アイブロウ  − サロンメイクアップ化粧品に負けない!選び方と使い方で美人力アップお役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

アイブロウ

サロンメイクアップ化粧品に負けない!選び方と使い方で美人力アップ

イメージ

アイブロウで美人度アップ

アイブロウはメイクアップの中でも基本中の基本のメイクです。アイブロウは顔の中でも特に目立つパーツ「眉」のメイクなのですから。しかし、「難しい」「上手くいかない」と一番悩んでいる人が多いのもアイブロウではないでしょうか。自分が作りたい形にアイブロウをしたいのに、気がつくととんでもない形に…、なんて経験ありませんか?でも、ちょっとしたコツをつかんで、きちんとアイブロウすれば、他のメイクアップよりずっと美人度がアップするのです!

アイブロウは自由自在

アイブロウは苦手でイヤだ!という方には、一度考えて欲しいのです。自分の顔のパーツの中で、一番手軽に形を変えることができる所はどこでしょうか。そう、眉です。その他の部分の形はそれこそ整形手術が必要です。だからこそ、アイブロウが美人力アップのキーなのです。アイブロウのテクニックを身につけないのは損ですよ。アイブロウには、定期的に眉を整える作業と、毎日眉を描く作業があります。まずはそこからアイブロウに取り掛かってみましょう。

アイブロウアイテム

アイブロウはペンシルタイプのアイブロウか、パウダータイプのアイブロウを使う方が多いです。実はアイブロウは他の化粧品ほどアイテム数が多くありません。買い換えせずに、自分に合ったアイブロウを使い込む方が多いようです。
ペンシルタイプのアイブロウは、誰でも簡単に眉のラインを描けるのが最大の特徴です。アイブロウの先がとがっているので、くっきり、はっきり描けます。パウダータイプのアイブロウは、全体的に自然な仕上がりにすることができますが、キレイなラインを描くには少しテクニックが必要です。また、商品によっては両方が付いたタイプのアイブロウもあります。

アイブロウを始めよう

アイブロウの手始めは、眉のお手入れからです。まずは自分の眉をじっくり観察してみましょう。顔全体のバランスで眉のフォルムを決めます。アイブロウのガイドラインが決まったら、ガイドラインから外れた眉毛を抜きます。カットしたり、剃ったりするより抜いた方がキレイです。
次に、ブラシで毛流に沿って形を整えます。ペンシルタイプのアイブロウかパウダータイプのアイブロウを使って、眉から眉尻に向かって描きましょう。眉尻は小鼻と目尻を結ぶ延長線上にして、眉の頭と同じ高さにします。
そして、眉の薄い部分を1本1本植え込むように、毛流に沿って描いていきます。描いた線が不自然にならないように注意しましょう。もし不自然になったらブラシでぼかし、なじませます。これでアイブロウ完成です。

アイブロウで美人力アップ

これは、基本的なアイブロウの方法です。実際には自分の顔に合った方法を見つけていく必要があります。一つポイントですが、アイブロウの色には注意しましょう。最近はヘアカラーリングをしている方がほとんどです。アイブロウの色とヘアカラーの色があまりにもちぐはぐでは美人が台無し。髪の色が明るいからといって明るすぎるアイブロウの色は印象が薄れるのでオススメしませんが、自分の髪に合ったアイブロウの色を考えてみて下さい。
どんなに忙しい朝も、アイブロウだけは忘れないように!アイブロウで美人力アップです。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.