骨盤ベルトの効果と使い方、商品など、骨盤ベルトのお役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

骨盤ベルトの効果と使い方

イメージ

骨盤ベルトの効果

骨盤ベルトは、骨盤の歪みを元通りに治すことで、身体に様々な効能を与えてくれる矯正ベルトです。
骨盤ベルトで矯正しないといけないほど骨盤がズレてしまう理由は、様々にあります。
立ち方、歩き方、座り方が悪かったりすることが原因になることもあれば、筋肉が衰えて骨盤が開いてしまうこともあります。女性の場合は、出産も大きな原因のひとつです。
骨盤がズレていると、肩こりや腰痛、生理痛、冷え性、耳鳴り、頭痛といった様々な不快症状が出るばかりか、背骨や頚椎のゆがみにもつながります。
骨盤ベルトを使わず、整体などの手技でも骨盤矯正はできますが、時間が経つとまたズレてしまうことが少なくないようです。骨盤ベルトを使って、継続的に歪みを矯正していくことが重要なのです。骨盤ベルトといっても、近年は色々なタイプのものがあります。自分に合った骨盤ベルトを選んで試してみることをオススメします。

骨盤ベルトの使い方

骨盤ベルトとひとくちにいっても、現在市場に出回っている商品はたくさんあります。
ただ単に腰に巻いていればいいのかというとそうではなく、骨盤ベルトは正しく使うことで効果を発揮してくれるものです。
骨盤ベルトを使う時には、しっかりと使い方を頭に入れておかないと、せっかくの効果の高い骨盤ベルトも意味がなくなってしまいます。
骨盤ベルトは、たくさんの商品がありますが、用途は同じなので、商品が違うからといって使い方が大きく異なるということはないはずです。
骨盤の歪みを治すのが目的なのですから、骨盤が安定するように巻くのが一般的な骨盤ベルトの使い方です。
太ももの後ろのお尻との境界あたりに骨盤ベルトをあて、少し引っ張り気味に巻いていくと、上手に巻くことができるようです。
購入した骨盤ベルトの説明書を見れば大体わかるはずですが、うまくいかない時には整体院などで教えてもらうと良いでしょう。

骨盤ベルトの注意点

骨盤ベルトを使って骨盤の歪みを矯正すると、腰痛や肩こり、耳鳴り、頭痛、女性であれば生理痛や冷え性などの不快な症状を解消する効果を期待できます。
他にも、O脚の矯正やむくみ、産後太りの解消などにも骨盤ベルトは効果があるとされており、ネット通販などでも骨盤ベルトの売行きは上々のようです。
しかし、体に良い作用を及ぼす骨盤ベルトも、使い方を誤ると、反対に体に悪い影響を与えてしまうことがあります。
骨盤ベルトを使用する時には、巻く時のキツさ、サイズなどは、自分に合った状態にすることが大切です。
骨盤ベルトは、巻き方を間違えると、効果がないばかりでなく、内臓を圧迫してしまう可能性もあるため、説明書をよく確認したり、医師や整体師に確認するなどして、必ず正しく使うようにしましょう。
また、産後に骨盤ベルトを使用する方は、必ず担当医に使用開始の時期を相談することが重要です。

骨盤ベルトを選ぶには?

骨盤ベルトには、たくさんの種類があります。
骨盤の部分のみを締めるものや、腰の部分に巻くもの、下腹部のあたりも併せて巻くものなど、骨盤ベルトはそのタイプも様々です。
たくさんの骨盤ベルトの中から、自分に合ったものを選ぶのは、なかなか大変なことです。
使い勝手が悪いというような「合わない」であればまだいいのですが、体に合わない骨盤ベルトを使ったり、巻き方を間違えると、締めすぎによる尿漏れなどのトラブルが起こります。
体に良いはずの骨盤ベルトが、反対に体の調子を悪くしてしまうことになります。
整体目的であれば整体院や整形外科、産後ダイエットが目的であれば産婦人科の担当医や助産師に、自分に合う骨盤ベルトと、巻き方のアドバイスを受けることをお勧めします。

骨盤ベルトで話題の商品

骨盤ベルトの効果が、様々なメディアで紹介されています。
健康系の情報を発信する雑誌やテレビ、それにインターネットでも、骨盤ベルトの情報を検索すると、たくさんのクチコミや効果の紹介がヒットします。なかでも『骨盤ウォーカーベルト』は試してみる価値アリといえそうです。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.