熊笹(クマザサ)って何?サプリメントや健康補助食品で効果的な栄養補助を !お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

熊笹(クマザサ)って何?

サプリメントや健康補助食品で効果的な栄養補助を !

イメージ

熊笹(クマザサ)って何?

皆さんは熊笹(クマザサ)ってご存知でしょうか?熊笹(クマザサ)は日本人にとって昔からとても身近な植物です。熊笹(クマザサ)を利用した食品は数多くあります。主に熊笹(クマザサ)で食べ物を包むのですが、笹団子や笹アメ、チマキや笹寿司などに使われています。実は、熊笹(クマザサ)で包むのには理由があります。単に包みやすい形でキレイだというだけでなく、熊笹(クマザサ)の抗菌、殺菌作用で食品の鮮度を保っているのです。しかも、熊笹(クマザサ)には他にもいろいろな効果があることが分かっています。

熊笹(クマザサ)の基礎知識

熊笹(クマザサ)はイネ科ササ属の植物です。熊笹(クマザサ)は隈笹とも書きます。本来の熊笹(クマザサ)は高さが1mから2mの高さになり、葉の長さは20cmを超える大型の笹です。葉に白っぽい隈取(くまどり)があるのも熊笹(クマザサ)の特徴です。しかし、熊笹(クマザサ)には亜種や変種もとても多く、単に大型の笹を熊笹(クマザサ)と呼ぶケースも多いようです。熊笹(クマザサ)の名前は、1本の枝に9枚の葉が付くことから呼ばれた「九枚笹」と言う名前に由来します。
熊笹(クマザサ)は古くから殺菌効果、抗菌効果を利用した食器として利用されてきたり、火傷や切り傷などの伝承薬としても利用されたりしてきました。中国では、漢方薬としても利用されています。

熊笹(クマザサ)の成分と効果

古くから伝承薬などとして使われてきた熊笹(クマザサ)ですが、今その熊笹(クマザサ)の効果に注目が集まっています。
熊笹(クマザサ)にはビタミンやミネラルなどたくさんの有効成分が含まれています。熊笹(クマザサ)の主な成分は、鉄、カルシウム、ビタミンC、ビタミンK、ビタミンB1、ビタミンB2、食物繊維、クロロフィル、バンフォリン、ササ多糖体、リグニン、などがあると分かっています。そんな有効成分や栄養素の働きで、熊笹(クマザサ)を摂ることで、止血効果や骨粗しょう症の予防、また疲労回復や貧血の改善、がん予防、動脈硬化予防、高血圧予防、胃腸病の改善などの効果を得ることができるのです。

熊笹(クマザサ)で生活習慣病予防

先ほど、熊笹(クマザサ)がいろいろな生活習慣病の改善に効果があると書きましたが、もう少し詳しくご説明します。
熊笹(クマザサ)に含まれるリグニンは食物繊維の一種で、腸内で発がん物質を吸着して体外に出してしまう効果があります。また、リグニンにはウイルスを退治するマクロファージを活性化する作用もあります。
熊笹(クマザサ)のクロロフィルは、血圧やコレステロールを下げます。また解毒作用や貧血の改善、整腸作用、抗炎症作用、抗がん作用などがあります。生活習慣病の予防やがん予防、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの改善に熊笹(クマザサ)は大活躍です。バンフォリンには防腐作用や免疫力の向上作用があります。
熊笹(クマザサ)に含まれるササ多糖体は、人間の細胞を強化し、人間が本来持っている自然治癒力や免疫力を高める働きがあります。

熊笹(クマザサ)で健康な身体に

熊笹(クマザサ)は薬ではありませんので、その効果には即効性はありません。先ほどからのご紹介のように、熊笹(クマザサ)は身体が本来持つ機能を強化させることで、いろいろな病気の予防や健康を維持してくれるのです。
熊笹(クマザサ)の効果を得るにも、熊笹(クマザサ)をじかに食べるわけにはいきません。熊笹(クマザサ)の効果は、熊笹(クマザサ)エキスや熊笹(クマザサ)のサプリメントなどで得ることができます。また、熊笹(クマザサ)はお茶や青汁、入浴剤としても使われています。熊笹(クマザサ)の入浴剤は、アセモの改善などにも良いですよ。
さあ、熊笹(クマザサ)で身体本来のパワーを取り戻しましょう!

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.