エコロジー(エコ ECO)住宅の基礎情報  - 住宅、一戸建てのお得情報。エコロジーの賢いやり方、注意点を知って上手な節約生活を!-お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

エコロジー(エコ ECO)住宅の基礎情報 

 - 住宅、一戸建てのお得情報。エコロジーの賢いやり方、

注意点を知って上手な節約生活を!-

イメージ

エコロジー(エコ ECO)を住宅から考えよう!

地球温暖化への危機感から、エコロジー(エコ ECO)の重要性が高まっています。地球温暖化が進むのを遅らせるためには、CO2排出の削減によって地球上の温室効果ガスを減らすことが重要です。そのためには、いろいろなところでエコロジー(エコ ECO)を考えて、実践する必要があります。
エコロジー(エコ ECO)の実践は、例えばハイブリッドカーや電気自動車を利用して排気ガスを減らしたり、できるだけ公共交通機関を利用したり、家庭での電気やガスの使用量を減らしたり、などなど、家庭でもできるエコロジー(エコ ECO)はたくさんあるのです。そんなエコロジー(エコ ECO)の一環として、エコロジー(エコ ECO)住宅についてご紹介します。

エコロジー(エコ ECO)住宅って何?

エコロジー(エコ ECO)住宅とは、ただエコロジー(エコ ECO)に特化したCO2を出さないだけの住宅ではありません。エコロジー(エコ ECO)住宅とは、環境にも優しく、住む人にも優しく、健康にも良く、快適に暮らすことができる住宅のことを言います。
エコロジー(エコ ECO)住宅は、住宅を建てる時からエコロジー(エコ ECO)を考えます。なるべくエネルギーを消費しないように建築されるのです。また、建築廃材もできるだけ出しません。また、エコロジー(エコ ECO)住宅は建てる時のことだけでなく、建物の使用期間(丈夫で長持ちする住宅作り)、居住後の省エネルギー機能、居住後にCO2を出さないようにする機能、解体費用、廃材の再利用も考えてエコロジー(エコ ECO)住宅は作られます。

エコロジー(エコ ECO)住宅の具体例

エコロジー(エコ ECO)住宅の具体例をご紹介しましょう。
まず、エコロジー(エコ ECO)住宅のパッシブソーラー・グリーンハウス(パッシブ方式)というものです。この方法は、特別な機械装置を使わずに、建物の構造や材質でエネルギー効率を上げるというものです。建物自身の保湿性、空気の流れを考えた構造、自然のエネルギーを建物に取り入れて暖かさや涼しさの効果を上げる建築方式です。住宅の断熱性を上げることはエコロジー(エコ ECO)住宅にとって重要ですが、特に夏が暑い日本では断熱性だけでなく、通気性についても充分に配慮しておく必要があります。エアコンや暖房器具を使わないとエコロジー(エコ ECO)に良いのは常識ですよね。
エコロジー(エコ ECO)住宅の例は他にも、例えば屋根や壁面の緑化、雨水の利用、ソーラーエネルギーの利用、地熱の利用などもエコロジー(エコ ECO)住宅として有効です。

エコロジー(エコ ECO)住宅の費用

エコロジー(エコ ECO)住宅が重要なことは分かっていても、エコロジー(エコ ECO)住宅を建てる費用が高くてはどうしても二の足を踏んでしまいがちです。しかし、エコロジー(エコ ECO)住宅は意外にお高いものではないのです。
まず、エコロジー(エコ ECO)住宅は建築する時には費用が多めにかかってしまいます。建築資材もそうですが、ソーラー発電装置などのいろいろな装置にもお金がかかってしまいます。しかし、エコロジー(エコ ECO)住宅のランニングコストは一般住宅より安くなります。断熱性や通気性に優れたエコロジー(エコ ECO)住宅は光熱費が下がります。自然エネルギーも取り入れますので、更に安くなりますし、余った電気は電力会社に売ることなどもできます。
また、エコロジー(エコ ECO)住宅は長く住むことができる住宅なので、再建築費用もかかりません。解体する場合も、資材をリユース、リサイクルするので費用はかなり安いようです。エコロジー(エコ ECO)住宅は次の世代にも優しい住宅なのです。

自分でできるエコロジー(エコ ECO)

とは言っても、エコロジー(エコ ECO)住宅を新築するのは大変ですし、家を建て替えることもそうそうはありませんね、でも、もっと手軽にエコロジー(エコ ECO)を住宅に取り入れることもできます。例えば、壁に珪藻土を塗ってみませんか。珪藻土は植物性プランクトンの化石からできています。珪藻土は空気中の湿気を吸収・放出する機能を持っていますので、家の中を快適な湿度・温度に保つ力があります。暖房や冷房をエアコンに頼らない生活に近づくことができます。ちょっとの手間はありますが、簡単なエコロジー(エコ ECO)住宅ですよね?
エコロジー(エコ ECO)住宅に、ソーラー電池を使うのも良いですね。例えば玄関やお庭のライトをソーラー式にしておけば、電気を使いません。今ではクリスマス装飾の電飾にもソーラー電池式のものがあります。電気を使わずにご自宅をキレイにライトアップできますよ。
エコロジー(エコ ECO)住宅はそれほど難しいものではありません。エコロジー(エコ ECO)住宅について、身近なことから一歩ずつ考えていくことで、未来は大きく変わるのかもしれませんね。

 

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.