脳梗塞(脳血栓、脳塞栓)ってどんな病気?? 脳梗塞(脳血栓、脳塞栓)の予防法は?
saicoro Produce by saicoro Site update contents

脳梗塞(脳血栓、脳塞栓)の症状と予防

脳梗塞(脳血栓、脳塞栓)って何?

脳梗塞とは、血液のかたまりなどが栓子となって、脳の血管に詰まってしまったために、その周囲の脳に酸素や栄養が届かなくなり、脳の組織が働かなくなったり、壊死してしまう状態を脳梗塞といいます。

脳梗塞(脳血栓、脳塞栓)の分類

脳梗塞は大きく脳血栓と脳塞栓に分けることができます。脳血栓は、脳に分布している細い動脈の中で固まった血が、血栓となって血管に詰まってしまうもので、主に高血圧などで、細い血管の動脈硬化が進行して起こるものです。脳塞栓は、脳以外の場所にできた凝血塊や異物が脳の血管に運ばれて栓子となって、動脈を塞いでしまうものです。このように栓子には、頭蓋骨内動脈硬化からできるものと、心臓病などでできたものとがあるのです。  脳梗塞は、血液の流れが落ち着くと血栓が形成されやすく、血液の流れを止めやすいため夜間に起きやすい傾向があります。また、脳梗塞の主な症状は、からだの片側に麻痺やしびれ(半身不随)の症状が現れたり、手足の感覚が鈍る、ものがつかめなくなる、言葉がしゃべれなくなるなど意識障害が起きることもあります。脳血栓、脳塞栓はいずれも症状は似ていますが、脳血栓では症状が数日かけてゆっくり出てくる傾向がありますが、脳塞栓では突然に強い症状が出て、意識障害が強く現れる傾向にあります。

脳梗塞(脳血栓、脳塞栓)の原因

脳梗塞のおもな原因は、高血圧、動脈硬化、心臓病、糖尿病です。高血圧は、血管に負担がかかり動脈硬化を促進し血管が詰まりやすくなり、脳梗塞を起こしやすい環境がつくられます。また、糖尿病は高血圧や動脈硬化を促進するため注意が必要です。さらに心臓病の人は不整脈などで血栓ができやすく、脳塞栓を起こしやすい状態になります。

脳梗塞(脳血栓、脳塞栓)の予防

◆塩分を控えめにしましょう(1日に10g以内に)  
◆ナトリウムの排泄を促すカリウムを多く含む食品(りんご、枝豆、バナナ、カボチャなど)を積極的に摂りましょう
◆血圧を下げる作用があるといわれるカルシウムを豊富に含む食品(乳製品など)、マグネシウムを豊富に含んだ食品(焼きのり、昆布、ごまなど)を食べましょう
◆動物性脂肪やコレステロールを多く含む食品を控えめにしましょう
◆アジやサバ、イワシなど青背の魚に多く含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)、 DHA(ドコサヘキサエン酸)などの不飽和脂肪酸を積極的に食べましょう
◆適度な運動や日常で積極的にからだを動かしましょう
◆太り過ぎに注意しましょう
◆充分な睡眠と休養でストレスを解消しましょう
◆禁煙にこころがけましょう
◆お酒は飲みすぎないようにしましょう

脳梗塞(脳血栓、脳塞栓)の検査

脳梗塞は早期発見が鍵です。 脳梗塞が疑われる場合、問診で発作の内容や程度を確認し、神経障害の有無を確認します。そして脳梗塞が起きた部位や、脳血栓を確認するために、CT、MRIなどの検査を行います。

Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.