住宅ローン金利の基礎知識お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

住宅ローン金利の基礎知識

イメージ

住宅ローン金利について

住宅ローンを申し込む時、借りている間、住宅ローン金利はとても重要なポイントになります。
住宅ローン金利は他のローンに比べて金利が低いので、そんなことないでしょう!?と思われるかもしれませんが、大きな間違い。住宅ローン金利はとっても重要なのです。
どうして住宅ローン金利が大事かというと、住宅ローンの期間が関係します。
住宅ローンの返済期間は20年や30年など、長期にわたることが一般的です。35年で借りている方も珍しくないでしょう。期間が長いと、金利が低くても支払う利息額はとても大きくなります。
住宅ローン金利にもよりますが住宅ローンの支払総額(元金+利息の合計)は、少なくても借入額の1.5倍、2倍払うのもざらにあります。
そんな住宅ローン金利ですので、きちんとした知識を持って、かしこく選びたいですよね。

変動金利タイプの住宅ローン金利

住宅ローン金利には、「変動金利タイプ」と「固定金利タイプ」があります。
まずは、変動金利タイプの住宅ローン金利からご説明しましょう。
変動金利タイプの住宅ローン金利は、一定期間ごとに金利が変動します。
金利の変動は、市場の金利動向によるのですが、主な銀行は短期プライムレートというレートに連動するケースが多いです。
住宅ローン金利では、変動金利タイプよりも固定金利タイプの方が有利だと思われがちですが、実はそうではありません。同じ時点で住宅ローン金利を比べると変動金利の方が低く設定されていますので、長期間金利の変動がなければお得になります。短期間で住宅ローンを組む方にはかなり有利です。
変動金利タイプは、繰上げ返済手数料などの手数料も低く設定されています。この手数料は結構バカになりません。住宅ローンをどんどん繰上げ返済したい方も、変動金利タイプが有利になります。

固定金利タイプの住宅ローン金利

固定金利タイプの住宅ローン金利は、固定期間中は金利が変動しないタイプの住宅ローンです。
住宅ローン金利の固定期間とは、全期間固定タイプや、一定期間(5年や10年など)固定タイプがあります。一定期間固定の場合は、一定期間が過ぎれば再度固定か変動を選ぶことになります。
固定金利タイプの住宅ローン金利のメリットは、返済額が変わらず、一定になる、と言う点です。特に低金利の時に固定金利にしておけば、ずっと低い金利のままで返済することができます。将来景気が良くなって金利が上がる!とお考えの方は固定金利タイプの住宅ローン金利を選んで下さい。
反対に、今後金利が更に下がる!とお考えの方には固定金利タイプの住宅ローン金利を選ぶべきではありません。金利が下がっていくのに、高い金利のまま支払わなければならないからです。

固定金利タイプの住宅ローン金利は、フラット35を

自分はどうしても固定金利タイプの住宅ローン金利を選ぶ!と言う方は、一度フラット35を検討しましょう。フラット35とは、住宅金融支援機構が融資してくれる、国の住宅ローンです。
フラット35の住宅ローン金利は全期間固定なのです。実は、民間の金融機関では全期間固定の住宅ローン金利はあまりありません。フラット35は35年でも固定の住宅ローン金利なので、とても貴重なローンなのです。
フラット35は、
・ 金利が固定で低い
・ 保証料がいらない
・ 繰上げ返済手数料が無料
などのメリットがあります。デメリットは、
・ 物件価格の8割が上限(2割の頭金が必要)
・ 団体信用保険料が必要(銀行では不要)
固定金利の住宅ローン金利を選ぶのであれば、フラット35はかなりお得です。申込は銀行の窓口でできます。ただし、申し込む金融機関によってフラット35の手数料が違いますので、事前チェックが必要です。

住宅ローン金利を上手に選ぼう

住宅ローン金利の上手な選び方。これがかなり難しいのです。
変動金利タイプの住宅ローン金利と固定金利タイプの住宅ローン金利のどちらが有利なのか、これは誰にもわかりません。
わが国の低金利政策はもうかなり長期間続いていますが、これを予測できた方がいるでしょうか。後から「こうなると予測していた」という経済評論家はたくさんいますが、起こる前から言う人はあまりいませんよね。
住宅ローン金利は、その時代時代の金利や経済の影響を受けますので、今後の動向は分からないのです。
しかし、住宅ローン金利を選ぶことはできます。先ほど「変動金利タイプの住宅ローン金利」と「固定金利タイプの住宅ローン金利」のところでそれぞれ紹介したように、繰上げ返済をどんどんしたい方は変動金利、返済金額が変わるのは嫌!という方は固定金利なのです。
どちらが良いのか、今後どうしていきたいのか、そこをしっかり考えて、住宅ローン金利を決めましょう。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.