オール電化って何? - 自分にぴったりのオール電化で、省エネと節約を!-お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

オール電化って何?

 - 自分にぴったりのオール電化で、省エネと節約を!-

イメージ

オール電化って何?

オール電化って何?という方はほとんどいませんよね。家を建てるとき、リフォームするとき、必ず一度はオール電化を検討するのではないでしょうか。オール電化とは、家庭内の全ての熱源を電気でまかなってしまう設備です。オール電化は、エコキュート、IH調理器、エアコン、暖房機、床暖房システムなどを組み合わせて使用します。オール電化は、ガスや石油を使わないので、子供やお年寄りにも安全安心な設備として人気があります。実際に、オール電化住宅の数はかなり増えているようです。でも、オール電化にはたくさんのメリットがありますが、反面デメリットも存在します。オール電化を選ぶ前に、しっかりチェックしておきましょう。

オール電化のメリット

オール電化のメリットをご説明します。まず、オール電化はガスを全く使いませんので、ガスの基本料金が不要です。それに加えてオール電化独自の割安な電気料金プランがありますので、光熱費を安く抑えることができます。オール電化にはエコキュートが付き物ですが、エコキュートは大気中の熱を取り込んで利用するので、エネルギー効率もとても良いのです。新築の場合は、ガス管の工事が不要なので、その分もおトクになります。火災保険の保険料にも割引があります。
オール電化はガスや灯油を使わないので、失火による火事の心配もありません。小さなお子さんやお年寄りがいるご家庭は安心ですね。オール電化はCO2の排出量も少ないので、地球に優しいエコロジーの効果もあります。

オール電化のデメリット

オール電化にもデメリットはあります。まず、オール電化のご家庭は、停電になってしまうと何もできなくなります。熱源がなくなってしまうので、冬はかなり辛いです。エコキュートは夜間にお湯を沸かして貯めておくので、使い過ぎるとお湯が切れてしまう可能性もあります。おトク感が強いオール電化ですが、夜間に比べて日中の電気料金は高いので注意が必要です。また、オール電化は初期設備費用もちょっと高めです。但し、オール電化のランニングコストを含めて総合的に費用を検討する必要はあります。
もう一つ、オール電化の大きな問題は、悪質業者による訪問販売です。オール電化は悪質業者による不当勧誘や、不当な金額での契約などの相談が多いという実態があります。

オール電化とガス

では、オール電化とガスでは何がどのように違うのでしょうか。
まず、オール電化の給湯にはエコキュートを使います。エコキュートとガス給湯器を比べると、エコキュートの大きさの方がかなり大きくなります。エコキュートは夜に沸かしたお湯を貯めておくスペースが必要ですので、どうしてもある程度の大きさが必要なのです。
オール電化はIHヒーターを使い、ガスはガスコンロを使います。どちらも販売価格は同じようなものです。熱効率はIHヒーターの勝ちです。IHヒーターの熱効率は90%ほどありますので、ガスコンロの約40%に比べてかなり高いと分かります。
オール電化とオールガスで料金を比べるとどうでしょうか。実は、どちらもあまり変わりません。オール電化にもオールガスにもそれぞれお得な料金プランがありますので、お住まいの地域の料金などを調べた上で、どちらがおトクか検討する必要があります。

オール電化にしてみよう

もし、ご自宅の新築やリフォームをお考えであれば、ぜひオール電化の検討を一度して下さい。オール電化そのもののメリットや導入費用、ランニングコストを検討するのは当然ですが、オール電化の導入で住宅ローンの金利を低くしてくれる銀行があったり、エコキュート導入の補助金があったり、ソーラーパネルの導入で余った電気を電力会社が購入してくれたり、などの特典もあります。オール電化にはおトクがいっぱいなのです。最近では、スマートメーターという高性能の電気メーターもあります。電気メーターに通信機器が組み込まれていて、電気機器の稼働状況などを電力会社が管理してくれる優れものです。
但し、ガスにはガスの良さがあります。火を全く使わない生活は安全ですが、子供の教育上では火の存在は在ったほうが良いのかもしれません。また、どうしても火を使って調理したいと言う方もいらっしゃるでしょう。いろいろな視点からじっくりと考えて、オール電化の導入を検討してみて下さい。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.