任意売却で競売を避けた債務処理、解決策を!お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

任意売却で競売を避けた債務処理、解決策を!

イメージ

任意売却って何?

任意売却ってご存知ですか?
家を買う時には、銀行から住宅ローンを借りますよね。順調に返済していれば何の問題もないのですが、不況や派遣切りなどのいろんな問題がある昨今、いつローンを払えなくなるか分かりません。もし返済が滞ってしまうと、銀行は担保になっている自宅を競売にかけてローンを回収しようとします。競売になってしまうとあなたの手元に残るお金はまずありません。そこで、任意売却です。
任意売却も自宅を手放すという点では同じですが、自分で納得のいく価格で自宅を売却することができます。任意売却は、債務者(あなた)と債権者(銀行)の間に仲介者(不動産業者など)が入ることで、債務者、債権者、買主のすべてにメリットがあるように不動産を売却するこが可能になるのです。そんな任意売却についてご説明します。

任意売却のメリット

任意売却は、より市場価格に近い価格で不動産を売却することができます。
不動産を競売で取られてしまっても、任意売却で整理しても、どうしてもローンは残ってしまいます。自宅をなくしておしまいではないのです。その後も返済は続けなければなりません。
同じように自宅がなくなるのなら、少しでも高い値段で売って、ローンを減らしたいですよね。
また、任意売却は普通の不動産売却と同じように販売します。競売であれば、どうしてもご近所に知られる可能性がありますが、任意売却であればご近所に事情を知られることもありません。
任意売却でも売却代金はローン返済に充てられてしまいますが、債権者との話し合いで引越し費用や手当てなどを受け取ることも可能です。

任意売却の流れ

任意売却を個人でするのはかなり難しいです。ですから、少しの費用も惜しいところですが、任意売却は専門の不動産業者に依頼をした方がスムーズにゆくでしょう。
業者に任せた場合の任意売却の簡単な流れをご紹介します。
・ 業者へ任意売却について相談する。
・ 業者へローンの残高と返済状況を伝えます。業者は不動産の市場価格の調査をします。
・ 納得すれば、業者とあなたとの間に契約を結びます(専任媒介契約など)。
・ 業者と同行して金融機関へ任意売却をする旨を説明します。
・ 任意売却の販売価格を決め、金融機関との調整をおこないます。
・ 不動産の販売促進開始。
・ 購入希望者との価格交渉と価格決定。
・ 金融機関に売却価格の同意をもらいます。
・ 売買契約を結び、金融機関と抵当権の抹消と配分の決定を行います。
・ 決済、不動産引渡し、所有権の移転、ローン返済。
・ ローン残債の返済。
と言ったところが主な流れになります。実際に任意売却をする時には多少ケースによって異なりますので、きちんと確認しましょう。

任意売却のデメリット

任意売却は良いことばかりではありません。任意売却にもデメリットはあります。
任意売却はあくまで市場価格に近い値段で売却できる可能性がある、ということです。必ず有利な金額で売れると決まっているわけではありません。希望の金額で売れない、という可能性も十分にあります。
任意売却をする、ということは既にローンを延滞している、ということですから今後はローンを借りることが難しくなります。任意売却や競売でローンを全て返してしまったとしても7年から10年間はローンが組めません。
それから、任意売却は競売に比べて大変です。手続きや金融機関との交渉など、任意売却をするための準備や交渉が必要です。その結果、思うような金額で売却できなければ骨折り損、なんてことにもなります。

任意売却の注意点

任意売却の注意点についてもご説明しておきましょう。1つ目が、保証人の存在です。
もし、ローンを借りるのに保証人を付けている場合には、任意売却が難しくなります。任意売却は必ず保証人に迷惑をかけてしまうので、任意売却をするには保証人の同意が必要になります。もし任意売却の同意を得られない場合には、最終的には競売しかありません。
2つ目が、仲介業者選びです。良い仲介業者にめぐり合えば良いのですが、万一悪徳業者に当たってしまうと、思った金額が入らなかったり、あなたに不利な条件で任意売却する結果になったり、時間切れで競売になる、自己破産を勧められる、などということにもなりかねません。また、任意売却の実務に不慣れな業者もいますのでご注意を。
任意売却は、きちんとした知識を持ち、きちんとした手順を踏み、しっかりと気持ちを持って取り組めばきっとうまくいきます。任意売却の向こうには、平穏な生活が待っているかもしれません。もしローンの返済でお悩みであれば、一度検討してみては?

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.