水いぼ(イボ)をうつされた?! 子供や大人の水いぼ(イボ)の症状や治療方法
saicoro Produce by saicoro Site update contents

水いぼ(イボ) 〜症状と治療〜

水いぼ(水イボ)って一体何?

水いぼって一体何?感染症それとも皮膚病?水いぼに悩んでいる方もいらっしゃる方もいると思います。
そもそも、この水いぼというのは、一体どんなものなのでしょうか?水いぼの正式名称は、 【伝染性軟屬腫(でんせんせいなんぞくしゅ)】と言って、良性のウイルス感染症の一種です。 この病気は、主に子供がよく感染してしまうものです。 特に幼児ごろから小学生くらいまでは、まだ免疫力が弱いために、いぼが沢山できてしまうのです。

 

水いぼ(水イボ)の症状

いぼの症状ですが、数ミリの大きさから、大きいものになると真ん中がへこんでいるいぼ状のものまで、さまざまです。
色は肌色から少し赤みがかっており、中には白いどろどろしたものが入っています。
この白いものがウイルスで感染のもとですから、十分に気をつけて下さい。
この水いぼは、子供にできやすいものですが、大人でも免疫力が低下すると感染します。大人の水いぼの症状は子供の 水いぼと同じです。発生する場所は、胸やお腹、わきの下などなど、こすれる部位が多いようです。

水いぼの原因を知る。感染経路はどこから?(屋外編)

夏の終わりごろが、一番水いぼの発生しやすい時期だと言われています。
その理由は、子供達が、プールに入ることによって、水いぼの子供と肌が直接触れ合ったり、温水プールの環境が 高温で多湿なため、ウイルスがすごしやすい環境であったり、
消毒液である塩素が強いので、肌の抵抗力がなくなり、 ウイルス感染の可能性が高くなるからです。
アトピー・湿疹・あせもにご注意!  この水いぼというものは、主に傷口から体内に入り、感染することが多いものです。 そのために、アトピーの症状が出ていたり、湿疹・あせもが出ていると、 そこから水いぼのウイルスが入り込んでしまう恐れがあるのです。

水いぼの原因を知る。感染経路はどこから?(屋内編)

水いぼは感染症の一種ですから、タオル等からでも簡単に感染してしまう可能性があります。 これらに関しては、家の中でも、子供同士が同じタオルを
お風呂上がりにバスタオルを共有している、なんてことありませんか?このタオルの共有も、 水いぼの感染を促してしまう結果となってしまうのです。 まずは子供達のタオルを別々にすることから始めましょう。
さらに、夏以外の季節には感染しなくなるというものではありません。 それは、夏は素肌で触れ合う機会が多いために、水いぼは「シーズン病」のような印象がもたれがちですが、実はそうではありません。 実際には冬でもタオルの共有やアトピーの人が水いぼになったりと、 多くの感染例も出ていますので、逐一チェックをしましょう。

水いぼの治療法には、どんな方法がありますか?

水いぼの治療法としては、まず自然治癒があげられます。 6ヶ月くらいで自然治癒することが多いのですが、中には1年〜2年続く例もあります。
外観上、気にならなければ治療する必要はないとも言われていますが、早く治したい場合には、 水いぼ治療専門のピンセットで取る方法や水いぼを凍結させて除去する方法、 また針等で水いぼのしんを取り除く方法などがあります。
水いぼ治療専門のピンセットで取り除く際にはある程度の痛みを伴いますが、 痕を残さずにすむので、お勧めの治療方法ではないかと考えられます。
近年、この「水いぼピンセット」とキットで紹介されているのが麻酔薬のパッチです。 いぼの表面に貼ると30分から1時間ほどで麻酔がかかり、感覚がなくなる ものですので、専門家に相談しながら、うまく利用されるとよいでしょう。

Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.