ネイルケアで重要な爪のお手入れ、指先や手のケアなど、ネイルケアのお役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

ネイルケアのすべて

イメージ

ネイルケアで重要な爪のお手入れ

ネイルケアの重要なポイントは爪を切らないことです。
もちろん伸ばし放題にしておくという意味ではなく、爪切りを使ってはダメということです。
ネイルケアでどれだけ気を使っていても、爪を切る時に爪切りを使っていたのでは、爪にヒビが入ったりすることがあり、せっかくのネイルケアの努力も台無しです。
上手に、キレイにネイルケアをするためには、「エメリーボード」を使いましょう。
エメリーボードというのは、爪の先端を削るためのネイルケアアイテムです。
ドラッグストアやコスメショップに行くと売っていますし、お値段も1本100円くらいなのですぐに手に入ります。
エメリーボードがあると、今よりも、もっとネイルケアが上手にできるようになります。

ネイルケアと一緒に指先や手のケアも

ネイルケアというと、爪のお手入ればかりを気にする方もいるようですが、爪のまわり、つまり指先や手にも気を使ってあげると、手全体がキレイになるので、ネイルケアの成果がさらにグンと引き立ちます。
ネイルケアの時間には、ぜひ指先や手のケアも一緒にしてあげましょう。
効果的なのはマッサージです。
ハンドケア用のクリームを使ってマッサージしてあげると、手全体の血行がよくなり、代謝がアップします。
すると爪にも栄養が行き渡って丈夫になるので、ネイルケアにも有効なのです。
指や手と一緒に、爪の根元の部分もマッサージすると、滑らかになってネイルケアもしやすくなります。
夜のおやすみ前の5分程度で済むことですので、ぜひ試してみて下さい。

ネイルケアのお役立ちアイテム

ネイルケアを上手に、効率よくするためには、さまざまなネイルケアのお役立ちアイテムを揃えておくことをオススメします。
きちんとしたキレイなネイルケアをするためには、専用のネイルケアアイテムが必須です。
甘皮のお手入れをするには、キューティクルリムーバーを使いましょう。
甘皮が上手に取れるように、柔らかくしてくれるアイテムです。
ネイルケアは、爪をキレイにするだけでなく、丈夫にすることも重要です。
キューティクルオイルを使ってネイルのマッサージをすると、強くキレイな爪になります。
これらのネイルケアアイテムは、一度に揃えると結構な出費になるので、少しずつ手に入れると良いでしょう。

ネイルケアが必要なのは手だけじゃありません

ネイルケアというと、手の爪のお手入ればかりに気を取られている方は少なくないのではないでしょうか。爪があるのは、手だけではありません。
足も一緒にしっかりとネイルケアしてあげましょう。
足のネイルケアなんて、サンダルを履く夏だけでいいんじゃない?という方も多いと思いますが、足を出さない季節でも、きちんとネイルケアすることで、夏に一層キレイな爪にすることができるのです。
足の爪は、指の大きさに合わせ、大きすぎず、小さすぎず、適切な大きさに切るのが、形の良い爪を保つ秘訣です。
靴の中で足が窮屈な思いをする状態を長く続けていると、爪や指の形が変わってしまったりすることがあります。
そうなると自分だけでは元に戻すのが難しいので、ネイルサロンなどのネイルケアを専門にしているところで一度ケアしてもらうと良いでしょう。

ネイルケア上手はネイル上手

ネイルケアが上手な人は、ネイルも上手に使いこなしていることが多いような気がしませんか?キレイにネイルケアしている人は、ネイルのデザインもセンスがいいですよね。
キレイにネイルを塗るのもネイルケアのうちですが、爪をキレイに保つためには、ネイルの落し方の方がネイルケアの知識としては、より重要といえます。
コットンでネイルを落す時、リムーバーをふくませてすぐにこすっていてはキレイに落すことはできません。コットンにリムーバーを充分にふくませたら爪に巻き、ネイルが浮いてくるまでしばらく待ちましょう。
それでも爪の隅の方はネイルが残ってうまく取れないことがあります。
そんな時には、コットンの代わりに綿棒を使うとキレイに取ることができます。
ネイルケアの基本は、爪をキレイにすることよりも、爪の健康を守ることです。
ネイルを落したら、キューティクルオイルで栄養を補い、新しくネイルを塗るのはしばらく爪を休ませた後にしましょう。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.