シトラスアランチウムって何?サプリメントや健康補助食品で効果的な栄養補助を !お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

シトラスアランチウムって何?

サプリメントや健康補助食品で効果的な栄養補助を !

イメージ

シトラスアランチウムって何?

皆さんはシトラスアランチウムってご存知でしょうか?あまり聞き慣れない言葉ですね、シトラスアランチウム。でも、シトラスであれば聞いたことがあるのではないでしょうか。シトラスの香りの化粧品などもありますよね。そのシトラスです。
シトラスアランチウムは日本語でいうと柑橘系の果物、橙(ダイダイ)のことです。シトラスアランチウムは欧米ではビターオレンジと呼ばれ、独特の苦味と酸味があるので、そのまま食べるのにはちょっと向かない果物です。しかし、食べることができなくても、シトラスアランチウムにはもっと他に有効利用ができることが分かっています。

シトラスアランチウムの基礎知識

シトラスアランチウムは日本名を橙(ダイダイ)と言います。橙の果実は、12月ごろから2月ごろにかけて完熟する、冬の果物です。その時期に収穫しないでおいても、夏にはまた緑色の実をつけるので、回青橙(かいせいとう)とも呼ばれます。古い果実と新しい果実が同時期に実をつけているので、子孫繁栄を意味した「代々」と呼ばれるようになったのです。中国では漢方薬としてシトラスアランチウムの皮を使っています。シトラスアランチウムの皮をかなり昔から薬として使っていたようです。
日本では、シトラスアランチウムの使い道は狭く、主に薬味や着色料として使っていました。実は、日本人が1番シトラスアランチウムを目にするのは、お正月のしめ飾りの上にあるシトラスアランチウムかもしれませんね。

シトラスアランチウムでダイエット

以前はあまり注目を浴びることがなかったシトラスアランチウムですが、今では大違いです。シトラスアランチウムはダイエットに効果がある成分として、とても注目を集めています。
シトラスアランチウムにはシネフリンという成分が含まれています。シネフリンはアドレナリン作用性アミン類の1種で、アドレナリンを作動させる作用があることが分かっています。このシネフリンがベータアドレナリンという成分と結びついて、脂肪細胞を刺激するのです。つまりシトラスアランチウムが脂肪細胞を刺激して、脂肪燃焼を助けて基礎代謝を上げる役割をするわけです。有酸素運動とシトラスアランチウムを組み合わせることで、ダイエットの効果は更に表れやすくなります。

シトラスアランチウムの効果

シトラスアランチウムに含まれるシネフリンの役割は、脂肪燃焼効果だけではありません。シネフリンはアドレナリンに作用して空腹感を抑えるという効果も発揮します。つまり、シトラスアランチウムがダイエットを成功しやすい身体に変えてくれる上に、お腹が空きにくい状態にもしてくれるので、ダイエット効果がますます上がる、というわけです。
また、古くからシトラスアランチウムは内服薬、外用薬療法で、炎症を抑える薬としても使われてきました。シトラスアランチウムは胃腸障害の改善薬としても使われています。シトラスアンチウムはいろいろな場面で活躍しているのですね。

シトラスアランチウムでスリムボディ

すでにシトラスアランチウムは、アメリカではダイエットサプリメントとしてとても有名です。これから日本でも次第に広まっていくと考えられます。シトラスアランチウムは脂肪燃焼系のサプリメントなので、1日の始まりや、身体を動かす前に摂るのがオススメです。シトラスアランチウムには交感神経系の働きを活性化する作用もあります。
シトラスアランチウムは天然成分ですので、特に副作用はないようです。しかし、シトラスアランチウムとカフェインとの併用、他の医薬品との併用はご注意下さい。食品アレルギーのある方などはお医者さまへ相談するなどして下さい。
シトラスアランチウムと効果的な有酸素運動を組み合わせて、あなたもスリムボディを目指しましょう!

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.