脳溢血とは、脳の中枢神経が障害される脳卒中をきたす病気の一つその予防と対策について
saicoro Produce by saicoro Site update contents

脳溢血 予防と対策

脳溢血ってどんな病気なの?

脳溢血とは、脳の中枢神経が障害される脳卒中をきたす病気の一つであり、血管が閉塞するのがこの脳硬塞であり、血管が破れて脳を破壊するのが脳出血でといいます。
脳いっ血は、頭蓋内で脳の血管が破れ、勢い良く血液が出てくるものです。脳内出血とくも膜下出血に大別出来ます。

脳溢血の症状

脳溢血の症状としては、活動時に突然起きる事が多く、意識障害や手足の麻痺などは急速(大抵数時間以内)に進行します。
ただし、出血の度合いが小さい時には症状は軽く、脳硬塞と間違いやすい。また、しばしば前ぶれとして頭痛を伴います。
通常40歳代以後に、とくに高血圧をもっている人に発症しやすいです
治療は、脳溢血ではまず止血剤で出血を止めることです。

脳溢血はどのような病気

脳の血管(動脈)が動脈硬化(血管壁が固くなったり、厚くなったりして、内腔が狭くなり、血液が流れにくくなった状態)を起こすと、動脈壁は弾力性を失いもろくなり、そのため血管壁は血圧に対する抵抗力がなくなり、小動脈瘤(細い動脈の壁が血圧に耐えきれなくなり、ふくらんだもの)ができます。さらに、血圧が急激に上昇するときに小動脈瘤は破れて、いわゆる脳出血を起こします。このように脳出血は脳動脈硬化の基礎疾患のうえに高血圧が原因で起こるのが普通で、通常、高血圧性脳出血といっています。
出血の部位により被殻出血(外側型脳出血)、視床出血(内側型脳出血)、皮質下出血、脳幹出血(橋出血)、小脳出血および尾状核出血に分けられます。

☆脳溢血 緊急時の応急処置
衣服を緩め、安静に寝かせます。このとき、嘔吐をきたし、吐いた物が気管に入り窒息を起こすこともあるので、顔は横に向けておくようにします。頭部は挙上したり下げたりしないで水平位に保ちます。このような状態にして、医師の診察または救急車の出動を待ちます。

脳溢血・心筋梗塞への対策 血液をサラサラに 

■サラサラ血液に
サラサラリンパ液に、各種対策を心がけて下さい。過激を避けた適度な運動を行いましょう。

■緊急の方、至急の方へ
朝・昼・晩の食事に。「 健康酢 」やヨ−グルト料理をお食べ下さい。
肉などの”油質の摂取”を控えて、野菜るを摂るようにして下さい。

■注意を受けている方へ
医者から、高血圧、不整脈や心筋梗塞や脳梗塞などの注意をされている皆様へは、すぐにお酒や煙草を、控えて下さい。

■朝食について
朝、減塩のみそ汁と、漬け物を摂るようにして下さい。
規則的な朝昼晩3食を時間を掛けて、咀嚼して下さい。

■冬場の注意事項
冬場は防寒をしての散歩で、体を温めるぐらいの運動をして下さい。
汗の出る激しい運動は厳禁です。
*夜の汗の出る激しい運動は、この季節は、しっとり型に変更するのも良いでしょう。

■毎日の生活の中で
夜更かしを避け、毎日簡単な体の先端部位の運動をお奨めします。
手首、手の指、手の甲、手の平、足首、足の指、足の甲、足の裏、などのマサージを行ってください。

Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.