お宮参りのこと、これ見りゃばっちり!
saicoro Produce by saicoro Site update contents

お宮参り

お宮参りの歴史

古来より、赤子の命はとてもはかないものでした。やっと世に出たその命が、 わずか二日三日で果ててしまう事など日常茶飯事のことでした。 人々は何とか赤子が天に召されることがないように、悪霊の目に つかないようにと祈りました。そのために生まれてきたわが子にわざと お古のぼろ着物を着せたりしました。 また自分たちが生んだ子ではない、拾ってきたんだと言い繕うために、 幼名を「お捨て」、「拾い」などのようにしました。 そんな赤子が何とか生を永らえ、人生を自分の力で生きていける気配が見えた時、 赤子は生後はじめて氏神様に御参りして氏子となりまた。男児31日目、女子32日目に 参ることが多いですが、モモカマイリといって100日目に参る地域もあり、場所により違います。 赤子には里から贈られた初着(うぶぎ)(産着)を掛け衣装としてまといました。 男児には熨斗目(のしめ) 女児には柄模様の晴着を着せました。社前に御神酒と赤飯を供え、 赤子をつねって泣かせ、神様の印象に残し、将来の加護を祈りました。 このお宮参りの行事が済んで、氏神様に認めていただいく事により、赤子ははじめて 村の一員となることが出来ました。

お宮参りはどこの神社にお参りするか

本来、お宮参りはその家の氏神様にお参りするものです。その家の新しい家族を自分の家の氏神様に紹介・挨拶することが、お宮参りのそもそもの起源です。

著名神社にお参りすれば、舞台装置は申し分ないでしょう。またギャラリーも多く晴れやかな気分になれるでしょう。しかし本来の趣旨を考えると、やはり家の近くの 神社にお宮参りする方が良いように思われます。 また生後間もない赤ちゃんのためにも、家の近くの神社にお宮参りする方が 何かと良いでしょう。

お宮参りの際に、神社では社務所に申し出て、本殿で神官のお祓いを受け、 祝詞をあげてもらいます。 お祝いに、お祓いした肌着などがいただけると思います。 神社へのお礼は熨斗袋か封筒に入れ、表書きに「御玉串料」と書き添えると良いでしょう。 最近は社務所の受付にお宮参り祈祷料いくらと明示してある所が多いと思います。 なお神社でのお参りは「二拝二柏手一礼」が正式です。二回おじぎをして二回柏手(かしわで) を打ち、そして最後に一回おじぎをします。 お宮参りの時も同様です。

お宮参りの祝い方

お宮参りを済ませた後は、家族で祝いの膳を囲んだりと、各家庭それぞれの方法で祝います。 もっとも赤ちゃんが疲れたりしないように十分注意しましょう。 またお宮参りの日に祝っていただいた親戚や知人に赤飯等を添えて挨拶に出向いたり、 近所の子供たちに仲間入りの意味をかねてお菓子を配ったりする地方もあるようです。

お宮参りの服装はどうするのか 〜両親・祖父母〜

お宮参りの服装で、一概にこれでなければならないという服装はありません。 しかし、お宮参りは子供にとっても、親にとっても一生の思い出に残る大切なメモリアルです。 お宮参りの時も、集合写真も撮られるかとおもいます。やはりお宮参りにはきっちりとしたフォーマルな服装がよろしいでしょう。 又母方、父方の祖父母も一緒にお宮参りされると思いますが、 双方の服装の格を合わせることも大切かと思います。 お宮参りにやり直しはききません。どうぞ悔いのないお参りを!

Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.