スキンケアコンシーラー コンシーラー −美白健康美人は基礎化粧品の使い方の名人!お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

スキンケアコンシーラー  

−美白健康美人は基礎化粧品の使い方の名人!

イメージ

コンシーラーで悩み解消

自分のお肌に自信がある!という方でも、全く悩みがない方はほとんどいないのではないでしょうか。お肌のシミ、くすみ、ニキビの跡などなど、女性のお肌の悩みは尽きないものです。そんなお悩みの方には、コンシーラーがオススメです。コンシーラーはファンデーションだけではむずかしいお肌の悩みをカバーしてくれます。しかも、コンシーラーはお肌の一部分をピンポイントでカバーしてくれるのです。そんなコンシーラーについてご紹介します。コンシーラーを上手に使えばお悩み解消です。

コンシーラーの特徴

コンシーラーはシミやソバカス、くすみなどのお肌の大敵となる色素の沈着を隠すためのアイテムです。コンシーラーとは、英語で「コンシール=隠す」という言葉から来ています。コンシーラーはまさに余分なものを隠してくれる重要なコスメアイテムなのです。コンシーラーはカバー力を出すために、通常のファンデーションよりも密着性が高く、顔料が多めに含まれています。つまり、使い方を間違えるとベッタリとした厚塗りになってしまい、くずれやすい面もあります。コンシーラーはあくまでサブアイテムとして使った方が良いでしょう。

コンシーラーの選び方

コンシーラーには、スティックタイプのコンシーラー、ブラシタイプのコンシーラー、リキッドタイプ、クリームタイプ、ペンシルタイプとさまざまなタイプがあります。スティックタイプのコンシーラーは固めなので、シミのカバー向きです。ペンシルタイプはニキビの跡など、ピンポイントのカバー向きです。クリームタイプ、リキッドタイプのコンシーラーは特にカバー力が高いのが特徴です。また、コンシーラーを選ぶ時には、目的やお肌の色に合わせたコンシーラーを選ぶ必要があります。例えば、シミが気になる方はファンデーションと同色か少し暗い色のコンシーラーを選んで下さい。その方がシミを隠してくれます。

コンシーラーの使い方

次に、コンシーラーの使い方です。コンシーラーの種類によって使い方は異なります。クリームタイプのコンシーラーは、コンシーラーを指に少しずつ取ってシミやニキビ跡の上に重ねづけします。一度にコンシーラーをつけると浮いてしまうことがありますので気を付けて下さい。スティックタイプのコンシーラーは、お肌の気になる所にトントンと叩き込むようになじませます。コンシーラーを塗る順番ですが、ファンデーションのタイプによって違います。パウダーファンデーションの場合は、コンシーラーを先に塗ります。リキッドやクリームファンデーションの場合は、ファンデーションの後にコンシーラーを塗ります。この場合はコンシーラーを厚く塗らないように気をつけましょう。厚化粧の印象が強くなります。

コンシーラーで美白美人に

コンシーラーは、コンシーラーのタイプやお使いのファンデーションのタイプによって使い方が違う点には注意をして下さいね。せっかくコンシーラーでお肌の気になるところカバーしても、逆に厚ぼったく見えたり、すぐに化粧崩れしてしまったりしては元も子もありません。どんなメークアイテムでもそうですが、お肌に合ったものを選ぶ事と、使い方を間違えては台無しです。でも、コンシーラーは上手に使えば優れたアイテムには違いありません。ぜひ一度コンシーラーを試してみて下さい。


 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.