マタニティワンピース、マタニティウェアに関する情報!妊娠したけど、妊婦のどんな格好が赤ちゃんにいいの?
saicoro Produce by saicoro Site update contents

マタニティウェア・マタニティワンピース

マタニティワンピースとは?

マタニティワンピースとは、マタニティウェアやマタニティドレスと言われている代表的な妊婦用の衣服のことです。妊娠し、妊婦になると、それ以前のボディラインとは大きく変化します。妊娠するとおなかに胎児を抱えるので、特にウエストラインの大きなマタニティワンピースが必要です。臨月を迎える妊婦のウェストのサイズは、100センチを超えることは珍しくありません。妊婦のもう一つの特徴としては、バストサイズが飛躍的に増します。これは乳児に授乳を行うために乳房が張り出すためです。個人差はありますが、妊娠すると、2カップから3カップは大きくなるが普通です。それ以外の部分に関しては、通常のサイズと変わらないので、マタニティワンピースのように、ボディラインの変化に合わせられた、マタニティウェア・マタニティドレスが求められるのです。

マタニティウェアの購入時期

早期にマタニティウェアを用意しておきたいと考え、3か月以前にマタニティウェアを購入する妊婦もいます。多くの場合、マタニティ下着は4か月くらいから、マタニティボトムは5ヶ月くらいから必要になります。目安として、4か月目までにマタニティショーツ・マタニティブラジャー・妊婦帯・マタニティインナーが必要となり、5か月から8か月頃にナイティ・外出着、8か月から10か月頃に産褥ショーツ・T字帯・母乳パット・産後リフォーム用サポーター、出産から産後2か月頃に産後ウエストニッパー・産後ガードル・授乳兼用ブラジャー・授乳服などが必要となったきます。

個人差もありますが、多くの場合、妊娠して4か月目を過ぎるとおなかが目立つようになり、パンツのジッパーが上がらなくなるなどといった不便が生じるため、マタニティウェアを購入しようと考えはじめる妊婦が多いようです。会社勤めなどを継続している女性の場合は、スーツ系のファッションが早々に着用できなくなるので注意しなければまりません。

マタニティウェア・マタニティワンピースの今

現在のマタニティウエアは一見妊婦に見えないような流行アイテムもうまく取り入れたお洒落なシルエットが多くなっています。一昔前の妊婦服の定番マタニティワンピースもふわふわ感を生かしたかわいいデザインが多く見られます。
ボディーラインがはっきりしていない、花柄のふわふわワンピースなど持っていたら、ボトムだけマタニティのスパッツやレギンスを使えば、マタニティワンピースに変身します。インナーを長袖にしてボレロなど羽織れば春夏だけでなく秋口までマタニティワンピースとして長く着られます。

ボディーラインを締め付けないデザインならばマタニティワンピースとして代用できますね。腹帯を巻く、妊娠5ヶ月あたりから少しづつお腹がふっくらしてきます。ですので、ボトムなどは大きくなってくるお腹に優しくフィットするスパッツやレギンスがオススメです。
妊婦さんが一番悩んでしまうのは、結婚式などのお祝いの席でのマタニティフォーマルウエアではないでしょうか。着る機会が少ないけれども、きちんとしたフォーマルで出席したいものですね。そういう時にはマタニティフォーマルのレンタルをオオススメします。

マタニティウェア・マタニティワンピースの流行

マタニティワンピースは、たとえば小学生が制服を着て自分が小学生であることを周囲にわからせたり、看護婦がナース服を着て病院の中でえらそうに歩き回るのと同じような効果がある様に思え、マタニティワンピースを着るのを億劫に感じている方も多いのではないでしょうか。確かに、マタニティワンピースの威力は近頃減退気味で、妊娠前と変わらない服に身を包み、自分が妊婦であることを隠そうとさえします。こうして現在誰が妊婦であるかを見分けることが難しくなっているのです。 しかし、マタニティワンピースさえ着ていれば、電車で人は席を譲ってくれますし、周囲に守られながら、そして、保温性、安全性に優れたマタニティワンピースに守られながら出産までの時期を楽しむことができます。

何年か前まではマタニティウェアといえば、マタニティ用のジャンパースカートというイメージがありましたが、最近ではマタニティワンピースやマタニティジーンズなどおしゃれなものがたくさんあります。近くの店にあまり品数がなくてもインターネットやマタニティウェアの通信販売などでかわいいマタニティウェアを手にいれることもできます。
 マタニティウェアにも流行はあるのでしょうか。最近の洋服の流行として、Aラインのかたちであったり、ゆったりと着れるものが多いので、マタニティウェアでなくても、普通サイズのLやLLなども妊婦中期に活用できます。
細身の妊婦さんで、普通の服を着てるようで、後ろから見ても全然わからない人もいますよね。今の時代はさもマタニティウェアよりも、普段着かつマタニティ兼用に使用できマタニティワンピースに人気があるのかもしれません。そうすれば期間限定マタニティウェアではなく、長く愛用できる服として、家計的にもお得ですよね。

マタニティウェアにも流行はつきものです。数年前に出産した方から譲ってもらったマタニティウェアと、最近のカタログなどに出ているマタニティウェアとではあきらかにファッション的に違いがあります。チュニックスタイルは、そでの形や色使い、柄など普通の服と変わらずマタニティウェアとして色々楽しめます。
お腹や足を冷やさないというのが妊婦の鉄則であるにもかかわらず、ローライズ風のマタニティジーンズもありますし、リボンつきのハーフパンツなどもとてもかわいいマタニティーウェアです。おばあちゃん世代からすると考えられないかもしれません。

近年、妊娠しても仕事を続ける女性が増えており、家庭の中だけで過ごすのでなく、人前に出る機会も多くなっています。マタニティウェアといえどもデザイン性を求めるのも無理はありません。社会における女性の立場などの変化も、マタニティウェアに影響を及ぼしているのかもしれません。
母親の時代のマタニティウェアは、各家庭での子供の数も多く、子育てのために専業主婦をしているお母さんたちが多かったので、オシャレさよりも、動きやすさや保温力がある機能を重点においたマタニティワンピースを選んでいたのかもしれません。しかし、服の流行にサイクルがあるように、マタニティウェアも何十年もすれば流行りが再びまわってくるのかもしれません。今生まれる赤ちゃんが母親になる頃には、どのようなマタニティウェアが流行しているか楽しみですね。

Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.