旅行業務取扱管理者の試験と受験 その資格を得るために!お役立ち情報。

saicoro Produce by saicoro Site update contents

旅行業務取扱管理者の試験と受験 その資格を得るために!

イメージ

旅行業務取扱管理者とは?

旅行業務取扱管理者とは、国土交通大臣が認定する旅行業界唯一の国家資格です。旅行業者は各営業所に旅行業務取扱管理者を1名以上配置することが義務づけられています。旅行業務取扱管理者には2種類あり、総合旅行業務取扱管理者と国内旅行業務取扱管理者とがあります。旅行という商品は実物では見えないため、政府が安全に旅行をサービス提供するために義務づけた資格が旅行業務取扱管理者となります。難しいようですが旅行業務取扱管理者は非常に重要な資格なのです。

旅行業務取扱管理者試験の概要

旅行業務取扱管理者の試験には特に必要となる受験資格はなく、誰でも受験できます。試験は国内旅行業務取扱管理者が9月で総合旅行業務取扱管理者が10月と、それぞれ年1回のチャンスとなっています。合格率は国内旅行業務取扱管理者が平均30%で、総合旅行業務取扱管理者が15%くらいと、難易度は非常に高くなっています。旅行業務取扱管理者の合格ラインは60%以上となっており、国家資格だけありやはり多少なりとも厳しい設定になっています。旅行業務取扱管理者は挑戦しがいのある資格と言えるでしょう。

旅行業務取扱管理者の必要性

旅行会社では法律によって、1名以上の旅行業務取扱管理者の在籍が義務付けられているので、旅行業界に進みたい人にとっては、大変有利な資格です。また旅行業務取扱管理者の資格は転職、就職の際にも有利に働きます。旅行業務取扱管理者は資格取得自体も難しいため非常に高く評価される対象になるでしょう。旅行業務取扱管理者は旅行会社を目指す人にとっては非常に有効であり旅行業務取扱管理者の資格が人生を左右するという結果にもつながるかも知れません。

旅行業務取扱管理者の勉強期間

旅行業務取扱管理者は簡単な資格ではなく、一般的に5〜6ヶ月の集中的な学習が必要とされます。旅行業務取扱管理者通信コースでも12ヶ月の受講期間を設けている点からも合格までの道のりは決して楽でないということがわかるでしょう。旅行業務取扱管理者になるにはやはり集中的な勉強が必要であり旅行業務取扱管理者を本気で目指すには学校や通信講座で旅行業務取扱管理者を徹底的に学ぶ必要性があります。旅行業務取扱管理者になるにはそれ相応の覚悟が必要かも知れません。

旅行業務取扱管理者の資格を、働きながら取得したい人は

旅行業務取扱管理者の資格を働きながら取りたい人は大勢いると思います。すでに旅行会社に勤めている人は、もうすでに上司から旅行業務取扱管理者取得を言い渡されているかもしれません。旅行業務取扱管理者は独学では少し厳しい資格です。そこで活躍するのはやはり旅行業務取扱管理者通信講座でしょう。12ヶ月のあいだ、仕事をしながらでも旅行業務取扱管理者の基礎から学ぶことができ、自分自身を追い込むこともできます。旅行業務取扱管理者取得を検討している方は通信講座から始めてはいかがでしょうか?

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.