エキナセアって何?サプリメントや健康補助食品で効果的な栄養補助を !お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

エキナセアって何?サプリメントや健康補助食品で効果的な栄養補助を !

イメージ

エキナセアって何?

エキナセアってご存知ですか?ハーブティーが大好きな方はエキナセアをご存知かもしれません。エキナセアはハーブの1種で、ハーブティーなどにも使われています。
しかし、このエキナセア、ただのハーブではありません。エキナセアには人間の免疫機能を高めて、ウイルスから身体を守ってくれるという優れた効果があるのです。その効果から、エキナセアはハーブティーだけでなく、かなり以前から医薬品やサプリメントにも使われています。そんなエキナセアについて、知っていて損はありませんね!エキナセアについてご紹介します。

エキナセアの基礎知識

エキナセアは北アメリカ原産のキク科の多年草です。エキナセアの別名をムラサキバレンギクと言います。花期は7月から10月頃で紫色の花が咲きます。
エキナセアは古くからアメリカ先住民、ネイティブアメリカンの人々が風邪や伝染病の治療薬として使っていました。エキナセアは19世紀には医薬品として知られるようになり、20世紀初頭のアメリカではエキナセアを含んだ内服薬や外用薬が幅広く使われていました。その後、抗生物質の出現などによりエキナセアの利用は減っていきました。しかし、近年エキナセアの免疫機能の改善に対する効果に注目が集まり、エキナセアは見直されるようになりました。しかも、エキナセアの研究の成果により、エキナセアの用途は広がっているのです。

エキナセアの効果

エキナセアには、人間の免疫力に作用して効果を発揮することが分かっています。エキナセアがさまざまな微生物に対して、身体の免疫力、抗ウイルス力を活性化してくれるのです。エキナセアは、インフルエンザ、ヘルペス、ポリオなどにも効き目があるといわれています。ドイツではエキナセアを医薬品としてインフルエンザの治療に使っているのです。
エキナセアには、インフルエンザ症状の緩和と予防、抗菌作用、抗ウイルス作用、抗炎症作用がありますが、エキナセアが直接作用するわけではなくて、エキナセアが体内のインターフェロンの働きを助け、ナチュラルキラー細胞が腫瘍細胞やウイルス感染した細胞を破壊するのを助けることで効果が生まれていると考えられています。

エキナセアで風邪予防!

風邪は人類にとって、もっとも古く、一番厄介な病気なのかもしれません。大きな病気をすることはなくても、風邪をまったくひいたことがない方はめったにいませんよね。エキナセアはそんな風邪にも効果があるのです。
風邪かな?と感じたときにはすぐにエキナセアの抽出液などをのむと、風邪の症状がすっかり良くなってしまった、と言う声がとても多いのです。すぐに良くならない場合にはエキナセアを2週間ほどのんで、1週間は休む、というサイクルでのむと良いようです。
また、風邪やインフルエンザが流行し出した時から1ヶ月ほどエキナセアを摂っておくと予防になります。病院が苦手な方には朗報ですよね。しかし、エキナセアの効果はあくまで風邪の初期症状に対して効果があるようです。風邪はこじらせては大変です。エキナセアの効果が見られない場合はお医者さまの診断を受けて下さい。

エキナセアは継続的に

エキナセアの効果を得るには継続的にエキナセアを摂ることをオススメします。エキナセアをのむサイクルは、先ほどの風邪の症状と同じです。エキナセアを2週間続けてのんだら1週間はお休みして下さい。これでエキナセアの効果を継続して得ることができます。
エキナセアには大きな副作用はないようですが、たくさん摂りすぎると、まれに下痢を起こすことがあります。また、肺結核や糖尿病の方は、エキナセアを摂ると危険なようです。そんな方は必ずお医者さまに相談して下さい。
エキナセアの免疫力に対する効果については注目されており、今後の研究の成果によっては、更にたくさんの効果が発見されるかもしれません。今後もエキナセアには注目です!

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.