背中のにきび
saicoro Produce by saicoro Site update contents

背中のにきび

背中のにきびはどうしてできるの?

にきびができる所とは、皮脂が出やすいところで、鼻とその周辺・額・胸・背中の中心線沿いに集中しています。 そういえば、そんな場所ににきびをもった人が多いですよね。 にきびはこの皮脂腺の集中しているところに 出来やすくなっています。 これらの部分の毛穴の中に皮脂が詰まり、それをエサとしたアクネ菌が繁殖し、 皮膚が炎症反応を起こしてしまった状態をにきびとよぶ皮膚の病気の一種です。  背中などに汗をかいたままにしていると、菌が繁殖しやすくなり、背中ににきびが出来やすくなります。  にきびを防ぐ為には、化学繊維の下着や、締めつけの強いブラジャーを使うと汗がたまりやすなり、 良くありません。 髪を洗ったあとのリンスが背中に付着し、落としきれずに毛穴を塞ぎ、にきびの原因と なることもあるので注意してください。

背中のにきびを防ぐお風呂の入り方

背中のにきびをなくす【その1】 十分にお風呂の湯船につかり、毛穴を開かせる!   ゆったりと湯船につかり、蒸気を浴びることによってにきびの毛穴は自然に開きます。毛穴が大きく開いた状態でていねいに洗うことが大切です。
背中のにきびをなくす 【その2】 うつむいた状態で洗い、シャンプーやリンスなど、髪を洗い流すお湯は背中のにきびに大敵。
背中のにきびをなくす 【その3】 洗う順番が大切。 髪を洗ってから、背中、顔を洗うように徹底する! シャンプーやリンス、整髪料、などを洗い流すお湯は、にきびの直接の原因となります。 背中に不要な物を残すことはにきびを残すことと同じです。
背中のにきびをなくす 【その4】にきびがある場所に熱いお湯は禁物。 毛穴が開いた所に背中を洗い、熱いお湯で流すと、必要な皮脂も取り去ってしまい、肌は乾燥し、背中のにきびにも悪影響をもたらします。ぬるま湯、または毛穴を引き締めるために冷たい水で背中を洗い流しましょう。
背中のにきびをなくす 【その5】 にきびのある背中を強く洗うのは、逆効果です。 これはダメ。 必要以上に皮脂を取り、乾燥する原因になるとともに、背中のにきびを傷つけたり、悪化させたり、シミのようなにきびの跡ができる事にもなる可能性があります。

背中のにきびを防ぐビタミンB2のちから

ビタミンB2は、にきびにはとても重要で、脂質、糖質などを効率よく代謝するのに不可欠のビタミンの一つです。 また、細胞の再生・成長の促進や、粘膜保護など多くの働きを持ちます。 ビタミンB2が不足するとにきびだけでなく、 口内炎、口角炎、目の充血、角膜炎などを起します。 この症状がある人はビタミン欠乏症が原因の皮脂の 過剰分泌がニキビの原因である可能性が大いに考えられます。 ビタミンB群は水溶性ビタミンなので、 大量摂取の副作用はないとされています。 にきびやにきび跡の改善にも効果が期待されるビタミンなので、 医局処方のビタミン剤やサプリメントなどを利用して積極的な摂取をお薦めします。

背中にきびのケア

背中にきびなど身体にできるにきびは色素沈着(シミ)をひき起こします。 背中ににきび跡が一生残ってしまうというやっかいな特徴があります。 また、背中にきびはその発生の場所が自分ではなかなか発見しずらく、ケアも難しい為、できれば生活習慣の改善と共に専門医の治療も仰ぐのが、結局近道になる場合も多いようです。

Copyright (C) 2005 saicoro. All Right Reserved.