パウダーチーク − サロンメイクアップ化粧品に負けない!選び方と使い方で美人力アップお役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

パウダーチーク

−サロンメイクアップ化粧品に負けない!選び方

イメージ

パウダーチークをマスターしよう

マスカラやアイメイク、ファンデーションはしっかり使っても、パウダーチークは入れていない。こんな方が多いのではないでしょうか。パウダーチークは意外と軽視されやすいメイクなのかも。それに、パウダーチークを入れる位置が分からない、パウダーチークを入れすぎないか心配、といった悩みも多いメイク方法なのかも知れません。でも、パウダーチークは顔の印象を決める重要アイテムなのです。パウダーチークの使い方はしっかりマスターしておきましょう。

パウダーチーク基本的な使い方

パウダーチークを使いこなすには、まずパウダーチークの基本的な使い方を覚えましょう。まず、ご自分の肌より少しだけ暗い色のベージュ・ブラウン系のシャドウを、こめかみより少し下、髪の生え際にかぶる位に軽く乗せます。少し色付く程度に乗せて、顔に立体化を出します。次にホホ骨にそってパウダーチークを乗せます。大き目のブラシを使って、下から上へパウダーチークを乗せて下さい。仕上げに、ホホにパウダーチークを乗せます。パウダーチークを2回くらいブラシで軽く乗せて下さい。ほんのり、色付く程度にササっとパウダーチークを乗せましょう。

パウダーチークを使うときの注意点

パウダーチークの色を選ぶ時は、肌が白い方はピンク系のパウダーチーク、少し暗めな肌の方はオレンジ系のパウダーチークをオススメします。パウダーチークを使う時に、特に注意することは、パウダーチークを薄付きにするということです。パウダーチークの色を付け過ぎたり、何度も重ねて付けたりするとせっかくのパウダーチークが逆効果になってしまい、顔色を良くするはずのパウダーチークが、顔色を悪くしてしまうことになってしまいます。

パウダーチークで小顔効果

パウダーチークには、顔を小顔に見せる効果があります。小顔効果パウダーチークメイクの方法は、まずブラシにとったパウダーチークを一番高いホホ骨の部分を中心に、こめかみから小鼻のラインに、ほんのりと色付く程度に乗せます。そして、もう一度ブラシにパウダーチークを取り、ホホ骨の一番高いところに乗せます。そのブラシのまま、続けて目尻の上からこめかみのラインにパウダーチークを入れます。この時、パウダーチークを入れるホホ、目尻、眉尻のラインは平行にして下さい。そうすることで顔全体がリフトアップされた印象を与えます。

パウダーチークいつもと違う演出を

パウダーチークには小顔にみせる効果だけではありません。パウダーチークには肌のくすみを消す効果もあります。今まであまりパウダーチークを使っていなかったという方は、この機会にぜひ使ってみて下さい。パウダーチークをほんのひと塗りしただけでも、顔色を明るくしてくれて、いつもと違う印象を演出してくれますよ。パウダーチークには、貴女をキレイにしてくれる、美人力をアップしてくれる効果があるのです。


 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.