〜脂肪肝ってどんな病気?甘く見ると大変な脂肪肝の症状と治療、これ見りゃばっちり!〜
saicoro Produce by saicoro Site update contents

脂肪肝 〜症状と治療〜

脂肪肝ってどんな病気?

皮下や内臓に中性脂肪がたまると肥満になりますが、肝臓にたまると脂肪肝になります。健康な肝臓でも3〜5%の脂肪を含んでいますが、5%を超えた場合を脂肪肝といいます。脂肪肝になっている組織を顕微鏡で見ると、肝細胞内に球状の脂肪が異常に増えているのがわかります。
正常な肝臓の脂質は、約3分の2がリン脂質で占められ、主に細胞の膜を構成し、残りの約3分の1がコレステロール、中性脂肪、遊離脂肪酸になっています。ところが脂肪肝では、中性脂肪が異常に増加して大部分を占め、コレステロールやリン脂質が蓄積することはほとんどありません。脂肪肝は、年代では30〜70代に多く、男性では40歳前後、女性では40代以降の中高年に多発しています。性別では、男性の方が脂肪肝が多く発症しています。

脂肪肝の症状と原因

脂肪肝になると肝細胞が脂肪でいっぱいになると細胞がふくらんで肝内の血管が圧迫され、肝臓内部の血液の循環が悪くなり、それに伴って肝機能が低下していきます。その結果、からだがだるくなったり、疲れやすくなったりします。しかし、多くの場合、脂肪肝における初期の自覚症状はなく、会社の健康診断やほかの病気の検査を受けて偶然発見される場合がほとんどです。
重症になるタイプもあります。脂肪肝で多いのが、肥満を伴うもの、糖尿病に合併するもの、多量の飲酒に付随するものです。肥満の人と糖尿病患者の約50%、多量の飲酒をする人の約80%が脂肪肝にかかっています。そのほか、ステロイドなどの副作用による薬剤性、極端な飢餓や拒食症による栄養障害もあります。特殊な場合として、妊娠末期の急性脂肪肝やライ症候群に伴う脂肪肝もあります。栄養過多によるものでは重症になることはありませんが、ほかの原因の場合は、黄疸など重篤な肝障害を起こす脂肪肝もあります。
脂肪肝の3大原因は肥満、酒の飲みすぎ、糖尿病です。ただし、肝臓に脂肪がたまるメカニズムは複雑です。
肝臓はよく人体の化学工場といわれます。人が生きていくうえで必要なエネルギーや物質をつくったり、不要となった物質を解毒したりするからです。こういった機能を代謝といいます。例えば、食物から取り込んだ脂肪酸を肝臓で人の利用できる型の中性脂肪に変え、血液を通じて全身に運び、エネルギー源としたり、各臓器の材料にします。逆に全身の脂肪組織から血液中に放出された脂肪酸を取り込み、中性脂肪に変えて再利用します。このように肝臓は食物から摂取する脂肪や全身の脂肪組織から運ばれてくる脂肪、肝臓自身、合成する脂肪で、いつも脂肪まみれで働いているといえます。
肝臓が正常に機能していれば、問題ないのですが、食事から摂取する脂肪が増えたり、肝臓自身の過労や病変で機能が低下すると、全身から運ばれてくる脂肪酸を処理する力が落ち、あっという間に脂肪がだぶつき始めるのです。

脂肪肝の治療

◆エネルギー制限
栄養過多や肥満に伴う脂肪肝では、薬による治療より、減量を目的とした食事療法に重きをおきます。低脂肪・高たんぱくのメニューを心がけます。
治療のために1日に必要な摂取エネルギーは、標準体重を割り出し、25KCalをかけた値を目安として使います。
[例]身長が170cmの人の場合 (170-100)×0.9=63kg(標準体重)63×25=1,575kcal
この数値が療法中の1日のエネルギー摂取量です。標準体重の出し方には数種類ありますが、脂肪肝の場合、上記のブローカの変法が一般的です。通常の大人の所要量は1,800〜2,000kcalぐらいですから、ちょっと我慢がいるかもしれません。
◆運動療法
脂肪肝では食事で入ってくるエネルギーを制限すると同時に、運動でエネルギーの消費に努めます。通常のダイエットも同じことです。しかし、むやみに激しい運動をしても効果はあがりません。最近テレビなどでも、よくいわれている有酸素運動(ウォーキングやゆっくりしたリズムのエアロビクスなど)を1日30分〜1時間くらいするのが効果的です。激しい運動は(無酸素運動)は短時間で終わるため、肝臓の脂肪がエネルギーとして使われることがないからです。人のエネルギーの使い方は一定の順序があります。運動の初期は肝臓に貯蔵されたグリコーゲンが消費されます。運動の種類にもよりますが、これを使い切るには20分かかります。そのあとに
皮下脂肪や肝臓にたまった脂肪が使われます。ですから最低でも30分〜40分できれば1時間継続できる運動が必要です。ウォーキングが最適で、早足でできれば毎日、最低でも1日おきに8,000歩から1万歩も歩けば、徐々に肝臓の脂肪がなくなっていき、早ければ1ヶ月ほどで完治します。
◆アルコール性は禁酒が原則
アルコール性の脂肪肝の治療は意外と大変です。というのも飲酒の習慣はその人の生活と密着しており、変更するのが難しいからです。例えば接待の多い営業マンや、晩酌でアルコールを欠かせないという脂肪肝の患者は、つらい思いをします。アルコール性の脂肪肝は肝硬変まで進み、死に至ることもあるということをよく理解してもらい、禁酒に努めれば1〜3ヶ月で肝機能の数値は正常に戻ります。仕事上あるいは好きでどうしてもやめれない人や、1〜2杯は大丈夫と妥協する人は、その分、回復に長い期間がかかります。
・糖尿病などの基礎疾患を治す
内分泌性、飢餓、拒食症などによる脂肪肝はそれぞれ基礎疾患や生活環境、心の持ち方の改善をしなければいけません。それも早急の治療が必要です。治療が遅れると、脂肪肝のみならずより重い肝臓病になる可能性が膨らむからです。

Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.