資格試験の心構えのについて。あなたにあったびったりの資格は?
saicoro Produce by saicoro Site update contents

資格試験の心構え

資格試験準備段階

資格取得のため準備段階にも肝心なことがあります。
「目的と決意を固める」ことが資格取得には大切です。
資格取得の準備をするに当たって、最も肝心なのはその目的と決意です。 資格を取りたいから狙う場合、必要に迫られて資格を取らなければならない場合、と動機は分かれると思いますが、なぜその資格を取ろうとしているのか目的をはっきりさせましょう。資格取得の目的がはっきりしていると、さまざまな準備や試験勉強に対するモチベーションを維持し続けることができます。

資格試験の勉強法〜時間について

資格試験の勉強はとてもしんどいです。難易度が高いものほど、当然勉強に費やす勉強時間は多く必要です。またセミナーや教材への出費も多くかかります。それに、学生と違って社会人が勉強するためには、現状の生活から何かを犠牲にして勉強時間を作らなければなりません。それだけの覚悟が必要です。
目的をもって行動をしているときは、誰でも同じだと思いますが、時間というものはいくらでも「使える」ものです。働きながら勉強をするとき、勉強時間を確保することが大きな課題の一つですが、途中で挫折するときは大抵「時間がなかった」と自分に言い訳をするのが人間の常でしょう。
「時間を使う」とは、例えば、通勤時間はサラリ−マンにとって、どんなに多忙でも確保できる恰好の学習タイムとなります。こうした積み重ねが後々大きな力になってくると思います。
また、「朝型人間」、「夜型人間」と人によってタイプがありますが、働きながら試験勉強をしていると、夕方から急に飲みに誘われたり、残業したりして帰りが遅くなることがよくあります。疲れ切ったあとで勉強しても頭に入りません。そうしたときは思い切って早く寝た方がいいと思います。夜型ですと定期的な学習時間はどうしても確保しづらくなると思います。

資格試験の勉強法〜勉強の準備その1

では、試験勉強に取りかかる前の準備について説明します。
まず、取得しようとしている資格について詳しく調べます。試験実施機関、試験の内容、必要な知識、合格までに必要なカリキュラム、インターネット上に同志の掲示板があればのぞいてみるのもよいでしょう。
必要なセミナー・講座や教材・参考図書について調べ、受講申込みまたは入手する。
試験日までの学習計画を立てる。
以上が準備の概要です。
まず、資格について良く分からないまま試験勉強に取り組んではいけません。受験資格、試験の内容、求められる知識の範囲、合格までに必要なカリキュラムの標準などをまず調べましょう。これがわからないと、教材すら選ぶことができません。また、インターネットには同じ資格を志す同志が集うサイトや掲示板があるかもしれません。そういった情報に目を通したり、情報交換を行なうことも重要です。
次に、必要な教材などを揃えます。
講座を受講する場合は、開講機関から配布される教材や、参考資料のガイドもあるのでさほど困りません。しかし、独学で受験勉強を始める場合は、やはり自分であれこれと調べる必要があります。 書店に行けばさまざまな参考書がおいてあるので悩むでしょう。初めて参考書を購入するときは、売れ筋や書評をあらかじめ調べてから購入されるのが良いですね。中身などをすべて見ていると費やす時間も相当なものになります。実際に勉強始めないと、どれが良いのかわかりませんから、事前に調べた書評を参考にされるのが良いでしょう。

資格試験の勉強法〜勉強の準備その2

まず、資格について良く分からないまま試験勉強に取り組んではいけません。受験資格、試験の内容、求められる知識の範囲、合格までに必要なカリキュラムの標準などをまず調べましょう。これがわからないと、教材すら選ぶことができません。また、インターネットには同じ資格を志す同志が集うサイトや掲示板があるかもしれません。そういった情報に目を通したり、情報交換を行なうことも重要です。
次に、必要な教材などを揃えます。
講座を受講する場合は、開講機関から配布される教材や、参考資料のガイドもあるのでさほど困りません。しかし、独学で受験勉強を始める場合は、やはり自分であれこれと調べる必要があります。 書店に行けばさまざまな参考書がおいてあるので悩むでしょう。初めて参考書を購入するときは、売れ筋や書評をあらかじめ調べてから購入されるのが良いですね。中身などをすべて見ていると費やす時間も相当なものになります。実際に勉強始めないと、どれが良いのかわかりませんから、事前に調べた書評を参考にされるのが良いでしょう。

Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.