転職情報支援 -ルートセールスのキャリアを活かして就職する-お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

転職情報支援

-ルートセールスのキャリアを活かして就職する-

イメージ

ルートセールスから転職

ルートセールスは営業の基本です。営業にはさまざまな形態がありますが、ルートセールスは得意先回りがメインとなるので、新規開拓の負担が少ないのが特徴です。
ルートセールスは営業として基本的なことですが、この基本ができていれば他の仕事でもじゅうぶんにやっていけます。
ルートセールスで基本的なことをしっかりと身につけていれば、あとは知識・技術・やる気次第でさまざまな職種に転職することができます。
今まで自分がルートセールスで何を学んだのかを再確認して下さい。

ルートセールスで求められるスキル

ルートセールスに求められるスキルはでもっとも重要なのはコミュニケーション能力です。ルートセールスに限らず、営業職にまず社交性が求められるのです。
コミュニケーション能力は、どんな仕事をしていても求められるものです。ルートセールスではこの重要な能力を鍛えることができます。
ルートセールスはただ社交性があるだけではいけません。顧客の要望や不満点を聞き、その上でこちらの要望を通す交渉力が必要になります。
ルートセールスではこれらのスキルが自然と身につきます。それは他職種への転職をする時にも必ず役にたつものです。

ルートセールスでの経験を活かす

ルートセールスでは社交性と交渉力が身につきますが、その他にも色々な人脈ができることもあります。ルートセールスをしている中で特に親しくなれた人とは、仕事意外でも付き合いが出てくることもあります。
これはそんなにひんぱんにあることではありませんが、そういう人を伝って思わぬ所から仕事が見つかることもあるのです。
ルートセールスは新規開拓営業に対して控え目ですが、自分を売りこむのが基本です。これは転職をする時の面接試験をはじめ、さまざまな所で活きてきます。
ルートセールスの経験を活かして別な仕事をするというだけでなく、ルートセールス経験を活かせば試験の時にも他の応募者より優位にたてることがあります。

ルートセールスから何をしたいのか

ルートセールスから転職をすると言っても、まず具体的に何をしたいのかを明確化する必要があります。ただルートセールス以外の仕事がしたいというだけでは、アピールとしてはとても弱くなります。
何をしたいのかが明確化されたら、今度はそれを達成するために何が必要になるかが見えてきます。そこからはじめてルートセールス経験から役立てるものがわかるようになります。
ルートセールスは営業の基本であり、営業職経験はさまざまな場所で活用できます。自分がルートセールスをしてきて何を見聞きしたのか、そこから何をしたいと思ったのかを再確認してください。


ルートセールスのキャリアを活かして就職

ルートセールスをどれだけの期間続けていたのかにもよりますが、その経験は決して無駄なものではありません。ルートセールスのキャリアを活かして就職することは、難しいことではありません。ただしルートセールスとしてどのようなことをしてきたのかは重要です。
ただそれをしていたのではなく、そこでどのようなことを学び、成し遂げてきたのかが重要なことです。ルートセールスという仕事をしてきた自分を振り返り、胸をはってルートセールスをしてきたと言えるなら、次の就職も簡単に決まるはずです。ぜひ、いい転職を実現させて下さい!

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.