脳卒中ってどんな病気?脳卒中にならないためにはどうすればいいの?
saicoro Produce by saicoro Site update contents

脳卒中の予防と治療

脳卒中って何?

脳卒中は死因の上位を占め、がんや心臓病と共にいわゆる3大成人病として関心が持たれています。脳卒中は、脳の血管がつまったり、破れたりして起こります。そして、たとえ命をとり留めても、片マヒなどの障害が残って、日常生活に不自由をきたしている人が多く、脳卒中は昔から恐ろしい病気のひとつとされています。

脳卒中の分類

脳卒中は
(1)脳梗塞 
(2)脳出血 
(3)くも膜下出血
(4)一過性脳虚血発作
の4つに分類されます。

(1)脳梗塞
脳の血管が動脈硬化を起こして細くなり、血流が途絶える場合を脳血栓といい、心臓で出来た血液のかたまりが、脳の血管につまる場合を脳塞栓といいます。脳血栓は、主に高齢者に起こり、知覚障害、運動障害、意識障害などが徐々に進行します。脳塞栓は、突然に半身のマヒや言語の障害によって始まることが多いものです。血流が途絶えた部分の脳細胞は死んでしまい、元に戻ることはありませんが、最近では、血栓を溶かす治療などにより、被害を最小限にする方法もあります。
(2)脳出血
脳の血管が、動脈硬化によって脆くなっているときに血圧が高くなると動脈が急に破れて脳の中で出血が起こります。脳出血は多くの場合、突然意識を失って倒れ、深い昏睡に陥り半身マヒを起こします。
(3)くも膜下出血
脳は、脳軟膜、くも膜、脳硬膜という3層の膜に覆われていて、脳頭蓋骨に守られています。くも膜と脳軟膜の間には細い血管が通っていますが、この血管に動脈瘤や動脈硬化があると、血圧が高くなった時に突然破れます。これをくも膜下出血と言います。何の前触れもなく突然激しい頭痛に襲われ、一時的に意識を失ったり、昏睡状態に陥ります。
(4)一過性脳虚血
動脈硬化のために一時的に起こる脳の循環障害で、普通は数分間長くても1時間以内に消えてしまいます。一過性脳虚血は脳卒中の中でも脳血栓のまえぶれといわれ、早期に治療を始めることで、脳血栓の進行をくいとめることが可能な場合もあり、すぐに医師の診療を受けることが大切です。次のような症状は、一過性脳虚血が起きたときによくみられます。 手足の障害: 片側の手足がしびれる、足に力が入らない、箸がうまく使えない、字が書けないなど。 言語障害:口が利けなくなる、舌がもつれるなど。
これらの症状は、いずれも一時的に現れるものですが、治っても安心してはなりません。この他にもバランスがくずれてよろけやすい、忘れっぽいなどの症状が出たらすぐに医師の診察を受けましょう。

脳卒中の症状

脳卒中の症状には、片方の手足が動きにくい、しびれ、脱力感、頭痛、物が二重に見える、視野が狭くなる、呂律が回らない、物が飲み込みにくい、言葉が話せない、又は理解できない、などがあります。 脳卒中の症状がひどい場合は意識が無くなったり、呼吸が止まったりすることもあります。 では、脳卒中発作が起こった場合、どうすればよいのか見ていきましょう。
(1) 楽な姿勢で静かに寝かしましょう。
脳卒中発作を起こした場所から、静かな暖かい場所に移します。頭や全身が水平になるようにして、数人で静かに運びます。衣類やネクタイを緩め、嘔吐してものどがつまらないように顔を横に向ける。
(2) 呼吸を楽にしてあげましょう。
いびきをかいたり嘔吐をする場合、顔を横向きにします。入れ歯は外し、吐いたものは棒などにガーゼやタオルを巻いてかきだしましょう。

脳卒中の予防

脳卒中は動脈硬化が原因となることが多いため、その進行をくい止めることが重要となります。動脈硬化を進行させる因子は日常生活の積み重ねに左右されるものばかりです。つまり脳卒中を含めて動脈硬化の予防は日頃の日常生活管理をすることといえます。
◆規則的な生活をする
◆疲労やストレスを持ち越さない
◆水分を十分にとる
◆熱いお風呂を避ける
◆便秘をしない
◆適度な運動をする
◆食べ過ぎない
◆お酒を飲み過ぎない
◆たばこを吸わない

脳卒中の治療

脳卒中の前触れの発作があった場合は、CTやMRIの検査や、頸動脈の検査をしたり、心臓に血栓がないかどうかなどを調べます。それに脳卒中以外の病気があるかどうかを考え合わせて、治療の方針を決めます。脳ドックで脳卒中がわかった場合もほぼ一緒で、症状が出ていない脳梗塞は「無症候性脳梗塞」といいます。その場合には、禁煙したり、高血圧や高脂血症、糖尿病、心臓病などの、脳卒中を引き起こす原因となる病気の予防や治療が大切です。脳卒中の治療としては、血栓をつくりにくくする薬を使うとか、頸部の動脈に明らかに動脈硬化がある場合には、手術になることもあります。 発作が起きていなくても、手術が必要なことがあり、とくに頸動脈の内腔がとても狭くなっているときは手術を行います。

Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.