アイライナー  − サロンメイクアップ化粧品に負けない!選び方と使い方で美人力アップお役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

アイライナー

サロンメイクアップ化粧品に負けない!選び方と使い方で美人力アップ

イメージ

アイライナーは難しい!?

皆さんはアイライナーを上手に使えていますか?アイライナーの使い方は思いのほか難しくて、メイクの中でも特に練習が必要かもしれません。プロのメイクアーティストでも、アイライナーはテクニックが必要だと言われているのです。しかし、だからと言ってアイメイクを諦めてはいけません。目の印象はアイライナーの使い方ひとつで変わってしまいます。つまり、顔の印象がアイライナーで変わってしまうということなのです。ここでは、アイライナーについてご紹介します。

アイライナーの基本的な使い方

アイライナーを使い慣れない初心者の方は、まずペンシルタイプのアイライナーから始めましょう。鉛筆を使うようにアイライナーを使えるので、アイラインがひきやすくなります。基本的には、アイライナーをまつ毛の生え際のすき間を埋めるようにひいていきます。ここにアイライナーをひいて色を入れるだけで、かなり目元がハッキリします。次に、目に合わせてアイライナーの太さを決めます。例えば、目をパッチリと見せたい時はアイライナーを太めにします。アイライナーの太さは顔全体のバランスを取ることで決めて下さい。それから、アイライナーの太さは均一になるようにして下さい。最後にアイライナーを綿棒などでぼかして完成です。

アイライナーでキュートな丸い目

アイライナーのひき方で目の印象は大きく変わります。特に一重の方はアイライナーで大きく変わるのですよ。では、キュートな丸い目になるアイライナーのひき方をご紹介します。
まず、アイライナーを基本通りにひきます。そのアイライナーのラインを基準にして、黒めから目尻にかけてラインを太くします。目尻側は目の丸みにあわせて少し太めに書き下ろします。アイライナーの横幅を出すために目尻のまつ毛の終わりから外側に2、3mm長めに書きます。次に、太めにひいたアイライナーをグラデーションになるように綿棒でぼかします。下まぶたもアイライナーラインを優しい印象になるようにぼかします。全体的に少したれ目に見えるように下げ気味でアイライナーをひくのがポイントです。

アイライナーで切れ長クールな目

次に、アイライナーで切れ長クールな目、クールアイラインメイクの方法をご紹介します。まず、アイライナーを基本通りにひきます。そして、アイライナーラインを基準にしてラインを太くしていきます。目のカーブに合わせて少しずつアイライナーを足しながら、目尻の方へ行くほどに太くしていきます。目尻のカーブから外側に合わせて1、2mm長めにアイライナーをひきます。この時、目尻を下げないように書きましょう。次に、綿棒を真ん中から左右に動かしてアイライナーをぼかします。下まぶたのラインは、黒目の始まりを細めに、目頭に近づくにつれてまぶたの内側になるようにアイライナーをひきます。上下のアイライナーの幅が平行になるような気持ちでひくことがポイントです。

アイライナーで美人力アップ

どうですか、アイライナーの使い方について少しお分かりいただけましたか?目は人それぞれ形や大きさが違いますので、一概にアイライナーの使い方はコレ!とは言えませんが、基本的な使い方を知っておくと便利です。自分の目に合ったアイライナーの方法、顔の印象に合ったアイライナーを知ることも大事ですね。アイライナーにはカラーもたくさんの種類が発売されていますので、お好みに合ったカラーのアイライナーを選んで下さい。その日に見せたい印象に合わせたカラーのアイライナーを選ぶのもアリですね。アイライナーを上手に使って、美人力アップです!

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.