スキンケア乳液 美白健康美人は基礎化粧品の使い方の名人。お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

スキンケア乳液

−美白健康美人は基礎化粧品の使い方の名人−

イメージ

乳液でスキンケア

皆さんはスキンケアに乳液を使いますか?化粧水や美容液は使うけど、乳液は使わない、と言う方は意外に多いようです。しかし、乳液はスキンケアに欠かせないアイテムなのですよ。乳液は、特に乾燥が気になる季節には重要なスキンケアアイテムです。せっかく化粧水で水分を補給したお肌も、乳液を使わないのでは効果半減です。乳液はお肌の潤いを閉じ込めて、潤いを長く持続させてくれます。乳液はスキンケアにとって大事なアイテムなのです。

乳液の役割

では、乳液の役割についてご説明します。皆さんは化粧水を使いますよね。化粧水を使わない方は少ないのではないでしょうか。化粧水はお肌に水分を与え、お肌を引き締めてくれる役割があります。そして、そのお肌にフタをして、化粧水の潤いを逃がさないようにするのが乳液の役割なのです。つまり、乳液はお肌の水分が蒸発しないように、油分を補給して、乳液の膜を張った状態にします。お肌の再生力は年齢と共にだんだんと弱っていきます。乳液はお肌の再生力を補ってくれる役割があるのです。

乳液と化粧水はセットで

乳液は化粧水の潤いを逃がさないようにしてくれます。なので、乳液と化粧水はセットでお使いいただくのが効果的です。乳液の役割を考えると、化粧水を使わずに乳液だけを使っても効果は薄いのです。逆に、化粧水だけを使って、乳液を使わない場合も効果が薄いです。化粧水でお肌に潤いを持たせて、乳液でカバーする。これがスキンケアには効果的なのです。ただし、お使いの化粧水が乳液の変わりをしてくれる場合もありますので、確認して下さいね。

乳液の使い方

乳液を使うときは、くすみや乾燥が気になるお肌の、かさつきやすい所を中心に化粧水で整えた後、適量の乳液を顔全体になじませます。乳液をつける際は、コットンを使うか、手を使います。コットンで乳液をつける方が清潔ですが、コットンがお肌を傷つけてしまう場合もありますので、敏感肌の方などは気をつけて下さい。手で乳液をつける場合は、しっかり手を洗ったあと、適量の乳液を手のひらに広げて、顔の中心から外側に向けて円を描くように伸ばします。コットンの場合は、伸ばさずにパッティングして下さい。

乳液で美肌を!

乳液もお肌に合わせて選ぶタイプが変わります。さっぱりタイプの乳液は、脂性肌の方に向いています。しっとりタイプの乳液は乾燥肌の方に向いていますね。どんなスキンケア商品も同じですが、自分のお肌に合ったものを選ぶ点は間違えないようにして下さい。
どうでしょうか、乳液の使い方で、スキンケアが大きく変わることがお分かりいただけましたでしょうか。さあ、あなたも乳液を上手に使って、美白美肌健康美人に。 

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.