セントジョーンズワートって何?サプリメントや健康補助食品で効果的な栄養補助を !お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

セントジョーンズワートって何?

サプリメントや健康補助食品で効果的な栄養補助を !

イメージ

セントジョーンズワートって何?

セントジョーンズワートってご存知ですか?セントジョーンズワート、長い名前ですね。聞いただけでは何の名前なのかサッパリ分かりません。
セントジョーンズワートはハーブの1種です。もちろん、セントジョーンズワートはただのハーブではありません。セントジョーンズワートはウツの治療に効果があるとされており、今とても注目を集めているハーブなのです。セントジョーンズワートはヨーロッパではウツの治療薬として実際に使われています。日本ではセントジョーンズワートを薬としては使うことはできませんが、セントジョーンズワートの効果にはとても期待されています。

セントジョーンズワートの基礎知識

セントジョーンズワートは、日本名を西洋オトギリソウといいます。セントジョーンズワートは花びらの端に黒い点がついた黄色くて明るい花を咲かせます。元々、ヨーロッパで自生していた植物ですが、アメリカに伝わり野生化しました。聖ヨハネの日である6月14日頃に花が咲き、その日に収穫する伝統があることから、聖ヨハネ・英語でセントジョーンズと呼ばれています。
セントジョーンズワートは古代ギリシャの時代から治療薬として使われてきました。アメリカ先住民のネイティブアメリカンもセントジョーンズワートを抗炎症薬、消毒薬、人工妊娠中絶薬として使っていたようです。セントジョーンズワートのパワーは昔から利用されていたのです。

セントジョーンズワートでウツ治療

セントジョーンズワートには抗ウツ作用があることが分かっています。日本ではまだ馴染みが薄いですが、アメリカでは気分を向上させ、安定させるためのサプリメントとして使われており、ドイツではウツの治療薬として実際に使用されています。
セントジョーンズワートがウツの治療薬として注目されだしたのは、1980年代のヨーロッパでのことです。その中でもハーブ先進国であるドイツでは特にセントジョーンズワートの研究が進められており、実際に多くの臨床実験が行われて、セントジョーンズワートの有効性が実証されています。セントジョーンズワートは天然成分なのに合成抗ウツ薬に劣らない効果と、天然成分だからこその副作用の少なさが特徴です。実際にドイツでは年間約300万件ものセントジョーンズワート処方例があるそうです。

セントジョーンズワートの効果

セントジョーンズワートに含まれる有効成分は、ヒペリシン、ヒペルフォリン、フラボノイド、ルチン、ヒペロサイドなどです。セントジョーンズワートのどの成分がウツに効果があるのかは、実は良く分かっていません。しかし、ヒペリシンはセントジョーンズワートだけの独特の成分であることから、ヒペリシンがウツに効果的であると考えられています。
セントジョーンズワートに含まれるルチンやフラボノイドには優れた抗酸化作用があります。このため、セントジョーンズワートには免疫力の向上、疾病予防、老化予防などの効果もあります。また、血管の柔軟性も保ち、血液の流れを良くするので、高血圧や動脈硬化を防ぎ生活習慣病の予防にも役に立ちます。

セントジョーンズワートで元気な毎日を

セントジョーンズワートは抗ウツ効果がありますので、ウツでなくてもストレス解消効果、イライラ感を抑えて意欲や気分を高める効果、睡眠障害改善効果などもあります。ウツではなくても何となく気分がすぐれない、気分が晴れない、などの症状の方にもセントジョーンズワートは有効です。
セントジョーンズワートは日本では医薬品として認められていないので、カプセルや錠剤タイプのサプリメントや、セントジョーンズワート茶などで効果を手に入れることができます。セントジョーンズワートの効果をしっかり得たい方にはサプリメントを、セントジョーンズワートでゆっくり落ち着いた時間を過ごしたい方は、お茶がオススメです。あなたもセントジョーンズワートで元気な毎日を過ごしましょう!

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.