妊娠中毒症って何?
saicoro Produce by saicoro Site update contents

妊娠中毒症って何?

妊娠中毒症って、一体どんな病気なの?

高血圧、尿タンパク、むくみのうちの1つ、もしくは2つ以上の症状が見られ、 それが妊娠前から持っている症状でないものを、以前は妊娠中毒症といいました。 しかし現在では産婦人科学会により名前も妊娠高血圧症候群に改められ、
むくみは項目から外されています。むくみは妊婦さんの約30%に見られすぐ 妊娠中毒症に結びつけるのが間違いだとされたからです。しかし定義から外された ことを危険に思う専門家も多いようです。
症状が出やすいのは妊娠8ヶ月以降の後期で、約1割程度の妊婦さんが発症します。 妊娠中期などに早めに発症した方が悪化する傾向があり重症になると母子共に大変危険な状態になります。 以前は妊娠中毒症は後期に起こるつわりと考えたれていたようです。 しかし最近はつわりとはまったく別物ということがわかりました。

妊娠中毒症の原因

原因については、はっきりとわかっていません。
妊娠にうまく対応できない人がなることが多いと考えられ、
妊娠によって起こる中毒症状と言われています。
妊娠初期の胎盤が作られる時期に、母体が順応できずそれが後期になってから
症状となって現れると考えられています。

妊娠中毒症の症状

むくみ(浮腫)むくみは生理的(一時的)なものと病気が原因なものにわけられます。
妊娠中毒症の場合1晩休んでも、むくみが取れないのが特徴です。
むくみの原因はからだの組織に水分がたまってしまうからです。
妊娠後期には血液循環が増え(水血症)、むくみが起きやすくなります。
朝起きたときにむくみが取れないようなら注意が必要です。
◆高血圧
妊娠中は赤ちゃんに栄養を送っているため血圧が少し高めになります。
妊娠中の高血圧とは最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90mmHg以上のことを
いいます。
◆尿タンパク
尿に健康ならほとんどでないタンパクが現れることを尿タンパクといいます。

妊娠中毒症の治療

◆食餌療法
妊婦さんそれぞれの1日のタンパク質や塩分量、水分摂取などを考え、 カロリー制限をして食事療法をします。1日の消費カロリーが摂取カロリーより 少なくなれば体重は今よりも減少していきます
◆安静
疲労やストレスをためないように、安静にします。重度の場合は入院します。 赤ちゃんの事を無視した生活が惹き起こすことがあるので、もう1度生活を見直すことが大切です。
◆薬物療法
高血圧が続く場合は赤ちゃんに影響がでないように降圧薬を使うときがあります。
薬を使うことよりも高血圧が続いている状態がよっぽど危険なのです。
◆妊娠の中止
最も効果があるのは妊娠を終了させることです。妊娠中毒症は妊娠していること自体に原因があり、 重症になると緊急帝王切開で赤ちゃんの成長と関係なく妊娠の中止する場合もあります。

妊娠中毒症の予防

◆休養と睡眠
疲労やストレスをためないようにしっかり休養して睡眠をたくさん取ります。 疲労やストレスの原因が分かる場合は、それを断ち切る工夫を取り入れます。 手先の細かい作業はなるべくやめ、夜はなるべく早く布団に入るようにします。
◆適度な運動
疲労をためない適度な運動は効果があります。軽い散歩や家事など日常生活で 行えるものでも十分です。「疲労はいけない」とばかりに家でごろごろしていると、 なおさら疲れがたまることがあります。
◆精神安定
不安定な精神状態にならないように、リラックスを心がけます。 イライラしやすいことや細かい作業などはこの時期には向いていません。 また日常生活でもリラックスできる読書や音楽、ビデオなどが効果があります。
◆食事療法
BMIを計算して体重管理をしっかりします。

Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.