「上場投資信託(ETF)のかしこい選択で資産を安心運用しよう!」お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

「上場投資信託(ETF)のかしこい選択で資産を安心運用しよう!」

イメージ

上場投資信託(ETF)とは?

上場投資信託(ETF)は上場投資信託の一種であり、証券取引所に上場されているため株式と同じように購入できる特長があります。
上場投資信託(ETF)は日経平均株価、東証株価指数(TOPIX)に連動し運用されます。少しむずかしいようですが上場投資信託(ETF)を理解するためには一つずつ根気よく理解しましょう。
上場投資信託(ETF)は投資信託の一種なので、上場投資信託(ETF)の他にもいくつかの種類のものがありますが、まずは上場投資信託(ETF)を理解していきましょう。

上場投資信託(ETF)のメリット

上場投資信託(ETF)のメリットをご説明します。
まずあげられるのが、上場投資信託(ETF)の数万円から投資できる手軽さです。
更に魅力的なのは売買に必要な手数料や保有している間に差引かれる信託報酬が割安であり上場投資信託(ETF)の大きな特長となっています。上場投資信託(ETF)は投資信託ではありますが、株式と同じような指値ができる点も大きな特長でしょう。
上場投資信託(ETF)にはさまざまな特長がありますが、大まかに分ければこの3つがメリットです。

上場投資信託(ETF)のデメリット

上場投資信託(ETF)にもデメリットは存在します。上場投資信託(ETF)は一度の取引ごとに売買手数料がかかりますので、短期間の内に売買取引を行うと、その都度、手数料がかかってしまいます。
さらに上場投資信託(ETF)は小口購入が可能であった投資信託に比べて購入単価が高くなっていますので、上場投資信託(ETF)は毎月少しずつ買い足していく投資家には向かないといえます。
上場投資信託(ETF)のデメリットも、あわせ良く理解して運用していきましょう。

上場投資信託(ETF)のリスク

上場投資信託(ETF)はデメリットの項でもご紹介した通り、一般の投資信託とは違いがあります。
そのため上場投資信託(ETF)の性質を良く理解しないと、大きなリスクを背負うことにもなりかねません。
上場投資信託(ETF)は普通の投資信託とは違うことを心得て、上場投資信託(ETF)に投資するのであればよく熟考した上で決断しましょう。
上場投資信託(ETF)のデメリット、メリット、仕組み、これら全てを理解できてはじめて、上場投資信託(ETF)の運用にあたってのリスクを最小限に減らすことができます。

上場投資信託(ETF)の基礎がためをしっかりとしよう

上場投資信託(ETF)については、書籍やインターネット上などにさまざまな情報があります。
特にインターネットに関しては無料で上場投資信託(ETF)ついて知識が得られるサイトも多く重宝します。しかし、上場投資信託(ETF)の信用できない情報もごくたまにあることは事実ですので、やはり最初は書籍などから確実な上場投資信託(ETF)の情報を仕入れましょう。
上場投資信託(ETF)が、本当に今のあなたに向いている投資方法なのかをよく調べて、しっかりと基礎固めをすることが重要です。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.