脂肪吸引を受ける前に知っておきたい基礎知識など、脂肪吸引のお役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

脂肪吸引を受ける前に知っておきたい基礎知識

イメージ

脂肪吸引とは

脂肪吸引は、患者がダウンサイズしたい部分の脂肪細胞を吸い出して取り除く美容外科手術です。

脂肪吸引施術で使われる主役の器具がカニューレという細い吸引管です。カニューレはとても細い医療用の管なのですが、皮膚に開けたごく小さい穴(直径数mm)から広い範囲の脂肪を吸引することができます。

人間の脂肪には内臓脂肪や皮下脂肪などがありますが、脂肪吸引で取り除くのは皮下脂肪です。密閉されたカニューレの内部が外部より圧力が低い状態では、自然に吸引する力が生まれます。吸引の仕組みは目的の皮下脂肪を、カニューレに脂肪吸引機などにより陰圧をかけて吸入するというものです。

脂肪吸引はこの仕組みを基本として、「より痛みを軽くする施術」「より脂肪を効率よく吸引する施術」「患者の体調に合う施術」などの方法から、一番適した施術方法を選びます。例えば、「より効率よく吸引する」ためには脂肪を柔らかくしてから吸引する方法があります。また「より痛みを軽くする」ために適切な麻酔法を選択することができます。

脂肪吸引の施術法の種類

ひとくちに脂肪吸引と言ってもその方法には様々な施術法があります。
超音波脂肪吸引法は、カニューレそのものが超音波を発するものを使い、超音波の振動で脂肪細胞を分解・吸引する「体内式」と、鎮痛、出血抑制などの溶液を注入した後、吸引する部分に超音波を照射し、脂肪細胞を柔らかくしてから吸引する「体外式」の2パターンの脂肪吸引法があります。

チューメセント法は、一般的に普及した脂肪吸引法です。この方法は施術の負担を軽くするために効果のある溶液(鎮痛・出血抑制・脂肪を柔らかくするなど)を脂肪吸引前に注入します。チューメセント法が開発されたことにより脂肪吸引の安全性がとても高くなりました。

ハイパーインフレート法は、施術前に注入する溶液が浅層・中間層・深層と、より広い範囲に効果を与える脂肪吸引法で、チューメセント法の技術をさらに進めた方法です。

PAL法は、カニューレの先を振動させる脂肪吸引装置を使うPAL方式とハイパーインフレート法の技術が融合した方法で施術時間が短く、身体への負担も少ない施術法です。

脂肪吸引にはこれ以外にもレーザーで脂肪を柔らかくする方法など、クリニックで採用されている脂肪吸引にはたくさんの種類があります。

脂肪吸引の費用にはいくらぐらいかかるのか?

脂肪吸引は美容外科扱いですので、健康保険は適用されません。ですから施術費用はそれなりに高額になります。
ただ脂肪吸引の施術費用は、美容外科手術のなかにあって、極端に高額なものでもないので、一般の方でも十分手の届く料金だと言えます。
なお、クリニックにはクレジットカードや医療ローンを扱っているクリニックがありますから、脂肪吸引を受ける前の初期カウンセリングで確認しておきましょう。
また脂肪吸引の施術料に血液検査やアフターケアの費用が含まれている場合と別途料金となっている場合がありますので、発生する費用があるのならば先に見積もってもらうことが大切です。

脂肪吸引の目安料金をあげてみますと、目安としてはお腹で30万円から100万円、太ももが30万円から70万円、顎や頬といった顔の脂肪吸引では30万円前後といったところでしょう。
想像とあまりにもかけ離れている金額なら諦めるしかありませんが、「高いブランドのバッグと変わらない金額で、理想のシェイプアップが出来るのなら」と思えるのであれば検討してみて下さい。

脂肪吸引の術後のケア

脂肪吸引は施術内容によっては一泊の入院が必要になる場合もあります。術後のダウンタイムもありますから、脂肪吸引では特に術後のケアが重要になります。
具体的な術後の生活に関しては、施術の内容、部位や症状によって変わってきます。信頼できる医師の指示を必ず守るようにしてください。

脂肪吸引が終わって、仕事ができるのはいつからか、シャワーを浴びてよくなるのはいつからか、運動ができ始めるのはいつからか、などはきちんと医師から指示があります。それに従っていただければ心配はありません。
脂肪吸引施術後、麻酔が切れてくると痛みが出るようになります。

痛みの程度は吸引した範囲の広さに比例することが多く、痛みが強い場合は鎮痛剤を使用します。
また脂肪吸引後は2〜3週間の内出血が見られますので、術後1週間ほどはガードルなどで固定して圧迫します。いずれにしても脂肪吸引施術の効果が現れ落ち着くまでに多少の期間は必要です。あせったり、自己流の解釈をしたりといったことは禁物です。
また脂肪吸引後、アフターケアとしてマッサージなどが必要な場合もありますので、こうしたアフターケアの費用についても考えておきましょう。

脂肪吸引のクリニック選びの注意点

脂肪吸引といった美容外科手術もその他の医療施術と同様に、クリニックの選択はとても重要です。
脂肪吸引の問い合わせに多くの美容整形外科では、オンラインフォームやフリーダイヤルを用意していますから、無料のカウンセリングを受けて脂肪吸引を任せられるクリニックなのかどうかを自分の目で見極めましょう。

チェックポイントはやはり、施術実績がまず挙げられるでしょう。その中でも脂肪吸引についての施術実績についてはどうかという視点を持って確認しましょう。
またクリニックの初期対応やクリニックの中が清潔で整理されているかどうかも、結構重要な判断材料です。
また施術する担当医がカウンセリングも行っているクリニックのほうが安心できます。
初期カウンセリングを受けただけで、脂肪吸引をすすめてくるクリニックにも要注意です。ご自身が納得できるまで脂肪吸引は受けてはいけませんし、きちんとした医師なら患者の納得が得られていない段階では無理に脂肪吸引はすすめてきません。

この辺も判断の分かれ目です。
脂肪吸引術の料金も安いに越したことはありませんが、その前に脂肪吸引の確かな実績と医療設備が整っていることのほうがよほど重要です。
その上で適正な料金であり、支払い方法や明細を明確に示してくれるクリニックを選ぶようにして下さい。

Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.