、ごく大まかに言えば、「受験する年の4月1日現在で20歳以上であること」であり、非常に広く一般に門戸が開かれています。(募集の状況はそれぞれにちがいます)
【試験内容】
小学校教員資格認定試験は択一試験型の1次試験と記述試験型の2次試験、そして指導の実践に関する最終試験の3次試験まで実施されます。ただし、3次試験で落とされる受験生はほとんどいないことから、実際には1次試験と2次試験の2回の試験対策が必要ということになります。試験の具体的内容ですが、1次試験では教職教養と小学校全科の知識が問われます(一般教養試験については多くの方が免除の対象となります)。2次試験では小学校全科の知識と実技3教科(音楽・図画工作・体育)の実技能力が問われます。また、1次試験は択一式ですが、2次試験は記述式になり、より深い知識が要求されます。

小学校教員に関するお役立ちサイト

■文部科学省:小学校教員資格認定試験の案内
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/nintei/06020616/003.htm

■早稲田大学:<小学校の教員資格についてhttp:/
http://www.waseda.jp/edu/student/7faq/5-o4syougakkou.html    

Copyright (C) 2006 saicoro. All Right Reserved.