防犯カメラの選び方   - 簡単で自分にぴったりの防犯カメラで安心な生活を。 正しい使い方やノウハウを身につけよう ?お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

防犯カメラの選び方 

  - 簡単で自分にぴったりの防犯カメラで安心な生活を。

 正しい使い方やノウハウを身につけよう ?

イメージ

ぶっそうな世の中に防犯カメラ!

最近、本当にいろいろな事件が起こっています。都会だから、地方だからと関係なく、怖い事件が起こっていますね。家族や家を守る方法はいろいろありますが、1つの防犯アイテムとして防犯カメラはいかがでしょうか?
ひと言で防犯カメラといっても、防犯カメラにはたくさんの種類がありますし、防犯カメラの種類に合わせて用途もたくさんあります。お住まいの家の規模によっても選ぶ防犯カメラは、かわってきます。お値段もお手ごろな防犯カメラから高価な防犯カメラまでいろいろ…。防犯カメラ選びって難しいのですね。でもちょっとした知識があれば失敗しない防犯カメラを見つけることができますよ。

防犯カメラの利用目的は?

防犯カメラは犯罪を見つけるのが目的ではありません。防犯カメラの一番の目的は、犯罪を未然に防ぐことです。防犯カメラが設置されていて、「撮られている」という威嚇を与えることで、犯罪者から、家族や家、会社や商店を守ることができます。今では、防犯カメラは商店街や高速道路、繁華街などの屋外にも設置されていて、街中を歩くと防犯カメラを見ない日も、防犯カメラで撮られていない日もないくらいです。
当然、防犯カメラは犯罪の抑制だけでなく、犯行を記録する役割もあります。コンビニエンスストアやマンションのエレベーターなどに設置された防犯カメラは、常時撮影範囲の映像を記録しています。防犯カメラでは犯人を逮捕することはできませんが、犯人逮捕の有力な手がかりとなるのです。

家庭の防犯カメラについて

家庭用の防犯カメラは、企業や商店が使う防犯カメラとは用途が違いますし、使う規模も違います。ご家庭の防犯カメラを選ぶポイントをご案内します。
ご家庭の防犯カメラを選ぶには、まず本物の防犯カメラか、ダミーの防犯カメラのどちらを選ぶか決めましょう。ダミー防犯カメラは当然コストを抑えて購入できます。ただの形だけのダミー防犯カメラや、電池式でセンサーに反応してランプが点灯する、本物と間違えるようなダミーもあります。
本物の防犯カメラであれば、モニターに映すだけのタイプ、レコーダーに記録するタイプがあります。記録できるタイプはコストもお高くなりますが、防犯と犯人逮捕の点からいうと、一番効果的です。24時間記録するのではなく、センサーが反応した時間だけ記録するタイプもあります。防水機能が付いた防犯カメラ、暗視機能が付いた防犯カメラもあります。この2つは最低限の機能としておさえて下さい。暗いと撮れない、雨で壊れる防犯カメラはダメですよね。

防犯カメラの種類と設置

防犯カメラを設置するには、まず防犯カメラの目的が大事です。防犯カメラの設置場所は防犯上一番気になる場所が基本です。
まずは、入り口周りです。ご家庭の玄関付近に防犯カメラを設置することで、犯罪の抑制につながります。車上荒らしが気になる場合は、駐車場をカバーできる場所に防犯カメラを設置します。センサーでライトを照らした上で防犯カメラがあると更に効果的です。一戸建ての場合にはベランダに防犯カメラを設置するのも効果があります。特に2階のベランダは人目につきにくく、空き巣や泥棒が狙いやすい場所なのです。
マンションであれば、マンションの入り口、廊下、駐車場の出入り口などに防犯カメラを設置すれば効果的です。ただし、マンションの場合は勝手に設置してはいけません。管理組合や管理人さんときちんと相談してから設置して下さい。

防犯カメラで安心できる生活を!

防犯カメラは個人で購入、設置をすることができますが、設置に際しては素人判断より、防犯カメラ設置のプロの意見を聞いた方が良いでしょう。防犯カメラはどの場所に設置するかで、その効果が大きく変わってしまいます。防犯カメラの販売と設置をしてくれる業者さんはたくさんありますので、その中でも犯罪全般に詳しい業者さんを選んで、ご心配な方は一度ご相談してみて下さい。
当然、警備会社でも防犯カメラを取扱っています。その場合には警備会社と防犯カメラがオンラインでつながっていますので、記録もばっちりしてくれます。その分費用もかかってしまいますが、安心感という面では一番でしょう。
防犯カメラはあなたとあなたの家族、家族の資産を守る上で、とてもお役に立つアイテムです。ぜひ一度、防犯カメラの導入を検討してみて下さい。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.