コラーゲンって何? サプリメントや健康補助食品の効果的な栄養補助を!お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

コラーゲンって何? サプリメントや健康補助食品の効果的な栄養補助を!

イメージ

コラーゲンって何だろう?

コラーゲンってご存知ですか?と聞かれると、当然知っているよ、という答えが返ってくると思います。コラーゲンはお肌にとても良いものとして、特に女性には大人気の成分です。コラーゲンたっぷりのお食事、と言われるとつい食べたくなってしまいせんか?では、コラーゲンでどんなもの?と聞かれるとどうでしょうか。コラーゲンが一体どんな成分で、どのようにお肌に良いのか、きちんと説明するのは難しいですね。
コラーゲンとは、私たちの身体の中に一番たくさん含まれているタンパク質なのです。体内のタンパク質の約30%はコラーゲンです。コラーゲンはヒフ、骨、軟骨、腱など身体の結合組織の主要な成分になっています。どうでしょう、知っているようで実はよく知らない、コラーゲンについてご紹介します。

コラーゲンの働き

コラーゲンは身体にとても重要なタンパク質です。コラーゲンが先ほどあげたように身体を結合している元になっています。しかし、コラーゲンの働きはこれだけではありません。
コラーゲンは25歳を過ぎると体内での生成力が落ちていきます。コラーゲンが減っていくと、お肌にはシワが多くなり、毛髪は薄くなります。視力も落ちてしまいます。また、身体の水分を保ち、干からびてしまわないようにする役割もコラーゲンにはあります。コラーゲンは身体の組織の接着剤の役割もあり、細胞の増殖や器官の形成、傷口の治癒促進の働きもあります。それに、コラーゲンは3本のくさり状の繊維がらせん状になった構造をしていて、バネのように伸び縮みするので、骨の強度を増し、お肌のハリとツヤを保つのです。

コラーゲンの効果

コラーゲンの効果といえば、まずは美容効果でしょう。コラーゲンはお肌の新陳代謝を良くするので、お肌のシミをなくし、ハリやツヤを保ちます。コラーゲンはニキビの跡の修復にも効果があります。また、免疫機能を改善する働きもあるので、アトピー性ヒフ炎などのアレルギー症状にも効果があるようです。
コラーゲンは血管の健康を維持するために必要な成分でもあります。コラーゲンが不足すると、血管も弱くなってしまうのです。コラーゲンを摂ることで血管がしっかりするので、心筋梗塞や脳梗塞を予防することができます。また、コラーゲンは骨や関節痛などのケガや病気にも効果的です。ヒザ関節を痛めやすいアスリートにもコラーゲンは人気があります。
コラーゲンには他にも、便秘解消、血圧安定、ダイエット効果、生理不順改善、疲労回復力アップなど、たくさんの効果があります。

コラーゲンを効果的に摂るには?

では、コラーゲンをどのように摂れば効果的なのでしょうか。コラーゲンは料理や化粧品など、いろいろなものに配合されています。目的に合わせた方法でコラーゲンを摂りましょう。
美容効果には、コラーゲンを配合した化粧品や、コラーゲン料理、コラーゲンドリンクなどが効果的です。化粧品に含まれるコラーゲンは体内には入りませんので、ヒフのコラーゲンを増やすわけではなく、外からヒフに潤いを与えてくれます。コラーゲン食品は体内でコラーゲンの生成を促進するので、美容だけでなくコラーゲンの及ぼすいろいろな効果が期待できます。コラーゲンドリンクも同じです。コラーゲンドリンクは体内での吸収力が高く、他の有効成分も同時に摂れるので、とても効果的です。
すでにたるんでしまったお肌を改善するには、コラーゲン注射という方法があります。コラーゲンを直接注射でヒフの奥に入れます。口から摂るよりも即効性があるようです。コラーゲン注射はアメリカなどではメジャーな方法のようですが、日本では少しずつ浸透している状態です。

コラーゲンで身体を健康に!

コラーゲンが多く含まれている食材は、フカヒレ、サケ(鮭)、ウナギ、スッポン、豚足、豚耳、とり皮、手羽先、アンコウ、カレイ、ナマコ、サザエなどです。人間が1日に必要なコラーゲンは約5,000mgと言われています。しかし、食事で摂れるコラーゲンは上記の食材をバランス良く摂っても、約3,000mgから4,000mgです。また、即効性もありませんので、毎日続けて食べることが大事です。とは言っても、食事からだけでは大変なので、不足気味の場合はサプリメントやドリンクでコラーゲンを補ったほうが良いでしょう。コラーゲンには特に副作用があるという報告はありませんが、当然、過剰摂取はダメです。
きちんとコラーゲンを補って、美しいお肌と元気で健康な身体を維持しましょう!


 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.