乳児 幼児の肝炎ってどんな病気??乳児 幼児の肝炎の原因や症状は??
saicoro Produce by saicoro Site update contents

乳児 幼児の肝炎の原因と症状

乳児 幼児の肝炎とは

大人の場合、B型肝炎に感染しても、ほとんどのケースで急性肝炎の段階で治癒します。キャリアになったり、慢性肝炎に移行することはめったにありません。通常、肝硬変や肝がんに進行する心配はありません。ただ劇症肝炎になることがあるので、注意が必要です。子供、特に乳幼児が肝炎ウイルスに感染すれば、キャリアになることがありますが、衛生環境が整った今日ではこうした水平感染のケースは極めて少数です。乳幼児の肝炎、B型肝炎の感染で最も問題なのは母子感染です。

乳児 幼児肝炎の原因

キャリアになる確率
母親がB型肝炎ウイルスのキャリアだとしても、生まれてくる赤ちゃんの全部がキャリアになるわけではありません。赤ちゃんがキャリアになる確率は母親が持っている肝炎のウイルスの状況によって異なってきます。HBs抗原が陽性であれば、体内にウイルスが存在し、さらにHBe抗原も陽性であれば、ウイルスが活発に活動していることを意味します。こうした状況にある母親からの感染力が強く、生まれてくる赤ちゃんがB型肝炎ウイルスに感染し、80〜90%という高い確率でキャリアになります。HBs抗原は陽性であっても、HBe抗体が陽性であれば、ウイルスの排除が進んでいることを意味します。こうした状況にある時の感染力は弱く、生まれてくる赤ちゃんが肝炎のウイルスに感染して、肝炎キャリアになる確率は低くなります。

乳児 幼児肝炎の検査

乳児 幼児肝炎の母子感染を予防するために、厚生省は1985年から母子感染防止事業を開始し、 1986年出生の新生児から防止処置を実施しています。妊婦のHBs抗原が陽性で、HBe抗原も陽性であれば、生まれてくる赤ちゃんに対して、公費負担で予防接種が実施され、1995年に同事業がさらに見直され、妊婦のHBs抗原が陽性であれば、生まれてくる全ての赤ちゃんがB型肝炎感染防止処置の対象になります。

肝炎の治療

肝炎の治療では安静と食事療法がすべての基本です。吐き気で食事が取れない場合点滴による栄養補給が必要で、軽症の肝炎の場合でも倦怠感がある場合にはできるだけ多くの休みを取るようにします。 肝炎が治癒するまでは他人への感染が起きるので、トイレ後や食前、調理前の手洗い徹底が必要です。東南アジアや中近東諸国へ旅行する場合、ワクチンか、A型肝炎免疫グロブリンの注射を受けて予防します。B型肝炎の場合も安静と栄養管理が大切なのはA型肝炎と同様です。劇症肝炎に移行した場合、働かなくなった肝機能の補助や再生、合併症への対処を行います。慢性化した場合、インターフェロンなどによる治療が行われます。妊婦のB型肝炎ウイルス感染検査の結果が陽性だった場合には、生まれた子供にB型肝炎免疫グロブリンやB型肝炎ワクチンを接種することにより、肝炎キャリアになるのを防止できます。
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.