住宅ローン借り換えの基礎知識

住宅ローン借り換えの基礎知識

住宅ローン借り換えって何?

住宅ローンの借り換えってご存知でしょうか?
住宅ローン借り換えとは、今借りている住宅ローンを、より条件の良い住宅ローンへ借り換えすることです。
住宅ローン借り換えは、住宅ローンの審査を始めからしなければいけませんが、金利が高い時期に固定金利で借りている方などにはとっても有効なのです。
どうして住宅ローン借り換えが有効かというと、住宅ローンは期間が長いローンだからです。長い期間借りるので、金利の支払額もとても多くなります。1%でも金利が変わったら、支払い総額(支払い元金+支払利息)はかなり変わります。
もし、住宅ローンの返済が高いな、とお悩みなら、ぜひ一度住宅ローン借り換えを考えてみるべきでしょう。

住宅ローン借り換えの目的

住宅ローン借り換えをするのなら、当然住宅ローン借り換えにメリットがなければ意味がありません。住宅ローン借り換えの目的を決めれば、それなりにメリットはあるのですが、「目的は別にないけれど、住宅ローン借り換えがお得になるのかなあ…」という方のために、住宅ローン借り換えにメリットがある目安をご紹介します。
・今の住宅ローン金利と、住宅ローン借り換え後の金利の差が1.0%以上ある
・住宅ローンの借入残高が1,000万円以上ある
・返済期間の残りが、まだ10年以上ある
が、住宅ローン借り換えの目安です。特に金利差は1.0%以上ないとメリットが出にくいです。金額と期間についてはちょっとくらい目安より少なくてもメリットは出ます。いろいろな銀行のウェブサイトには、住宅ローン借り換えのシミュレーションがありますので、そこで試してみてもいいですね。

住宅ローン借り換えの目安

住宅ローン借り換えをするのなら、当然住宅ローン借り換えにメリットがなければ意味がありません。住宅ローン借り換えの目的を決めれば、それなりにメリットはあるのですが、「目的は別にないけれど、住宅ローン借り換えがお得になるのかなあ…」という方のために、住宅ローン借り換えにメリットがある目安をご紹介します。
・今の住宅ローン金利と、住宅ローン借り換え後の金利の差が1.0%以上ある
・住宅ローンの借入残高が1,000万円以上ある
・返済期間の残りが、まだ10年以上ある
が、住宅ローン借り換えの目安です。特に金利差は1.0%以上ないとメリットが出にくいです。金額と期間についてはちょっとくらい目安より少なくてもメリットは出ます。いろいろな銀行のウェブサイトには、住宅ローン借り換えのシミュレーションがありますので、そこで試してみてもいいですね。

住宅ローン借り換えのデメリット

住宅ローン借り換えにはデメリットもあります。
住宅ローン借り換えには費用が結構かかるのです。
住宅ローン借り換えでは、
・ 住宅ローン借り換えの取り扱い手数料
・ 住宅ローン借り換えの保証料
・ 住宅ローン借り換えの印紙代(金銭消費貸借契約証書・その他の契約書など)
・ 返す住宅ローンの返済手数料
・ 不動産登記費用(抵当権の抹消と住宅ローン借り換えの抵当権設定費用)
・ 司法書士の報酬
などが主な費用になります。なかでも、保証料と登記費用は、結構高いものです。
住宅ローン借り換えをする時には、これらの費用を払っても支払利息や手数料の差にメリットがあるかどうかをきちんと計算する必要があります。

住宅ローン借り換えは銀行へ

住宅を買うときは住宅ローンの申込を販売業者がやってくれますが、住宅ローン借り換えは自分で調べて自分で申込をしなければいけません。もちろん、住宅ローン借り換えに必要な書類も自分で揃えなければなりません。住宅ローン借り換えに必要な書類は金融機関によって違ってきますので、何が必要なのかは銀行の住宅ローン担当者に確認して下さい。銀行にとっては、住宅ローン借り換えのお客さまは「ノドから手が出るほど欲しい」お客さまです。よっぽど変な銀行員に当たらない限り、きちんと対応してくれますし、親切に教えてくれますよ。各銀行のウェブサイトでも住宅ローン借り換えの内容を知ることができますので、どの銀行でどれくらいメリットがあるかを事前にしっかり調べておくこともオススメします。
住宅ローン借り換えは、あなたのお財布にもきっと効果がありますよ。一度検討してみませんか?

↑