キッチンリフォーム - マンション、住宅、一戸建てのお得情報。 賢いやり方、注意点を知って上手な増改築を!-お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

キッチンリフォーム

 - マンション、住宅、一戸建てのお得情報。

 賢いやり方、注意点を知って上手な増改築を!-

イメージ

キッチンリフォームをしよう

あなたのキッチンは使いやすいですか?満足しているキッチンをお使いであればよいのですが、もしキッチンに不満があれば、一度キッチンリフォームを考えてみてはいかがでしょうか。でも、一言でキッチンリフォームといっても、キッチンには結構たくさんの種類があります。それに、キッチンリフォームはリビングダイニングとキッチンのつながり方も大きく関係します。しかも、キッチンリフォームをするには結構なお金も必要ですから、失敗しては大変です。上手なキッチンリフォームの方法をしっかり勉強してから、キッチンリフォームに取り掛かりましょう。

キッチンリフォーム・キッチンのスタイル

キッチンリフォームには、キッチンとリビングダイニングとの関係が重要になります。キッチンリフォームをする前に、どんなタイプのキッチンにするのか考えてみましょう。家族の顔を見ながら料理したい方向きのキッチンリフォーム、一人でじっくり料理したい方向きのキッチンリフォームなど、ご自分に合ったスタイルでリフォーム方法を選ぶことが出来ます。
コミュニケーションを重視する方は、キッチン本体を壁に付けてダイニングと一体化したオープンタイプのスタイルがオススメです。他にも、オープンタイプをカウンターで仕切ったセミオープンスタイル、吊り戸棚を付けずにシンクの上をすっきりオープンにしたオープン対面スタイルもオススメできます。
一人でじっくり料理したい方は、キッチンがリビングダイニングから完全に独立したクローズドタイプや、吊り戸棚とキッチンの間の壁をオープンにしてリビングダイニングと対面させたセミクローズドスタイルへのキッチンリフォームがオススメです。

キッチンリフォーム・キッチンのレイアウト

キッチンリフォームでは、キッチンのスタイルを決めるのと合わせて、レイアウトも決めなければなりません。でもこれは、キッチンの広さも関係しますので、「この形でキッチンリフォームしたい!」という希望が全部かなえられる訳ではないのです。レイアウトもキッチンリフォームには重要な要素になります。
キッチンリフォームでレイアウトを考えるには、まずレイアウトの種類と特徴を知りましょう。レイアウトの種類は大きく分けて6種類です。
キッチンリフォームでも一番一般的な形であるI型はシンク、コンロ、冷蔵庫を1列に配置したタイプ。狭いキッチン向きで、間口が広いと不便です。L型はワークトップをL型に配置します。作業スペースが広くて動線も短いのですが、コーナーの使い方は要検討です。2列型は作業カウンターを前後2列に配置します。I型よりも動線が短く、収納スペースも取れます。U型はワークトップをU型に配置しますので、クローズドスタイル向けのレイアウトです。アイランド型は、シンクなどのキッチンの一部を独立させたタイプです。多人数での作業に向いていますが、かなり広いスペースが必要です。ペニンシュラー型は、キッチンの一部を半島のように突き出した形です。家族とのコミュニケーションを重視する方にはオススメの形です。

キッチンリフォームのプランニング

キッチンリフォームでもう一つ決めたいことは、キッチンリフォームのプランです。どの程度の規模でキッチンリフォームをするかで、キッチンリフォームにかかる費用や工事期間がかなり変わってきます。
一番手軽にできるキッチンリフォームは、キッチンの位置やレイアウトを変えずに新しいシステムキッチンを替えるケースです。早ければその日に工事が終わりますのでかなりお手軽です。キッチンのレイアウトを変えるキッチンリフォームは、ちょっと大掛かりになります。古い壁付型のキッチンからアイランド型やペニンシュラー型など他のタイプに変えるには、壁の造作や床の張替えなどの工事が必要なので、工事日数も費用もかかってしまいます。しかし、その分リフォーム後には快適な生活が待っていますので、その価値は十分にあります。

キッチンリフォームの注意点

キッチンリフォームをしようと決めたら、業者選びにも注意しましょう。キッチンリフォームの業者は、インターネットやリフォーム雑誌で情報を集めることができます。キッチンリフォーム業者の施工例や実績を見せてもらい、見積もりは数社から取ることをオススメします。キッチンの実物は、各メーカーのショールームで確認して下さい。写真と実物では色合いも微妙に違いますので、実物を見てから決めた方が絶対良いです。キッチンリフォーム業者との契約は必ず書面で行います。契約代金、支払い方法から、火災などの損害負担や工期延長の違約金、廃材の処理などについてもきちんと確認して、契約書にもり込んでおきましょう。また、施工前には希望通りの設計になっているか設計図をしっかり確認しましょう。希望した設備や建材が入っていなければ、修正してから工事に入ります。工事に入ってからの修正ではトラブルになるかもしれません。
キッチンリフォームは、あなたの毎日の生活を一気に変化させてくれます。でも、やるからには妥協せず、資金の範囲でできる一番良いキッチンを作りましょう。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.