リキッドファンデーション −美白健康美人は基礎化粧品の使い方の名人!お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

スキンケア リキッドファンデーション

-美白健康美人は基礎化粧品の使い方の名人! -

イメージ

リキッドファンデーションで美肌

みなさんはどんなファンデーションをお使いでしょうか。ファンデーションには、リキッドファンデーション、パウダーファンデーション、クリームファンデーションなど、数種類があります。その中で、リキッドファンデーションは特に粒子が細かく、ベースが乳液状のファンデーションのことをいいます。リキッドファンデーションは固形ファンデーションに比べて、お肌の表面でなめらかに伸びます。リキッドファンデーションは、お肌になじみやすいファンデーションなのです。ここでは、リキッドファンデーションについて詳しくご案内します。

リキッドファンデーションの特徴

先ほど書いたように、リキッドファンデーションは顔料粒子が細かく、ベース基材が乳液状なので、パウダーファンデーションなどに比べてしっとりとした仕上がりで、お肌の潤いをキープしてくれます。また、リキッドファンデーションは油分の配合が多いので、お肌の表面でなめらかに伸びます。また、リキッドファンデーションは長時間崩れにくく、キープ力があります。それに、リキッドファンデーションには保湿成分や天然オイルを配合したものもあり、リキッドファンデーションは透明感のある自然なお肌に仕上げてくれるのです。

リキッドファンデーションの効果

リキッドファンデーションには、キープ力があると書きました。このキープ力とは、リキッドファンデーションに含まれている顔料の効果なのです。リキッドファンデーションの顔料は、ナノテクノロジーによる微粒子化でとても細かくなっています。そのリキッドファンデーションのとても細かな微粒子が毛穴に入り込み、お肌の表面をなめらかにして、その効果をキープしてくれます。リキッドファンデーションは現代の先端技術により、その効果を発揮するのです。

リキッドファンデーションの使い方

次に、リキッドファンデーションの使い方です。まず容器を軽く振ってから適量を手に取ります。1回の量は直径1cm位です。そして、リキッドファンデーションを人差し指と中指でなじませ、なじませたリキッドファンデーションを顔全体に広げていきます。更に少量を手に取り、額、アゴ、目の周りなどにのせます。もし、シミやソバカスなど気になる部分があれば、もう一度少量のリキッドファンデーションを手に取り、トントンと軽く置くようにつけましょう。最後に、リキッドファンデーションをなじませるように、顔全体を手のひらでおさえます。

リキッドファンデーションでスキンケア

リキッドファンデーションはお肌を滑らかに、きれいに仕上げてくれます。ですので、リキッドファンデーションは特に年齢を重ねて乾燥しがちなお肌の方にはオススメです。ただし、リキッドファンデーションはリキッドタイプなのに顔料が多いので、使う時はメークベースや乳液を使うようにしましょう。また、リキッドファンデーションは顔だけでなく、全身に使えるものもあります。日焼け止めの機能も備えているリキッドファンデーションもありますので、顔の色と合わせて使うこともできますね。
さあ、あなたもリキッドファンデーションで美白美肌美人に。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.