緑内障ってどんな病気??緑内障の治療法は??
saicoro Produce by saicoro Site update contents

緑内障の症状と治療

緑内障とは?

緑内障とは、眼球の内圧が異常に高くなるために、視神経が障害されて、しだいに視力が低下してくる病気です。 緑内障は加齢にともなっておこりやすくなり、40歳以上の日本人の20人にひとりは緑内障との調査結果があります。 しかし、緑内障の症状に気づいていない人も多く、緑内障が日本における中途失明の原因の第2位であるであることからも、その対策は重要といえます。

緑内障の原因は?

眼球が、その形を保ち、ものを見るという機能を正常に維持するためには、 一定の眼圧に保たれることが必要です。この眼圧は房水と呼ばれる液体 によって10〜21mmHgに保たれています。房水は毛様体で作り出され、 水晶体のまわりを流れ、隅角と呼ばれる出口から眼球の外へ出て行きます。 緑内障は、ほとんどが隅角の問題によっておこります。 緑内障になると、隅角を虹彩の根元がふさぐ閉塞型と、隅角の排出路の機能に異常がおこる開放型とがあって、いずれも房水がうまく流れ出ずに、眼球内にたまるため眼圧が上がります。この他に緑内障には、眼球の先天的な発達異常による先天性緑内障、眼圧は高くても目の機能に異常がない高眼圧症、眼圧は正常なのに目の機能が低下する低眼圧緑内障があります。また、これらの緑内障の発症には、ストレス、精神的不安、興奮などが関わっていることがしばしばあるため、緑内障は情緒病として知られています。

緑内障の症状は?

緑内障の種類によって症状は異なります。
◆閉塞隅角緑内障
閉塞型の緑内障は、急に頭痛、眼痛、吐き気、嘔吐がおこり、食中毒、高血圧症などと間違えやすいため、初期の治療が遅れて失明にいたることがあります。閉塞隅角緑内障では、結膜(白目)が赤く充血し、角膜も濁り、瞳孔も大きく開き、視力も低下してきます。
◆開放隅角緑内障
開放型の緑内障は、徐々に進行し、目が疲れやすい、目がかすむ、頭が重い、電灯のまわりに虹が見えるという症状から、しだいに視力が衰え、視野も狭くなってきます。
◆先天性緑内障
先天性の緑内障は隅角のつくりが、生まれつき不十分なためおこるもので、乳幼児や若い人におこります。乳幼児の場合は、眼球の外膜に弾力性があるため、眼圧が高まるとその膜がのび眼球自体が大きくなります。正面からみると、角膜が大きくなり牛の目玉のように見えるので牛眼とも呼ばれています。

緑内障の予防と治療

緑内障を自覚した場合は、まずは眼科での受診をお勧めします。 眼科の医師と緑内障の治療方針について良く相談の上、治療をして下さい。 緑内障の治療法について納得がいかなかった場合には、 他の眼科の医師に尋ねてみるのも一つの方法です。
緑内障は、時間が経つほど治りにくくなるので、急性の緑内障の発作がおきた場合はすぐに治療を行い、眼圧を下げる必要があります。
緑内障の治療は、薬を使って眼圧を下げますが、十分に効果が出ない場合は、手術やレーザー治療を行います。自分ひとりで緑内障について悩み、長く悩んでしまったために緑内障の症状が進行するよりも、まずは眼科の医師に相談することが大切です。
緑内障は、早期発見が大事ですので、眼科での定期的な検査(緑内障ドック)が一番の予防法です。緑内障は、眼圧測定だけではわからないため、眼底検査、視野検査などが必要となります。また、緑内障は、ぶつかって眼圧が上昇する場合や生まれつきでない場合には、生活習慣(糖分の摂りすぎ、血液がドロドロ、眼精疲労、ストレス、運動不足など)
と何らかの関係があるのではないかと考えられているので、緑内障を治療・予防には、生活習慣の見直しや栄養補助食品などによるケアが重要です。
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.