プラセンタって何?サプリメントや健康補助食品の効果的な栄養補助のお役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

プラセンタって何?

サプリメントや健康補助食品の効果的な栄養補助を!

イメージ

プラセンタって何だろう?

サプリメントや化粧品で耳にしませんか?プラセンタ。いったい、プラセンタってなんなのでしょう。
プラセンタとは、英語でPLASENTA、「胎盤」という意味です。そう、赤ちゃんがお腹の中にいる時、臓器の機能が充分でない赤ちゃんのために、栄養をあげるためのものです。哺乳類の多くは、生まれた直後に自分の胎盤を食べるのです。栄養豊富な胎盤を食べて産後の体力回復を図るためだそうです。もちろん、私たちが言うプラセンタとは胎盤そのものではなく、胎盤から細胞分裂を促進する成長因子(グロースファクタ)や、その他の栄養素を抽出したもののことをプラセンタといいます。

プラセンタは昔から使われていた

実は、プラセンタの歴史はとても古く、紀元前「医学の父」といわれたヒポクラテスがプラセンタを治療薬に使っていたり、秦の始皇帝がプラセンタを「不老長寿の媚薬」として使っていたりしたという記録も残っています。他にも、クレオパトラやマリーアントワネットも美容や若返りに使っており、戦時中には負傷した兵士の傷を治すのにも有効だとされていました。
プラセンタの語源は、古代ローマ人がパンのように食べていた丸いお菓子をプラセンタと呼んでおり、その形が胎盤と似ていることから胎盤=プラセンタとなったようです。プラセンタは今のように科学や医学が発達するはるか昔から使われていたのです。

プラセンタの効果

プラセンタは、最近特に美容にその効果が認められています。プラセンタの使用により、美肌効果、シミ、シワ、にきび、アトピー、乾燥肌、敏感肌には高い効果が認められています。また、ホルモンバランスを整える効果があり、プラセンタによる更年期障害治療は各種の健康険も適用されます。
その他にも、血行を良くしたり、免疫を高めたり、二日酔い、疲労回復、生理不順、歯肉炎、胃潰瘍、リウマチなどなど、一見まったく関係ないような病気にもその効果が発揮されます。病気以外にも、最近よく問題になる「ストレス」にも効果があり、ストレス耐性を向上させたり、うつ状態をの緩和させたりなど、プラセンタはメンタルヘルス面でも強い味方になります。

なぜプラセンタは効くの?

昔から使われてきたプラセンタですが、なぜそれほどいろいろな効果があるのでしょうか。
先ほど述べたように、プラセンタは胎盤を指します。赤ちゃんは母親の胎内で爆発的は細胞分裂を起こし、成長します。そこには、胎盤による「成長因子」が大きな役割を果たしているのです。その「成長因子」がプラセンタの効能の理由なのです。
現代では技術の進歩により、プラセンタの有効成分を安全に抽出ができるようになりました。研究により、プラセンタが単なる栄養成分ではなく、「成長因子」により細胞分裂を適切にコントロールする成分が含まれていることが分かっています。人間は細胞の集まりです。適切な細胞分裂は細胞をリフレッシュさせ、肌をきれいにしたり、やる気を出したり、いろいろな効果につながっているのです。

プラセンタのサプリメント

治療の場合のプラセンタの使用方法は、注射、点滴、錠剤の服用などが主流になります。しかし、もっと気軽なサプリメントを利用してはどうでしょうか。プラセンタをサプリメントで摂取すると、注射や点滴などに比べるとどうしても即効性は落ちるのですが、サプリメントは続けて摂取することができますので、その効果も期待できます。他のサプリメントと一緒に飲んでもかまいません。最近はプラセンタドリンクも発売されています。ドリンクは吸収率が良いですよ。プラセンタサプリメントは通販などで購入できます。お肌が気になる方、ちょっとお疲れ気味の方、ぜひプラセンタサプリメントを飲んで、プラセンタパワーをつけましょう!!

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.