エゾウコギって何?サプリメントや健康補助食品で効果的な栄養補助を !お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

エゾウコギって何?サプリメントや健康補助食品で効果的な栄養補助を !

イメージ

エゾウコギって何?

皆さんはエゾウコギってご存知ですか?エゾウコギはその名前の通り、ウコギ科の植物で、主に北海道に自生していることから、エゾウコギと呼ばれています。
ウコギ科と言われても何だか分かりにくいですね。ウコギ科の植物には、ウドやタラノキ、タカノツメなどの山菜として食用にするものと、ヤツデやカクレノミなど庭木などになるもの、そして、オタネニンジン(朝鮮人参)やエゾウコギなどの薬用に使われるものがあります。
エゾウコギは薬用に使われている植物で、滋養強壮、ストレスに効果があるとして注目されている成分なのです。そんなエゾウコギについてご紹介します。

エゾウコギの歴史

エゾウコギは主に北海道に自生している植物です。北海道はその昔、エゾ(蝦夷)と呼ばれていたことからその名前がつきました。エゾウコギは北海道以外でも、ロシアのサハリン州やアムール州、中国の黒龍江省や吉林省にも自生しています。
エゾウコギは1960年代に、朝鮮人参と同じウコギ科の植物であることから、ロシア(当時はソ連)の科学アカデミーが研究を始めました。その後エゾウコギは強壮剤として使われるようになり、1980年のモスクワオリンピックではソ連選手団がエゾウコギを利用していたとして話題になりました。
日本ではアイヌ民族が伝承薬として使っていましたが、後に北海道へ入植した日本人は雑草として抜いてしまい、使わなかったそうです。もったいないですよね。

エゾウコギの成分

エゾウコギはその効果に注目が集まり、研究が進められています。エゾウコギの特徴的な成分は、配糖体(グリキシド)と言われるものです。配糖体とは、ブドウ糖やその他の糖類と、水酸基を持っている有機化合物などが結合した化合物のことをいい、これは朝鮮人参などにも含まれている有効成分です。
エゾウコギの根や茎には豊富な配糖体が含まれており、その成分が身体の活力を高める活性成分としてエゾウコギの薬効になっています。
エゾウコギに含まれる活性成分は大きく4種類に分けられます。リグナン類エテウテロシドE、クマリン類イソフラキシジン・エテウテロシドB1、フェノール類エテウテロシドB、タンニン類クロロゲン酸です。名前を聞いても『???』ですが、これらの成分がたくさんのエゾウコギの効果の元になっているのです。

エゾウコギの効果

では、具体的にエゾウコギにはどんな効果があるのでしょうか。
A・抗腫瘍作用、抗アレルギー作用、殺菌作用、学習能力向上、集中力向上、記憶力回復、性機能改善、降圧作用、βエンドルフィンの分泌促進作用、などがエゾウコギのリグナン類の効果です。
B・鎮静作用、血管拡張作用、抗けいれん作用、などがエゾウコギのクマリン類の効果です。
C・抗ストレス作用、性行動減退防止作用、疲労回復、などがエゾウコギのフェノール類の効果です。
D・過酸化脂肪抑制作用、抗がん作用、肝機能改善作用、胃液分泌促進作用、などがエゾウコギのタンニン類の効果になります。
エゾウコギは即効性のあるものではありませんが、これらの効果で身体の健康を維持して、身体のいろいろな機能を改善、強化してくれるのです。

エゾウコギは「うつ」にも効く!

エゾウコギの効果がたくさんあるのはお分かりいただけたと思います。先ほどの効果の中に、エゾウコギにはβエンドルフィンの分泌促進作用があるとありました。このβエンドルフィンは脳内モルヒネとも呼ばれる物質で、身体が苦痛を感じた時に、その苦痛を和らげるために身体が出す物質です。アスリートの方が言われる『ランナーズ・ハイ』の状態は、このβエンドルフィンの作用のよるものと言われています。そしてそのβエンドルフィンには、免疫機能を向上する働きがあることも分かっています。
エゾウコギによって、このβエンドルフィンの分泌が促進されると、身体の自然治癒力が活性化されます。また、ストレス耐性も強くなりますので、心身症や胃潰瘍(いかいよう)、肌荒れなどにも効果があるのです。それに、ストレスに強くなり、精神的な対応力が高まることで、エゾウコギは「うつ」にも効果があると言われています。
エゾウコギには特に副作用がない、優しい成分です。しかし、人によっては頭痛や不眠などの症状が出る場合があるようです。また、授乳中や妊娠中の方はご利用をお控え下さい。エゾウコギはサプリメントとしてたくさんの商品が出ています。あなたもエゾウコギで健康を維持・増進しませんか?

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.