整水器の選び方   - 簡単で自分にぴったりの整水器を選ぼう。 整水器の効用などお役立ち情報満載! -お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

整水器の選び方 

  - 簡単で自分にぴったりの整水器を選ぼう。

 整水器の効用などお役立ち情報満載! -

イメージ

整水器って何?

皆さん、整水器ってご存知ですか?浄水器ではありませんよ、整水器です。浄水器と整水器、聞いただけでは似ている感じがしますね。この2つ、似てはいますが、実は大きく違っています。どちらも水道水から出る水を利用して、おいしくて健康に良い水を作り出すのですが、整水器は浄水した水を更に「電解水」という水に精製するのです。
整水器は浄水器のようにフィルターを通して水をろ過するのではなく、電気を使って電解処理をすることで、水を変質させ、アルカリイオン水に変えます。このアルカリイオン水が健康に良いと評判になったことで整水器は知られるようになりました。

整水器が必要な理由、水道水は危険?

整水器は健康に良い水を作り出す装置です。では、なぜ整水器が必要なのでしょうか。整水器が必要な理由は、蛇口から出てくる水道水が決して安全ではないからなのです。
日本の水道水は世界一安全な水だと言われてきました。しかし、日本の環境は大きく変わりました。生活排水や工業排水などにより、川や地下水、海水が汚染され、そこから取水している水道水も危険になりました。当然、水道水として供給される水は、充分に殺菌されています。しかし、殺菌消毒するために、大量の塩素を使っているのです。水道水の残留塩素については、最低濃度は定められていますが、最高濃度は定められていません。つまり、どれだけ塩素濃度が濃くても規制されないと言うことです。塩素は決して身体に良いものではありません。アトピー性ヒフ炎の原因の1つになったり、髪の毛やお肌を傷めたり、最近では発がん性物質の発生原因になるとも言われています。整水器は、そんな塩素を除去してくれます。しかも、整水器は塩素の除去だけでなく、身体に良い水に変化させる機能もあるのです。

整水器と浄水器の違い

最初に整水器と浄水器は大きく違うと書きましたが、どうちがうのでしょうか。
実は、整水器と浄水器は作り出す水が違います。浄水器はろ過により水道水の有害物質を取り除き、カルキ臭を取り、おいしい水に変えます。水を安全に、おいしく飲みたいというだけであれば、整水器でなくても浄水器で十分なのですが、整水器は更に上をいきます。整水器は塩素やカルキを除去するだけでなく、pH(ペーハー)や硬度を変えて用途に合わせた水を作り出します。pHを変えるとは、水を酸性やアルカリ性に変えることができるということです。また、硬度を変えるとは、水を軟水や硬水に変えるということです。具体的に、水を変化させるとどんな効果があるのでしょうか。

整水器は何が良いの?

整水器には水のpHや硬度を変える機能があるのですが、整水器がそれらを変えることで、水の用途が変わってきます。
まず整水器でpHを変えることで、水を酸性やアルカリ性に変えることができます。この2種類の水はそれぞれ用途が違っています。まず、酸性の水はお肌に良い効果があります。美肌効果があるのです。アルカリ性の水は胃腸の働きを良くします。ただし、酸性の水は飲んではいけません。アルカリ性の水は医薬品と一緒に飲んではいけません。用途が異なる分、使い方もしっかり分けておく必要があるのです。
日本の水は、ほとんどが軟水です。硬水とは、必須元素であるミネラル成分、マグネシウムとカルシウムの濃度が高い水のことをいいます。軟水はミネラル濃度が低い水です。ここで注意するのは、整水器ではミネラル成分を増やすことはできません。しかし、整水器が水の硬度を下げることで、おいしい料理を作りやすい水や、お肌に優しい水にすることができます。せっけんの泡立ちなども良くすることができますよ。

整水器を上手に使おう!

どうですか?整水器についてお分かりいただけましたか?
整水器は浄水器に比べてどうしても大型になってしまうので、シンクの下に設置するビルトインタイプの整水器か、据え置きタイプが主流です。据え置きタイプの整水器は水道管との距離があると工事費がかかってしまう可能性があるので、キッチンのどこに置くかがポイントになります。どちらのタイプの整水器も場所をとってしまうので、よく考えて取り付けましょう。整水器は浄水器に比べて本体の価格も高めになってしまいます。さきほども書いたように、ご家庭のお水の用途をどうするかで整水器を選択するのが良いのか、浄水器が良いのか変わってきます。よく考えてから購入を決めて下さい。
整水器は毎日の健康のもとである水をより良いものに作り変えてくれる優れものです。オススメのアイテムですよ。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.