マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の試験と受験 その資格を得るために!お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の

試験と受験 その資格を得るために!

イメージ

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)をご存知ですか?

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)をご存知ですか?マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)、頭文字のMOSだけ聞くと、ハンバーガー!?と思ってしまうかもしれませんが、違います。マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)はマイクロソフト社のビジネスソフト「オフィス」の修練度を測る、マイクロソフト社認定の世界共通資格なのです。オフィスは、エクセルやワード、パワーポイント、アクセスなどのソフトです。日常でも良く使うソフトですね。マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)は自分のパソコンスキルの証明になります。ここでは、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)についてご案内します。

なぜ、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)が必要なの?

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)は何に必要なのでしょう。マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)は就職や転職にとても有効なのです。
現代社会ではパソコンは必須のアイテムで、パソコンスキルは持っていて当然になっています。しかし、そのスキルを証明するのは難しいですね。「エクセルができます」「ワードが得意です」と言っても良く分かりません。そこで、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)が役に立ちます。マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)認定のスキルを示せば、自分のパソコンスキルを明確にアピールできます。マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)は今の時代を反映した資格なのです。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の試験とは?

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)はオフィスに含まれるソフトの操作能力を認定する資格ですが、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の試験とはどんな試験なのかご案内します。
・ 受験資格…マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)は年齢、国籍を問わず誰でも受験できます。ただし、受験時に小学生以下の方は保護者の同意が必要です。
・ 試験方法…マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)試験会場に用意されたパソコンを使い、申し込みをしたオフィスのアプリケーションソフトの試験を受けます。例えば、「オフィスXP・エクセル・バージョン2002」などを指定して試験を受けるのです。かなり細かく分かれていますので、事前に確認が必要です。
・ 試験内容…与えられた課題を確実に、間違いなく作業ができるかを判定されます。マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)試験では、途中で間違えた操作も記録されますので、結果オーライにはなりません。課題を仕上げる過程も大切なのです。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の試験について

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の試験について、もう少し詳しくご説明します。

・ レベル
…マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の試験には2つのレベルがあります。1つ目が、「スペシャリストレベル」。基本的な機能を効率よく利用して、一般的なビジネス文書やスプレッドシートを作成し、変更、印刷作業を行うものです。2つ目が「エキスパートレベル」。基本機能を熟知した上で、用途や目的に応じて、環境設定・データの有効活用などの高度な機能を駆使した作業を行うものです。

・ 再試験ルール…マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)では、同一科目の2回目の受験は制限がありませんが、3回目以降は、前回の受験日から7日間(168時間)は受験できません。ルール違反にはマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)認定取り消しなど、重大なペナルティがあります。

・ マスター資格…マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)を一定以上の科目で合格すると、マイクロソフトオフィスマスターと呼ばれます。マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)で、同一バージョンの各オフィスソフトの中で、規定の4科目に合格した方に贈られる称号です。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の試験に合格するには

どうでしょうか。マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)についてお分かりいただけましたか?マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)を申し込むには、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)公式Webサイトがありますので、そちらで試験日や試験会場を確認して申し込みましょう。試験は頻繁に行われています。また、受験対策のためにスクールに通うのでしたら、そのスクールからもマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の申し込みが可能かもしれません。もしかすると、そのスクールがマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)試験会場かもしれません。もし、就職や転職、派遣などを考えているのでしたら、ぜひマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の資格取得を考えてみて下さい。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.