転職情報支援  -セールスエンジニア(SE)のキャリアを活かして就職する-お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

転職情報支援

-セールスエンジニア(SE)のキャリアを活かして就職する-

イメージ

セールスエンジニア(SE)からの転職の前に

セールスエンジニア(SE)とはどのような仕事なのか。これはセールスエンジニア(SE)を経験したことがある人なら誰でもわかっていることです。
しかしセールスエンジニア(SE)を経験して身についたことなどは、実際に振り返ってみないと気づかないことがあります。
セールスエンジニア(SE)として当たり前のことなので、あらためてまとめてみないと気づかないこともあります。
セールスエンジニア(SE)のキャリアを活かして就職するならば、まずは自分がどのような能力をもっているのか再確認して下さい。

セールスエンジニア(SE)のキャリア

セールスエンジニア(SE)は、技術的な専門知識を備えた販売員です。セールスエンジニア(SE)はいわゆる技術営業と呼ばれており、営業と技術分野の両方の特徴を持っています。
セールスエンジニア(SE)として働いているうちに、顧客からの要望を聞き出して迅速に対応できる能力が身につきます。これは他の仕事をする時にも必要とされる能力です。
セールスエンジニア(SE)はただ営業をすれば良いわけではありません。取り扱う商品に対しての技術的知識もなければ、セールスエンジニア(SE)として成立しません。
自分の取りあつかうものに対しての知識と、営業としての能力が備わっています。

セールスエンジニア(SE)のスキ

セールスエンジニア(SE)のスキルは、その人がどのような商品を取りあつかってきたかで変わります。セールスエンジニア(SE)だからといって、全ての人が同系統の知識を持っているわけではありません。
セールスエンジニア(SE)のキャリアを活かして就職する場合、この知識が志望する職種と同じ方向性なのかも重要です。
セールスエンジニア(SE)から全くことなる職へ転職する場合、知識によるアドバンテージはなくなります。しかしセールスエンジニア(SE)での営業経験は、他のどのような仕事でも有効なスキルです。

セールスエンジニア(SE)の経験で得られるもの

セールスエンジニア(SE)を通して得られるものは柔軟さです。
技術的な知識だけならただのエンジニアですが、その知識に顧客対応・営業によるコミュニケーション能力などが加わります。
セールスエンジニア(SE)として自分がどのように仕事をしてきたのか、必要知識を得るためにどのような努力をしてきたのか、これはセールスエンジニア(SE)からの転職において重要なアピールポイントです。
セールスエンジニア(SE)は技術者と顧客の間を取りもつ重要な仕事です。双方の要望を無理がないレベルでまとめあげる能力が求められます。
セールスエンジニア(SE)の経験で得られるものは、小さなものではありません。

セールスエンジニア(SE)のキャリアを活かして就職

セールスエンジニア(SE)は通常の営業や技術職にくらべて、柔軟な能力が必要とされます。それぞれの分野では専門職に劣るところがあっても、それらを組みあわせて活用できるのはセールスエンジニア(SE)だけです。
セールスエンジニア(SE)を経験した人が転職を考えているのなら、この能力をアピールすると効果的です。頭がかたい人間よりも柔軟さを持った人間を企業は求めています。
自分がセールスエンジニア(SE)としてどのように活躍してきたのかをまとめ、それがどのように貢献につながるかを営業して下さい。
これこそがセールスエンジニア(SE)のキャリアを活かして就職をするための第一歩になります。
ぜひ、いい転職を実現させて下さい!

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.