シトルリンって何?サプリメントや健康補助食品で効果的な栄養補助を !お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

シトルリンって何?サプリメントや健康補助食品で効果的な栄養補助を !

イメージ

シトルリンって何?

皆さんはシトルリンって聞いたことありますか?シトルリン、あまり聞く名前ではありませんよね。それもそのはず、シトルリンは2007年にようやく日本でもサプリメントなどで使用できるようになった、まだ新しい成分なのです。
シトルリンはアミノ酸の1種で、体内でタンパク質を構成していない遊離アミノ酸としていろいろな機能を果たしています。シトルリンはスイカに多く含まれている成分で、疲労回復、精力増強、抗酸化作用などさまざまな効果があることが分かっています。夏によくスイカを食べていたのは、知らない内にシトルリンのパワーを身に付けていたのです。

シトルリンの基礎知識

シトルリンはまだ新しい成分だとご紹介しましたが、実はシトルリンが発見されたのは日本です。シトルリンは1930年にスイカから発見された成分です。シトルリンの名前もスイカの学名、シトルラス・ブルガリスから名づけられたものです。シトルリンはスイカの原種と言われるカラハリ砂漠の野生のスイカに特に多く含まれていることが分かっています。過酷な環境で生きていくためにシトルリンが大きな役割を果たしているのです。
実は、シトルリンは欧米では早くから利用されています。アメリカでは血流の改善や動脈硬化予防のサプリメントとして、ヨーロッパでは疲労回復の医薬品として使われていました。
シトルリンは日本ではまず医薬品として認可されました。日本で医薬品から食品への使用が認められた、4つ目の成分になります。ちなみに、先に認可された成分は、コエンザイムQ10、Lカルニチン、αリポ酸の3つです。どれもすっかり有名ですね。

シトルリンの効果

シトルリンには、体内のNO(一酸化窒素)の生成を高める作用があります。NO(一酸化窒素)には、血管の平滑筋を弛緩させる作用があり、動脈を広げて血流量を増やす働きがあります。また、血管の肥厚抑制効果、LDLコレステロールの酸化を抑えて動脈硬化を予防する働きもあります。シトルリンはこのNO(一酸化窒素)を助けて、血管と血液を元気に正常に働かせます。年をとると血管も老いてくるのですが、シトルリンが血管を健康に保ち、身体全体の健康維持に効果があるのです。
また、シトルリンには抗酸化作用もあります。シトルリンが生活習慣病や老化を防止してくれるのです。シトルリンはアルギニンという成分を全身に送る役割もあります。アルギニンは成長ホルモン分泌を促進して、免疫力を高めてくれます。筋肉増強や血流改善にも効果があります。


シトルリンで美容効果

シトルリンには血管を健康にする効果がありますが、これは身体の健康維持だけでなく、美容やお肌の健康も維持してくれます。
年齢が進むことで、弱った血管が血行不良を起こしてしまう可能性があります。血行が正常でないと、お肌に充分な栄養素が行き渡らなくなり、老廃物がたまったり、お肌が乾燥してしまったりして、潤いも失くしてしまいます。新陳代謝も悪くなり、お肌の状態はどんどん悪くなるのです。
そんな複数のお肌のトラブルを抱えてしまった方には、シトルリンがオススメです。シトルリンの血管拡張、血行促進効果は、トラブルのあるお肌にもとても効果的だということが、シトルリンの研究の結果分かっています。シトルリンはきっとあなたのお肌を若返らせてくれますよ。

シトルリンで健康美人に

シトルリンは血流を改善しますので、冷え性や手足のむくみなどにも効果があります。また、シトルリンで身体のだるさや肩こり、慢性疲労も改善するようです。血管や血液は本当に健康に大切だということが分かりますね。
シトルリンはスイカに多く含まれるように、ウリ系の植物に含まれています。メロンやきゅうり、ゴーヤやヘチマ、にんにくなどにも含まれています。ただ、シトルリンが含まれている量は少ないので、シトルリンの効果をしっかり得たい方はサプリメントで摂ることをオススメします。
あなたもシトルリンパワーでいつまでも健康を維持しましょう!

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.